米山 奈奈子 (ヨネヤマ ナナコ)

YONEYAMA Nanako

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究分野・キーワード

精神保健看護学、法看護学、地域精神保健、被害者支援看護、アディクション

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1983年03月

    千葉大学   看護学部   看護学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2013年03月

    東京医科歯科大学  保健衛生学研究科  看護学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    東洋大学  社会学研究科  福祉社会システム専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東洋大学 -  修士(社会学)

  • 千葉大学 -  学士(看護学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   教授  

  • 2009年10月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年09月

    秋田大学   医学部   保健学科   准教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

      東海大学   健康科学部看護学科   講師

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

      東海大学   健康科学部看護学科   助手

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

      東京都中野区役所   中野保健所   職員(医療系)

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

      東京都中野区役所   中野北保健所鷺宮保健相談所   職員(医療系)

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

      東京都中野区役所   中野北保健所   職員(医療系)

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2021年02月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    アルコール健康障害対策関係者会議(第3期)

  • 2020年05月
    -
    2021年03月
     

    日本国

     

    秋田県ギャンブル等依存症対策推進計画策定委員会

  • 2020年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本助産学会

  • 2019年11月
    -
    2021年03月
     

    日本国

     

    秋田県アルコール健康障害対策推進委員会

  • 2019年09月
    -
    2020年03月
     

    日本国

     

    秋田県配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する第5期基本計画策定委員会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 看護師

  • 精神衛生相談員(東京都)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 自治体職員のメンタルヘルスと職場のソーシャル・キャピタルとの関連(会議録)

    高橋ひとみ,米山奈奈子,佐々木久長

    秋田県公衆衛生学雑誌   15 ( 1 ) 41 - 41   2019年05月

    国内共著

  • 看護師の患者対応場面における怒り表出・抑制の実態と関連要因

    畠山朋子,佐々木久長,米山奈奈子

    日本看護研究学会雑誌 ( 一般社団法人 日本看護研究学会 )  39 ( 3 ) 124 - 124   2016年07月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • 看護師の患者対応場面での怒り発生とその後の行動

    畠山朋子,佐々木久長,米山奈奈子

    秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要   24 ( 1 ) 41 - 51   2016年03月  [査読有り]

    ISSN:1884-0167

    国内共著

    看護師は職務の中で自身の感情を管理する感情労働を行っている. 本研究は患者対応場面で怒りを感じた看護師の割合と怒りを感じた場面, 患者に対する行動, 感じた怒りを抑制した看護師の割合とその理由を明らかにし, 年代別の特徴を分析した. 全国の400床以上の多診療科を有する47施設2200名の看護師を対象に, 自記式の質問紙調査を行い, 1152人(回収率52.0%) から回答を得た(女性94.3%, 30・40歳代61.6%). 65.7%の看護師が, 最近一ヶ月の看護業務で怒りを感じていた. 怒りを感じた場面で多かったのは「同じ患者からの頻回なナースコール(40.3%)」であった. 患者に対する行動では, 「いつもと変わらない態度で接した(69.7%)」が多かった. 怒りを抑制した看護師は79.1%で, その理由は「怒ると患者との関係が悪化するから(71.3%)」であった. 対処行動では「同僚に話を聞いてもらった(74.1%)」が多かった. 年代別の分析では50歳代が怒りを感じた割合が低かった. 勤務部署では内科病棟と精神科病棟で怒りを感じた割合が高かった. 怒りの抑制と年代・勤務部署の間には有意な関係はなかった. 看護師の約7割が怒りを感じその中の約8割が抑制していたことは, 看護が感情労働であることを裏付けたと考える.

  • 看護師の患者対応場面における「怒り感情」発生段階の実態と関連要因

    畠山朋子,佐々木久長,米山奈奈子

    日本看護研究学会雑誌 ( 一般社団法人 日本看護研究学会 )  38 ( 3 ) 160 - 160   2015年07月  [査読有り]

    ISSN: 2189-6100

    国内共著

    DOI

  • 地域で生活している精神障害者の居場所感と主観的Quality of Lifeとの関連

    大場禮子、米山奈奈子

    厚生の指標   61 ( 12 ) 20 - 27   2014年10月  [査読有り]

    ISSN:0452-6104

    国内共著

    本研究は,地域で生活している精神障害者の居場所感と主観的QOLの関連を明らかにすることを目的とした。方法 A県内の病院デイケアや作業所などの通所施設31ヶ所の利用者を対象に自記式質問紙調査を実施した。調査内容は対象者の属性,居場所感尺度,主観的QOL(WHO/QOL26),ソーシャルサポート,偏見・差別を感じたこと(認知)の有無とした。重回帰分析を行った結果,QOL26の全体得点および下位尺度別の得点を従属変数としたモデルすべてにおいて,居場所感尺度得点は有意な正の関連を示したことから,ソーシャルサポートの有無や偏見の認知といった変数の影響を除去しても,居場所感が高いほど主観的QOLが高い正の相関関係が明らかとなった。「自分の病気について偏見を感じたことがある」は,QOL26の全体得点および下位尺度別のいずれにおいても有意な負の相関が示されたことから,障害者が偏見や差別を感じることは主観的QOLを低下させる要因である。結論として、精神障害があっても居場所感が高ければ,地域においてQOLが高く,いきいきとした生活を送ることができることが明らかとなった。また,精神障害者の地域生活移行の推進には,地域住民の理解を得るための普及啓発や偏見・差別のない社会・地域づくりが重要である。

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • フォレンジック看護 性暴力被害者支援の基本から実践まで

    加納尚美・李節子・家吉望み (担当: 編者 )

    医歯薬出版株式会社  2016年08月 ISBN: 9784263236789

    看護における性暴力被害者支援について、初めて基本から実践までについて解説した著作である。日本フォレンジック看護学会の主要メンバーが編著者としてまとめた。

  • フォレンジック看護ハンドブック

    柳井圭子監訳、加納尚美、米山奈奈子、恒松佳代子他 (担当: その他 )

    福村出版  2020年09月 ISBN: 9784571500145

    学術書

    ローズ博士が監修した原本の翻訳本である。第10章は単訳で「フォレンジック看護師と自己指向暴力」、第14章は共訳で、「矯正看護」について述べている。日本ではまだ耳慣れない看護領域ではあるが、いずれも看護職に広く理解されることを期待する内容となっている。

  • 新版精神看護学

    遠藤淑美,末安民生,米山奈奈子,他 (担当: 分担執筆 )

    中央法規出版株式会社  2020年07月 ISBN: 9784805881774

    教科書・概説・概論

  • うつ病・双極性障害の看護ケア

    高橋 良斉, 中庭 良枝, 米山 奈奈子, 日本精神科看護協会 (担当: その他 )

    中央法規出版  2017年12月 ISBN: 9784805855409

    CiNii

  • アディクション・パーソナリティ障害の看護ケア

    米山 奈奈子 (担当: その他 )

    中央法規出版株式会社  2017年12月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 川井記念賞

    2015年11月   一般財団法人 厚生労働統計協会   地域で生活している精神障害者の居場所感と主観的Quality of Lifeとの関連

    受賞者:  大場禮子,米山奈奈子

  • Achievement Award

    2000年10月   International Association of Forensic Nurses   日本における司法―健康問題に関連した活動

    受賞者:  Nanako Yoneyama

    日本において、看護職としてはじめてフォレンジック看護を国内に紹介しNPO団体や民間クリニックをベースとして、DV被害や性暴力などの被害者の看護支援に取り組んでいたことに対して表彰を受けた。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 性暴力被害者支援

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  継続中  代表者:  家吉望み

  • SANE-J

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  加納尚美

  • 日本版性暴力被害者支援チーム研修開発と看護師の調整能力促進

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

    北米では、多職種による地域における性暴力被害者支援チームが開発され、性暴力被害の予防教育や、受傷直後から中長期的な被害者支援について、看護が中心になってシステムが開発されている。本研究では、その日本版の開発をめざし、モデル地域をいくつか選定し、研修会を開催し看護職の能力促進を目指している。

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Realize,Recognize and Work Together:Expansion of Forensic Nursing in Japan

    Nanako Yoneyama  [招待有り]

    7th Indo Pacific Academy of Forensic Nursing Science Conference 2021  (Indo,Online)  2021年11月  -  2021年11月    Indo Pacific Academy of Forensic Nursing Science

  • 救命救急における性暴力・DV・虐待対応の重要性と性暴力被害者支援看護師(SANE)の活動

    長江美代子,中永士師明,米山奈奈子,他

    日本救急医学会学術集会  2020年11月  -  2020年11月    日本救急医学会

  • 性暴力への対応力を高める:日本版性暴力対応チーム研修体験のすすめ;性暴力被害の実態と被害の影響1(個人レベル)

    米山奈奈子

    第34回日本助産学会学術集会  (新潟市 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)  2020年03月  -  2020年03月    日本助産学会

  • ネブラスカ大学の国際協力による秋田大学での医療者のための暴力被害者支援プログラム開発の試み 秋田大学における関係機関の協力・連携における課題(実践報告)

    米山奈奈子,加納尚美,長江美代子

    日本フォレンジック看護学会学術大会  2019年08月  -  2019年08月    日本フォレンジック看護学会

  • Accomplishment and Evaluation of SART Training Program

    Naomi Kano,Nanako Yoneyama,Junko Misumi,Others

    ATBH Ⅸ  (ニュージーランド,オークランド,ロザリンドフランクリン大学医療科学部)  2018年09月  -  2018年09月    All Together Better Life

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学看護医療学部   公衆衛生看護管理展開論

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    グループワークを活用したオンデマンド授業方法の開発

    令和2年度e-ラーニング実践報告会で発表を行った。

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中
      看護学専攻実習委員会委員長   (所属学科・課程内委員会)

  • 2016年09月
    -
    継続中
      ハラスメント相談員   (全学委員会)

  • 2016年04月
    -
    継続中
      国際交流センター委員会 委員   (所属学科・課程内委員会)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月
      学生支援企画会議委員   (全学委員会)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月
      学生生活支援部門 部門長   (全学委員会)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年11月
     
     

    日本嗜癖行動学会   第30回日本嗜癖行動学会秋田大会大会長

  • 2015年09月
    -
    継続中

    日本アルコール関連問題学会   理事

  • 2014年03月
    -
    継続中

    日本フォレンジック看護学会   副理事長

  • 2012年09月
    -
    継続中

    日本嗜癖行動学会   理事

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 実態把握難しいギャンブル依存症、県が対策推進計画策定へ

    2021年03月28日

    秋田魁新報

  • ニュースのつぼ 語られにくい性暴力被害

    2020年10月10日

    秋田魁新報

  • 秋田市でセミナー 依存症への理解深める

    2020年09月23日

    秋田魁新報

  • くらし 健康長寿 アルコール依存の懸念

    2020年05月04日

    秋田魁新報

  • 知っておきたいお酒の話(総集編)

    2020年01月26日

    テレビ放送

全件表示 >>