安藤 秀明 (アンドウ ヒデアキ)

ANDOH Hideaki

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究分野・キーワード

緩和,医学教育,消化器外科,鏡視下手術,胆道癌,化学療法,大腸癌

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1962年06月
    -
    1988年03月

    秋田大学   医学部   医学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  医学博士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   教授  

  • 2014年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   教授  

  • 2010年08月
    -
    2014年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   臨床教育協力部門   戦略的外科系医師養成プログラム   准教授  

  • 2000年04月
    -
    2003年08月

    秋田大学   医学部   医学科   助手  

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    秋田大学   医学部   医学科   第一外科   職員(医療系)  

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本癌治療学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本がん看護学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ臨床腫瘍学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本サイコオンコロジー学会

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ消化器内視鏡外科学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医学教育

  • 疼痛学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Heat shock protein 70 in rat liver with necrosis and regeneration induced by thioacetamide

    Hideaki Andoh, Hideaki Itoh, Kenji Koyama, Yasuhiko Sato and Yohtarou Tashima

    Journal of Gastroenterology  29   293 - 298   1994年03月

    国内共著

論文 【 表示 / 非表示

  • Health Promotion Awareness in Barbershops and Salons: An International Cross-Sectional Survey in Japan and Thailand

    Makabe S.

    Journal of Community Health ( Journal of Community Health )  45 ( 4 ) 768 - 774   2020年08月

    ISSN:00945145

    DOI

  • Interprofessional case conferences to bridge perception gaps regarding ethical dilemmas in home-based end-of-life care: a qualitative study

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Muraya Tsukasa, Andoh Hideaki, Aoyama Atsuko

    Journal of Rural Medicine ( 一般社団法人 日本農村医学会 )  15 ( 3 ) 104 - 115   2020年

    ISSN:1880-487X

    <p><b>Objective:</b> The aim of this study was to examine the effectiveness and efficiency of interprofessional case conferences on home-based end-of-life care to bridge perceptions gaps regarding ethical dilemmas among different healthcare professionals and analyze essential issues extracted the interprofessional discussions.</p><p><b>Patients and Methods:</b> The participants could spend only a limited amount of time after their working hours. Therefore, we shortened and simplified each of three case scenarios so that the discussions do not last longer than 90 minutes. For the case conferences, we selected 3 cases, which entailed the following ethical dilemmas pertaining to home-based end-of-life care: refusal of hospital admission, passive euthanasia, and emergency transport. Participant responses were audio-recorded, transcribed, and analyzed using qualitative content analysis and Jonsen's four topics approach.</p><p><b>Results:</b> A total of 136 healthcare professionals (11 physicians, 35 nurses, and 90 care workers) participated in the case conferences. The physicians, nurses, and care workers differed in their perceptions of and attitudes toward each case, but there were no interprofessional conflicts. Despite the short duration of each case conference (90 minutes), the participants were able to discuss a wide range of medical ethical issues that were related to the provision of appropriate home-based end-of-life care to older adults. These issues included discrimination against older adults (ageism), self-determination, an unmet desire for caregiver-patient communication, insufficient end-of-life care skills and education, healthcare costs, and legal issues.</p><p><b>Conclusion:</b> The physicians, nurses, and care workers differed in their perceptions of and attitudes toward each case, but there were no interprofessional conflicts.</p>

    DOI CiNii

  • 秋田県におけるがんになった親をもつ子どもへの支援に対する看護師の現状

    赤川 祐子, 眞壁 幸子, 伊藤 登茂子, 今野 麻衣子, 三浦 京子, 白川 秀子, 安藤 秀明

    Palliative Care Research ( 日本緩和医療学会 )  15 ( 3 ) 221 - 226   2020年

    <p>【目的】がんになった親をもつ子どもへの支援に対する看護師の現状を明らかにする.【方法】平成28年12月~平成29年2月,秋田県内のがん看護に関わる看護師を対象に支援の認識や経験,学習背景等を質問紙調査した.属性は記述統計,支援経験と属性の関連はχ<sup>2</sup>検定,Fisherの正確確率検定等を用い(<i>p</i><0.05),自由記載は類似内容でカテゴリ分類をした.【結果】10施設141名(回収率:43.9%)のうち,支援が必要と思う者は135名(96%),支援経験者は28名(20%)であった.支援内容は[子どもへの直接的支援][親を介した支援][リソースへの連携調整による支援],支援上の困難は「子どもへの介入」が最多で,「子どもと会えない」も挙がった.【結論】子どもへの支援経験者は少数のため,具体的な支援方法を学び,他職種との情報共有をすることで支援の充実を図り,子どもに会えない場合には親を通した支援が必要である.</p>

    DOI CiNii

  • Challenges to Successful Community-based Integrated Approach to Dementia: A Qualitative Study

    Hirakawa Y.

    Journal of Gerontological Social Work ( Journal of Gerontological Social Work )  62 ( 6 ) 613 - 629   2019年08月

    ISSN:01634372

    DOI

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 安全で確実な超音波ガイド下静脈路確保のための自己学習システムの構築

    田中和美, 浅尾高行, 菊地麻美, 徳嶺譲芳, 松島久雄, 安藤秀明, 木澤晃代, 杉木大輔, 小松康宏

    第13回医療の質・安全学会 学術集会  (名古屋)  2018年11月  -  2018年11月    医療の質・安全学会

  • Evaluation of the proficiency in the skill for ultrasound-guided central venous catheterization on the simulation training using Optical Needle Guide.

    Kikuchi M, Asao T, Tokumine J , Matsushima H , Andoh H, Tanaka K

    5th World Congress on Vascular Access   (Copenhagen, Denmark)  2018年10月  -  2018年10月    Vascular Access

  • 日本糖尿病療養指導士の認定資格を有する看護師が考える役割行動の分析

    小林真央,利緑,安藤秀明

    第23回日本糖尿病教育・看護学会学術集会  (茨城)  2018年09月  -  2018年09月    日本糖尿病教育・看護学会

  • 多人数授業におけるアクティブ・ラーニング

    安藤秀明, 伊藤登茂子

    第50回日本医学教育学会大会  (東京)  2018年07月  -  2018年07月    日本医学教育学会

  • 終末期コミュニケーションにおける困難感とそのサポート

    土田美早紀, 安藤秀明

    第23回日本緩和医療学会学術大会  (神戸)  2018年06月  -  2018年06月    日本緩和医療学会

全件表示 >>