永澤 博幸 (ナガサワ ヒロユキ)

NAGASAWA Hiroyuki

写真a

所属

附属病院  整形外科 

研究室住所

秋田市本道1-1-1

研究室電話

018-884-6148

研究室FAX

018-836-2617

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 骨軟部腫瘍

  • 骨軟部腫瘍

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    秋田大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    秋田大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    秋田大学   附属病院   整形外科   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    継続中

      秋田大学医学部   School of Medicine   医学部講師

  • 2007年04月
    -
    継続中

      秋田大学医学部附属病院   整形外科   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1994年
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本整形外科学会

  • 2016年
    -
    2021年
     

    日本国

     

    日本リハビリテーション医学会

  • 2000年
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本骨粗鬆症学会

  • 1996年
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本骨代謝学会

  • 1995年
    -
    2021年03月
     

    日本国

     

    日本小児整形外科学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 整形外科学

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 骨軟部腫瘍

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of retinoic acid on murine preosteoblastic MC3T3-E1 cells

    Nagasawa H, Takahashi S, Kobayashi A, Tazawa H, Tashima Y, Sato K

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology  51   311 - 318   1999年03月  [査読有り]

    国内共著

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Development of a New Focal Mouse Model of Bone Metastasis in Renal Cell Carcinoma

    Oya K.

    In vivo (Athens, Greece) ( In vivo (Athens, Greece) )  38 ( 3 ) 1074 - 1078   2024年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Macrophage numbers in the marginal area of sarcomas predict clinical prognosis

    Umakoshi M.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  13 ( 1 ) 1290 - 1290   2023年12月

    研究論文(学術雑誌)  

    Even when treated comprehensively by surgery, chemotherapy, and radiotherapy, soft-tissue sarcoma has an unfavorable outcome. Because soft-tissue sarcoma is rare, it is the subject of fewer clinicopathological studies, which are important for clarifying pathophysiology. Here, we examined tumor-associated macrophages in the intratumoral and marginal areas of sarcomas to increase our knowledge about the pathophysiology. Seventy-five sarcoma specimens (not limited to a single histological type), resected at our institution, were collected, and the number of CD68-, CD163-, and CD204-positive macrophages in the intratumoral and marginal areas was counted. We then performed statistical analysis to examine links between macrophage numbers, clinical factors, and outcomes. A high number of macrophages positive for all markers in both areas was associated with worse disease-free survival (DFS). Next, we divided cases according to the FNCLCC classification (Grade 1 and Grades 2/3). In the Grade 1 group, there was no significant association between macrophage number and DFS. However, in the Grade 2/3 group, high numbers of CD163- and CD204-positive macrophages in the marginal area were associated with poor DFS. By contrast, there was no significant difference between the groups with respect to high or low numbers of CD68-, CD163-, or CD204-positive macrophages in the intratumoral area. Multivariate analysis identified the number of CD163- and CD204-positive macrophages in the marginal area as an independent prognostic factor. Macrophage numbers in the marginal area of soft-tissue sarcoma may better reflect clinical behavior.

    DOI PubMed

  • Effects of Soft Tissue Sarcoma and Doxorubicin on Bone Metabolism in Mice

    Kasama F.

    In vivo (Athens, Greece) ( In vivo (Athens, Greece) )  37 ( 4 ) 1532 - 1539   2023年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Coefficient of variation of T2-weighted MRI may predict the prognosis of malignant peripheral nerve sheath tumor

    Emori M.

    Skeletal Radiology ( Skeletal Radiology )  53 ( 4 ) 657 - 664   2023年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Non-ossifying fibromas and fibrous cortical defects around the knee - an epidemiologic survey in a Japanese pediatric population

    Emori M, Tsuchie H, Teramoto A, Shimizu J, Mizushima E, Murahashi Y, Nagasawa H, Miyakoshi N, Yamashita T

    BMC Musculoskeletal Disorders ( BMC Musculoskeletal Disorders )  23 ( 1 ) 378 - 378   2022年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    BACKGROUND: The aim of the present study was to evaluate the prevalence of non-ossifying fibroma (NOF) and fibrous cortical defect (FCD) in a Japanese pediatric population and the association between the lesion size and pain. METHODS: This retrospective study, conducted across 10 Japanese institutions, included patients aged 5-15 years who had undergone standard antero-posterior and lateral view radiography of the knee. Using these radiographs, we diagnosed the lesion as a NOF or FCD. Patient demographics, including age, sex, the size and location of the NOF, and chief complaint were recorded. The lesion size was determined using radiographs. Student's t-test was used to compare the associations between the lesion size and spontaneous pain. RESULTS: A total of 6222 subjects (3567 boys and 2455 girls) were included in this study. The number of NOF and FCD cases was 143 and 437, respectively, and the prevalence of NOF and FCD was 2.3% and 7.0%, respectively. The average size of NOF and FCD was 22.1 mm (range: 4-102 mm) and 13.2 mm (range: 5-21 mm), respectively. Three patients (2.1%) had pathological fractures due to NOF. Of the 140 NOFs and 437 FCDs, we obtained complaints from the medical records of 126 and 393 patients, respectively. The number of patients with spontaneous pain or other problems with NOF was 68 (54%) and 58 (46%), respectively, that of patients with FCD was 195 (50%) and 198 (50%) patients, respectively. The lesion size was not associated with spontaneous pain in either lesion (p = 0.67 and p = 0.27, respectively). CONCLUSION: The prevalence of NOF and FCD around the knee was lower than that reported in previous studies. The prevalence of NOF increased and that of FCD decreased with advancing age. In both lesions, the lesion size may not be associated with pain.

    DOI PubMed

  • 全件表示 >>

    ◆総説・解説【 表示 / 非表示

  • 大腿骨近位部骨折例における術前移動能力と骨粗鬆症関連パラメータの関連性

    湯浅 悠介, 宮腰 尚久, 粕川 雄司, 木村 善明, 柏倉 剛, 永澤 博幸, 若林 育子, 野坂 光司, 土江 博幸, 島田 洋一

    整形外科 = Orthopedic surgery ( 南江堂 )  70 ( 1 ) 1 - 3   2019年01月  [査読有り]

    総説・解説(商業誌)   国内共著

  • ◆その他【 表示 / 非表示

  • 腹壁発生のround cell sarcoma with EWSR1-non-ETS fusion(EWSR1-NFATC2 sarcoma)の1例

    土江 博幸, 馬越 通信, 永澤 博幸, 長谷川 匡, 岡田 恭司, 南條 博, 後藤 明輝, 宮腰 尚久

    日本整形外科学会雑誌 ( (公社)日本整形外科学会 )  96 ( 6 ) S1479 - S1479   2022年06月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 脱分化脂肪肉腫における脂肪成分領域割合は予後を予測できる

    清水 淳也, 江森 誠人, 高島 弘幸, 村橋 靖崇, 土江 博幸, 永澤 博幸, 宮腰 尚久, 島田 洋一, 山下 敏彦

    東日本整形災害外科学会雑誌 ( 東日本整形災害外科学会 )  33 ( 3 ) 381 - 381   2021年08月

  • 診断に難渋した大腿部aggressive angiomyxomaの1例

    土江 博幸, 永澤 博幸, 南條 博, 宮腰 尚久, 島田 洋一

    日本整形外科学会雑誌 ( (公社)日本整形外科学会 )  95 ( 6 ) S1378 - S1378   2021年06月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   国内共著

  • 軟部肉腫の局所再発に対するアクリジンオレンジを用いた辺縁切除手術の治療成績

    土江 博幸, 江森 誠人, 永澤 博幸, 宮腰 尚久, 岡田 恭司, 村橋 靖崇, 水島 衣美, 清水 淳也, 山下 敏彦, 島田 洋一

    日本整形外科学会雑誌 ( (公社)日本整形外科学会 )  95 ( 6 ) S1423 - S1423   2021年06月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   国内共著

  • 高齢者骨巨細胞腫の臨床像

    土江 博幸, 江森 誠人, 永澤 博幸, 宮腰 尚久, 村橋 靖崇, 水島 衣美, 清水 淳也, 山下 敏彦, 島田 洋一

    日本整形外科学会雑誌 ( (公社)日本整形外科学会 )  95 ( 6 ) S1343 - S1343   2021年06月  [査読有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   国内共著

  • 全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 転移性骨腫瘍に対するアクリジンオレンジ血管内投与の効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  土江 博幸

  • 転移性骨腫瘍に対するアクリジンオレンジ血管内投与の効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  土江 博幸

  • 転移性骨腫瘍に対するアクリジンオレンジ血管内投与の効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  土江 博幸

  • 転移性骨腫瘍に対するアクリジンオレンジ血管内投与の効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  土江 博幸

  • 転移性骨腫瘍に対するアクリジンオレンジ血管内投与の効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  土江 博幸

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 地方大学における整形外科専門研修に対する取り組み

    永澤 博幸

    第91回日本整形外科学会学術総会  2018年05月  -  2018年05月   

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 悪性骨腫瘍

     秋田大学医学部

  • 末梢神経障害

     秋田大学医学部

  • 良性骨腫瘍

     秋田大学医学部

  • 転移性骨腫瘍の外科的治療

     秋田大学大学院医学系研究科

  • 転移性骨腫瘍・軟部腫瘍

     秋田大学医学部

全件表示 >>