守時 由起 (モリトキ ユウキ)

MORITOKI Yuki

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  総合診療・検査診断学講座

研究分野・キーワード

自己免疫性肝疾患、原発性胆汁性胆管炎、B細胞、シミュレーション医学教育

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1999年03月

    秋田大学   医学部   卒業

  •  
    -
    1992年03月

    神戸大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    東北大学  医学系研究科  博士課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年07月
    -
    2009年03月

    カリフォルニア大学デービス校 リウマチ・アレルギー・臨床免疫科   ポストグラデュエイト研究員、ポストドクトラル研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   総合診療・検査診断学講座   准教授  

  • 2019年07月
    -
    2022年03月

    秋田大学   附属病院   総合臨床教育研修センター   特任准教授  

  • 2014年10月
    -
    2019年06月

    秋田大学   附属病院   総合臨床教育研修センター   特任講師  

  • 2013年04月
    -
    2014年09月

    秋田大学   附属病院   医師総合支援センター   特任講師  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    秋田大学   附属病院   医師キャリア形成支援センター   特任講師  

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    米国医療シミュレーション学会 (Society for Simulation in Healthcare)

  • 2013年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本プライマリ・ケア連合学会

  • 2011年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本医学教育学会

  • 2009年03月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ消化器病学会(AGA: American Gastroenterological Association)

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ免疫学会(AAI: The American Association of Immunologists)

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 米国医療シミュレーション学会認定教育者 (CHSE)

  • 日本内科学会 指導医

  • 日本内科学会 認定内科医

  • 日本プライマリ・ケア連合学会 指導医

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
     
     

    第10回 医師向け人工呼吸管理基礎教育プログラム BASICコース

  • 2019年02月
     
     

    第9回山形AMLS Provider Course

  • 2018年03月
     
     

    Winfocus Course: Winfocus Basic Echocardiography - Basic Level 1 Provider

  • 2017年05月
     
     

    Introductory Clinical and Point-of-Care Ultrasound

  • 2016年06月
     
     

    ポイント救急エコーセミナー

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ナッジを活用した術前・入院時肝炎ウイルス陽性者の非肝臓専門医師からの紹介受診率向上対策の取り組み

    藤岡 ひかり, 菊池 健太郎, 松本 光太郎, 大谷津 翔, 成山 倫之, 幸山 正, 吉田 稔, 守時 由起, 原 眞純

    肝臓 ( 一般社団法人 日本肝臓学会 )  63 ( 5 ) 224 - 231   2022年05月

    ISSN:0451-4203

    DOI CiNii Research

  • Clonal hematopoiesis in adult pure red cell aplasia

    Fujishima N.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  11 ( 1 )   2021年12月

    DOI

  • Eosinophil-mediated inflammation in the absence of eosinophilia

    Miyabe Y.

    Asia Pacific Allergy ( Asia Pacific Allergy )  11   2021年07月

    ISSN:22338276

    DOI

  • The Curcumin Analog GO-Y030 Controls the Generation and Stability of Regulatory T Cells

    MaruYama T.

    Frontiers in Immunology ( Frontiers in Immunology )  12   2021年06月

    DOI

  • How to detect eosinophil ETosis (EETosis) and extracellular traps

    Fukuchi M.

    Allergology International ( Allergology International )  70 ( 1 ) 19 - 29   2021年01月

    ISSN:13238930

    <p>Eosinophils are short-lived and comprise only a small population of circulating leukocytes; however, they play surprisingly multifunctional roles in homeostasis and various diseases including allergy and infection. Recent research has shed light on active cytolytic eosinophil cell death that releases eosinophil extracellular traps (EETs) and total cellular contents, namely eosinophil extracellular trap cell death (EETosis). The pathological contribution of EETosis was made more cogent by recent findings that a classical pathological finding of eosinophilic inflammation, that of Charcot-Leyden crystals, is closely associated with EETosis. Currently no gold standard methods to identify EETosis exist, but "an active eosinophil lysis that releases cell-free granules and net-like chromatin structure" appears to be a common feature of EETosis. In this review, we describe several approaches that visualize EETs/EETosis in clinical samples and <i>in vitro</i> studies using isolated human eosinophils. EETs/EETosis can be observed using simple chemical or fluorescence staining, immunostaining, and electron microscopy, although it is noteworthy that visualization of EETs is greatly changed by sample preparation including the extracellular space of EETotic cells and shear flow. Considering the multiple aspects of biological significance, further study into EETs/EETosis is warranted to give a detailed understanding of the roles played in homeostasis and disease pathogenesis.</p>

    DOI

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • Comparison of CD16-negative selection vs. MACSxpress system for isolation of blood eosinophils

    Fukuchi M.

    Allergology International ( Allergology International )  68 ( 1 ) S11 - S13   2019年09月

    未設定

    DOI

  • 原発性胆汁性肝硬変の免疫病理

    佐々塚涼弥,馬場逸人,菊池健太郎,守時由起,常山幸一

    肝胆膵 ( アークメディア )    2015年11月

    総説・解説(商業誌)   国内共著

  • Pathological features of new animal models for primary biliary cirrhosis

    Tsuneyama K, Moritoki Y, Kikuchi K, Nakanuma Y.

    Int J Hepatol ( Hindawi )    2011年04月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Murine models of autoimmune cholangitis.

    Ueno Y, Ambrosini YM, Moritoki Y, Ridgway WM, Gershwin ME.

    Curr Opin Gastroenterol. ( Wolters Kluwel )    2010年05月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • B cells and autoimmune liver diseases

    Moritoki Y, Lian ZX, Ohsugi Y, Ueno Y, Gershwin ME.

    Autoimmun Rev ( Elsevier )    2006年08月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第20回 山下太郎顕彰育英会 学術研究奨励賞

    2009年06月   財団法人山下太郎顕彰育英会  

    受賞者:  守時由起

  • BioLegend Young Investigator Travel Award

    2008年10月   BioLegend  

    受賞者:  Moritoki, Y.

  • Hepatology Research賞

    2008年06月   日本肝臓学会  

    受賞者:  守時由起

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2020年11月

    FunSim-J Online

    Online 開催されたFundamentals Simulation Instructional Methods Japanese Version (FunSim-J online) のDay 1,2,3において Facilitator を担当

  • 2019年11月
    -
    2019年12月

    iSIM-J Toranomon

    シミュレーションシナリオの作成とシミュレーショントレーニングの実践を体験するコースにてサポートスタッフとして参加。

  • 2019年06月
     
     

    FunSim-J Toranomon

    新虎ノ門病院で開催したFundamentals Simulation Instructional Methods Japanese Version (FunSim-J) のKey Facultyとして3つの講義を担当

  • 2017年05月
     
     

    PASSH 2nd International Simulation Conference, Workshop: Training Step-Up - How to Develop and Improved from Skill Training to Scenario Training Including Clinical Reasoning

    Facilitator in the workshop above
    20170512

  • 2014年12月
     
     

    講演1:医学医療教育研修の変革 ~シミュレーション基盤型教育研修~

    医療人の育成を考える会
    20141219 17:30-19:15
    伊賀市立 上野総合市民病院 西館 大会議室

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    継続中

    日本消化器病学会   日本消化器病学会 東北支部会評議員

  • 2011年02月
    -
    継続中

    日本肝臓学会   東部会評議員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • (出張)救急エコーセミナー (能代厚生医療センター)

    2021年01月
     
     

    救急エコー、RUSHプロトコールの講義、ハンズオントレーニング、シナリオシミュレーショントレーニング。
    20210123

  • (出張)救急エコーセミナー (由利組合総合病院)

    2020年10月
     
     

    救急エコー、RUSHプロトコールの講義、ハンズオントレーニング、シナリオシミュレーショントレーニング。
    20201010

  • (出張)救急エコーセミナー (大曲厚生医療センター)

    2020年07月
     
     

    救急エコー、RUSHプロトコールの講義、ハンズオントレーニング、シナリオシミュレーショントレーニング。
    20200711

  • (出張)救急エコーセミナー (由利組合総合病院)

    2020年01月
     
     

    救急エコー、RUSHプロトコールの講義、ハンズオントレーニング、シナリオシミュレーショントレーニング。
    20200125

  • (出張)救急エコーセミナー (大曲厚生医療センター)

    2019年09月
     
     

    救急エコー、RUSHプロトコールの講義、ハンズオントレーニング、シナリオシミュレーショントレーニング。
    20190309

全件表示 >>