安藤 秀明 (アンドウ ヒデアキ)

ANDOH Hideaki

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究分野・キーワード

緩和,医学教育,消化器外科,鏡視下手術,胆道癌,化学療法,大腸癌

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1962年06月
    -
    1988年03月

    秋田大学   医学部   医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1989年
    -
    1994年03月

    秋田大学  医学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  医学博士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   教授  

  • 2014年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   教授  

  • 2010年08月
    -
    2014年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   臨床教育協力部門   戦略的外科系医師養成プログラム   准教授  

  • 2000年04月
    -
    2003年08月

    秋田大学   医学部   医学科   助手  

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    秋田大学   医学部   医学科   第一外科   職員(医療系)  

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本NP教育大学院協議会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本癌治療学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本がん看護学会

  • 2019年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本NP学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ臨床腫瘍学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医学教育

  • 疼痛学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Heat shock protein 70 in rat liver with necrosis and regeneration induced by thioacetamide

    Hideaki Andoh, Hideaki Itoh, Kenji Koyama, Yasuhiko Sato and Yohtarou Tashima

    Journal of Gastroenterology  29   293 - 298   1994年03月

    国内共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 一地方大学手術室における診療看護師(NP)の現状と課題

    高敷 倫子, 安部 恭子, 安藤 秀明, 新山 幸俊

    日本手術医学会誌   43   156   2022年10月  [査読有り]

    国内共著

  • CLIMB Program Evaluation of Quality of life, the Stress Response, Self Esteem in Children Whose Parent Has Cancer: Pilot Study

    Yuko Akagawa, Hideaki Andoh, Tomoko Ito, Mai Narita, Kaori Osawa4 Sue P. Heiney5, Sachiko Makabe

    Global Journal of Health Science ( Canadian Center of Science and Education )  14 ( 9 ) 15 - 28   2022年08月  [査読有り]

    ISSN:1916-9744

    国際共著

  • A novel system for teaching the in-plane vascular access technique A simulation study

    Kikuchi M.

    Medicine (United States) ( Medicine (United States) )  100 ( 37 )   2021年09月

    ISSN:00257974

    DOI

  • 日本糖尿病療養指導士の認定資格を有する看護師の役割行動の分析

    小林 真央, 利 緑, 安藤 秀明

    日本糖尿病教育・看護学会誌 ( 一般社団法人 日本糖尿病教育・看護学会 )  25 ( 1 ) 93 - 102   2021年06月

    ISSN:1342-8497

    <p>本研究の目的は看護師のCDEJ(Nurses who are Certified Diabetes Educator of Japan:CDEJN)の役割行動を明らかにすることである.CDEJNの役割行動に関連すると考えられる項目についての質問紙調査を協力可能であると返答のあった81施設に在籍する481名のCDEJNに実施し199名から回答を得た(回答率41.4%).回答結果を探索的因子分析で分析し,CDEJNの役割行動として「糖尿病患者への療養指導」,「合併症・合併症予防への療養指導」,「糖尿病療養指導チームでの協働・連携」,「地域の糖尿病活動の支援」,「多職種の糖尿病療養指導の支援」,「糖尿病看護実践の省察」の6つが存在することが明らかになった.因子間相関係数は0.249~0.714,クロンバックのα係数はCDEJNの役割行動全体で0.939,各因子で0.822~0.915だった.CDEJN経験年数,糖尿病療養指導患者数が多く糖尿病療養指導時間が長いほどCDEJNの役割行動の得点が高くなる傾向にあり,CDEJNとしての経験を重ねることでCDEJNとしての役割行動が発揮されていると考えられる.</p>

    DOI CiNii Research

  • Improving person-centered advance care planning conversation with older people: a qualitative study of core components perceived by healthcare professionals

    Muraya Tsukasa, Akagawa Yuko, Andoh Hideaki, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa

    Journal of Rural Medicine ( 一般社団法人 日本農村医学会 )  16 ( 4 ) 222 - 228   2021年

    ISSN:1880-487X

    <p><b>Objective:</b> The non-medical needs of patients, such as values and personal preferences, are likely to be omitted from advance care planning (ACP) discussions because of a lack of readiness and awareness on the part of healthcare professionals. The aim of the present study was to identify core components perceived by multidisciplinary healthcare professionals to improve person-centered ACP conversations with older people.</p><p><b>Methods:</b> The study participants were healthcare professionals (physicians, nurses, and care managers) working in different cities. This qualitative study was performed online using eight individual in-depth interviews and one subsequent focus group composed of eight healthcare professionals. The interviews and focus group discussion were audio-recorded online and transcribed verbatim. The aim of the analysis of the individual in-depth interviews was to summarize the transcribed results, create a conceptual framework for person-centered ACP conversation, and provide meaningful interpretations of the focus group participant discourse. The qualitative data were then analyzed by inductive manual coding using a qualitative content analysis approach.</p><p><b>Results:</b> Five themes capturing the core components for successful person-centered ACP were extracted from the ideas voiced by participants: Placing highest value on patient autonomy and human life; uncovering patient's true feelings and desires; sharing collected information on patients' end-of-life wishes with other team members; relaying patients' wishes to the physician; and handling conflicts among patients, relatives, and healthcare professionals.</p><p><b>Conclusion:</b> The results provide guidelines for the future development of novel, value-based, person-centered ACP practice for multidisciplinary healthcare professionals.</p>

    DOI

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 安全で確実な超音波ガイド下静脈路確保のための自己学習システムの構築

    田中和美, 浅尾高行, 菊地麻美, 徳嶺譲芳, 松島久雄, 安藤秀明, 木澤晃代, 杉木大輔, 小松康宏

    第13回医療の質・安全学会 学術集会  (名古屋)  2018年11月  -  2018年11月    医療の質・安全学会

  • Evaluation of the proficiency in the skill for ultrasound-guided central venous catheterization on the simulation training using Optical Needle Guide.

    Kikuchi M, Asao T, Tokumine J , Matsushima H , Andoh H, Tanaka K

    5th World Congress on Vascular Access   (Copenhagen, Denmark)  2018年10月  -  2018年10月    Vascular Access

  • 日本糖尿病療養指導士の認定資格を有する看護師が考える役割行動の分析

    小林真央,利緑,安藤秀明

    第23回日本糖尿病教育・看護学会学術集会  (茨城)  2018年09月  -  2018年09月    日本糖尿病教育・看護学会

  • 多人数授業におけるアクティブ・ラーニング

    安藤秀明, 伊藤登茂子

    第50回日本医学教育学会大会  (東京)  2018年07月  -  2018年07月    日本医学教育学会

  • 地方都市におけるがんを知って歩む会開催報告.

    安藤秀明, 煙山晶子, 舩水裕子, 今野麻衣子, 清水和美, 石川千夏

    第23回日本緩和医療学会学術大会  (神戸)  2018年06月  -  2018年06月    日本緩和医療学会

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本NP教育大学院協議会   理事