中永 士師明 (ナカエ ハジメ)

NAKAE Hajime

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  救急・集中治療医学講座

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • general surgery

  • orthopaedics

  • 救急医学

  • Critical Care Medicine

  • 救急医学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    奈良県立医科大学   医学部   卒業

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年10月
    -
    2004年06月

    プリンスオブウェールズ病院(Prince of Wales Hospital)   特別研究員

  • 1996年07月
    -
    1997年03月

    セントルイス大学(St. Louis University)   研究助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  医学博士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   地域防災減災総合研究センター   教授  

  • 2015年07月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   救急・集中治療医学講座   教授  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1989年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本救急医学会

  • 1997年10月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本臨床救急医学会

  • 1995年11月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本集中治療医学会

  • 1991年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本外傷学会

  • 1997年10月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本熱傷学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 救急医学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本東洋医学会漢方専門医

  • 日本外傷専門医

  • 日本外科学会認定医

  • 日本整形外科学会専門医

全件表示 >>

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Bound and soluble adhesion molecule and cytokine levels in patients with severe burns

    Endo S, Inada K, Yamada Y

    Burns  26   139 - 144   1999年09月  [査読有り]

    国内共著

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Conventional and Kampo Medicine Treatment for Mild-to-moderate COVID-19: A Multicenter, Retrospective, Observational Study by the Integrative Management in Japan for Epidemic Disease (IMJEDI study-Observation)

    Takayama Shin, Yoshino Tetsuhiro, Koizumi Sayaka, Irie Yasuhito, Suzuki Tomoko, Fujii Susumu, Katori Rie, Kainuma Mosaburo, Kobayashi Seiichi, Nogami Tatsuya, Yokota Kenichi, Yamazaki Mayuko, Minakawa Satoko, Chiba Shigeki, Suda Norio, Nakada Yoshinobu, Ishige Tatsuya, Maehara Hirofumi, Tanaka Yutaka, Nagase Mahiko, Kashio Akihiko, Komatsu Kazuhisa, Nojiri Makoto, Shimooki Osamu, Nakamoto Kayo, Arita Ryutaro, Ono Rie, Saito Natsumi, Kikuchi Akiko, Ohsawa Minoru, Nakae Hajime, Mitsuma Tadamichi, Mimura Masaru, Ishii Tadashi, Nochioka Kotaro, Chiu Shih-Wei, Yamaguchi Takuhiro, Namiki Takao, Hisanaga Akito, Mitani Kazuo, Ito Takashi

    Japanese Journal of Medicine ( 一般社団法人 日本内科学会 )  advpub ( 0 ) 187 - 199   2023年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    <p><b>Objective </b>Patients in whom coronavirus disease 2019 (COVID-19) was suspected or confirmed between January 1, 2020, and October 31, 2021, were enrolled from Japanese hospitals in this multicenter, retrospective, observational study. <b>Methods </b>Data on the treatment administered (including conventional and Kampo medicine) and changes in common cold-like symptoms (such as fever, cough, sputum, dyspnea, fatigue, and diarrhea) were collected from their medical records. The primary outcome was the number of days without a fever (with a body temperature <37 °C). The secondary outcomes were symptomatic relief and the worsening of illness, defined as the presence of a condition requiring oxygen inhalation. The outcomes of patients treated with and without Kampo medicine were compared. <b>Patients </b>We enrolled 962 patients, among whom 528 received conventional and Kampo treatment (Kampo group) and 434 received conventional treatment (non-Kampo group). <b>Results </b>Overall, after adjusting for the staging of COVID-19 and risk factors, there were no significant between-group differences in the symptoms or number of days being afebrile. After performing propensity score matching and restricting the included cases to those with confirmed COVID-19 who did not receive steroid administration and initiated treatment within 4 days from the onset, the risk of illness worsening was significantly lower in the Kampo group than in the non-Kampo group (odds ratio=0.113, 95% confidence interval: 0.014-0.928, p=0.0424). <b>Conclusion </b>Early Kampo treatment may suppress illness worsening risk in COVID-19 cases without steroid use. Further randomized controlled studies are needed to confirm the clinical benefit of Kampo medicine for COVID-19. </p>

    DOI PubMed CiNii Research

  • A case of adverse skin reactions to coronavirus disease 2019 vaccine successfully treated with eppikajutsuto

    Kameyama Koumei, Nakae Hajime, Irie Yasuhito

    Personalized Medicine Universe ( 一般社団法人 国際個別化医療学会 )  11 ( 0 ) 20 - 22   2022年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    <p>Adverse skin reactions to coronavirus disease 2019 (COVID-19) vaccines have been rare. Because eppikajutsuto (EPTJ), which can alleviate inflammatory swelling, has heat<sup>Traditional Medicine module 1 (TM1)</sup>-clearing and fluid<sup>TM1</sup>-regulating potentials, we used it in a case of adverse skin reactions to COVID-19 vaccine. A 35-year-old woman received the second COVID-19 vaccine and presented with hacking, headache, and red glow on the face soon after receiving the vaccine. Symptoms such as flushing and wheal on the upper body improved after treatment with EPTJ. EPTJ can be used to alleviate the symptoms of adverse skin reactions to COVID-19 vaccines.</p>

    DOI CiNii Research

  • Application of Traditional Japanese Drug Jidabokuippo in a Modern Society

    Nakae H.

    Frontiers in Pharmacology ( Frontiers in Pharmacology )  13   2022年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Baclofen Withdrawal With Reversible Posterior Leukoencephalopathy Syndrome: Bacterial Meningitis Mimicker

    Satoh K.

    Journal of Emergency Medicine ( Journal of Emergency Medicine )  62 ( 5 ) e98 - e100   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Blood purification therapy for severe sepsis: a multicenter, observational cohort study in northern Japan

    Satoh K.

    Renal Replacement Therapy ( Renal Replacement Therapy )  7 ( 1 )   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆総説・解説【 表示 / 非表示

  • Editorial: Potentials of Kampo Medicine in Modern Society

    Nakae H.

    Frontiers in Nutrition ( Frontiers in Nutrition )  9   2022年06月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • ◆⼤学,研究機関紀要【 表示 / 非表示

  • Effectiveness of triple lumen catheter in blood purification

    Nakae H

    Akita Medical Journal   50 ( 3 ) 40547   2000年01月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   国内共著

  • Chemical mediators of burns.

    Nakae H

    Akita J Med   24 ( 40606 ) 163 - 179   1997年01月  [査読有り]

    研究論文(大学,研究機関紀要)   国内共著

  • ◆その他【 表示 / 非表示

  • 大学病院災害対策訓練における学生の自律的なボランティア活動

    谷岡 友則, 奥山 学, 永井 久子, 毛呂 貴宏, 松本 朋大, 中永 士師明

    日本災害医学会雑誌 ( 一般社団法人 日本災害医学会 )  27 ( 2 ) 136 - 141   2022年07月

    <p>医療資源が不足する災害では医療資源をいかに確保し利用するかが課題となる。これまでも各学校や病院の指示の下に学生による災害支援や訓練は行われているが、学生による自律的な活動が可能となれば、学生対応に割かれていた人的資源を支援活動に転換できる。学生による自律的な災害支援が可能か検証するため、大学病院災害訓練において学生ボランティア本部を設置し、学生自らがボランティア活動を指揮、指示する訓練を行った。その結果、訓練では学生ボランティア本部の指示により派遣された学生ボランティアは患者の搬送・誘導、医療資材の運搬、患者家族の院内捜索などを行い、病院臨床実習を行っている医学科学生は、事前の訓練準備がなくても災害訓練においては一定の支援活動ができることがわかった。病院実習中の医療系学生が病院内で自律的にボランティア活動を行うことは、限られた医療の人的資源の有効利用に繋がると思われる。</p>

    DOI CiNii Research

  • 第71回日本東洋医学会学術総会『次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育』:(会期 : 令和3年8月13日 (金) 〜15日 (日), Web視聴は会期前後1週間)

    高山 真, 中永 士師明, 中村 東一郎, 三潴 忠道

    医学教育 ( 日本医学教育学会 )  52 ( 3 ) 289 - 290   2021年

    DOI

  • Plasma adiponectin levels in acute liver failure patients treated with plasma exchange with dialysis

    Nakae H.

    Therapeutic Apheresis and Dialysis ( Therapeutic Apheresis and Dialysis )  26 ( 3 ) 671 - 672   2021年  [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • 全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • フローチャート救急漢方薬 : リアル救急でも使える!

    新見 正則, 中永 士師明 ( 担当: その他 )

    新興医学出版社  2020年 ISBN: 9784880025940

    CiNii

  • 急性期漢方マニュアル

    中永 士師明 ( 担当: その他 )

    源草社  2019年 ISBN: 9784907892210

    CiNii

  • Vascular Access Catheters: Types, Applications, and Potential Complications

    Nakae H ( 担当: 共著 )

    Nova Science Publishers, Inc.  2012年03月

    学術書

  • EBMによる救急・集中治療領域の漢方の使い方

    中永士師明 ( 担当: 単著 )

    ライフ・サイエンス  2011年10月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第35回日本東洋医学会学術賞

    2023年06月17日   日本東洋医学会   日本東洋医学会学術賞

    受賞者:  中永士師明

  • 2018年度日本東洋医学雑誌ベストレビューワー賞

    2020年07月05日   日本東洋医学会   ベストレビューワー

    受賞者:  中永士師明

  • 井上学術奨励賞

    2011年10月01日   日本アフェレシス学会   井上学術奨励賞

    受賞者:  中永士師明

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • PEECコース(自殺未遂)

    提供機関: 秋田県  一般受託研究

    研究期間:

    2023年04月
    -
    継続中

  • 漢方Web eラーニング問題・解答・解説の業務

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間:

    2022年11月
    -
    継続中

  • 持続的血液浄化療法に関する多機関共同の後ろ向き観察研究

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間:

    2022年09月
    -
    2025年08月

  • オノアクト一般使用成績調査

    提供機関:   治験薬試験

    研究期間:

    2021年11月
    -
    2023年11月

  • 受託研究(東北大学)

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間:

    2020年12月
    -
    2024年12月

    漢方研究

全件表示 >>

受託事業受入実績 【 表示 / 非表示

  • メディカルコントロールに関する業務委託(湖東地区)

    提供機関: 湖東地区行政一部事務組合

    契約期間: 2024年04月01日  -  2025年03月31日

  • 病院研修生(秋田南・秋田・土崎・城東消防署)

    契約期間: 2023年12月28日  -  2024年03月31日

  • 病院研修生(城東消防署)

    契約期間: 2022年11月04日  -  2023年03月31日

  • 救急業務に関するメディカルコントロール(秋田市)

    契約期間: 2021年04月01日  -  2023年12月07日

  • 救急業務に関するメディカルコントロール(五城目町)

    契約期間: 2019年04月01日  -  2020年03月31日

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 特定医療法人敬徳会

     2024年03月

  • オルガンメディカル

     2023年12月

  • 日本血液製剤機構

     2023年10月

  • 旭化成ファーマ

     2023年04月

  • 日本血液製剤機構

     2022年11月

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月
     
     

    令和4年度秋田県医師会功労者表彰

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年12月
    -
    継続中

    東洋医学実習

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀指導医賞

    2017年10月   指導医のための教育ワークショップ  

    受賞者: 中永士師明

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2024年06月
    -
    継続中

    令和7年度秋田大学入試試験問題作成員

  • 2023年12月
     
     

    令和6年度秋田大学大学院医学系研究科医学専攻(博士課程)入試試験(2回目)に係る面接員

  • 2023年12月
     
     

    令和6年度秋田大学大学院医学系研究科医科学専攻(修士課程)及び医学専攻(博士課程)入試試験(2回目)に係る試験監督者

  • 2023年11月
    -
    2024年03月

    令和6年度秋田大学入試試験答案採点員等

  • 2023年11月
    -
    2024年03月

    秋田大学入試試験小論文採点等員

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2023年11月
    -
    継続中
      「X線CTシステム一式」仕様策定委員会   (所属学科・課程内委員会)

  • 2023年09月
    -
    2024年03月
      生体情報モニタリングシステム 十式 使用策定委員会   (所属部局内委員会)

  • 2023年08月
    -
    2024年03月
      血行動態モニタ仕様策定委員会   (所属部局内委員会)

  • 2023年05月
    -
    2024年05月
      死亡事故調査委員会委員   (所属部局内委員会)

  • 2023年04月
    -
    継続中
      臓器提供検討WG委員長   (所属部局内委員会)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本集中治療学会

    2023年04月
    -
    2024年03月

    医療事故調査委員会外部委員

  • 日本救急医学会

    2023年01月
    -
    継続中

    臨床研究倫理・審査委員

  • 日本アフェレシス学会

    2020年10月
    -
    継続中

    広報委員

  • 日本集中治療医学会

    2020年03月
    -
    継続中

    評議員

  • 日本東洋医学会

    2019年07月
    -
    継続中

    学術教育委員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 熊の被害を考える

    秋田県獣医師会・秋田県医師会 

    2024年03月
     
     

    衝撃の熊外傷~高度救命救急センターの現状~

  • JTAS2021プロバイダーコース(秋田)

    2024年02月
     
     

  • 第13回秋田PEECコース

    2024年01月
     
     

  • 令和5年度秋田大学地域防災減災減災総合研究センターシンポジウム

    2023年11月
     
     

  • 災害医療

    2023年09月
     
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 日本海中部地震から40年、あの日から。~今、私たちが備えるべき震災~

    2023年05月26日

    ラジオ

  • 患者の自然治癒力にアプローチするための研究

    2023年03月05日

    インターネット

  • 健康なんだかんだ 高度救命救急センター

    2021年12月03日

    テレビ

  • ザ!世界仰天ニュース 危険な食べ物

    2021年11月23日

    テレビ

  • 健康なんだかんだ 不眠症の治療 

    2018年01月18日

    テレビ

全件表示 >>