安田 大恭 (ヤスダ ダイスケ)

YASUDA Daisuke

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  生体防御学講座

生年

1981年

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • リゾホスファチジン酸

  • 細胞内シグナル伝達

  • 血管新生

  • Gタンパク質共役型受容体

  • 生理活性脂質

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    京都薬科大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    東京大学  医学系研究科  分子細胞生物学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   生体防御学講座   講師  

  • 2010年07月
    -
    2021年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

      秋田大学 大学院医学系研究科   生体防御学講座   講師

  • 2010年07月
    -
    2021年03月

      秋田大学 大学院医学系研究科   生体防御学講座   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本脂質生化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験病理学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 医化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒト先天性乏毛症の病態解明と薬理学的シャペロンによる治療の基盤研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2019年07月
    -
    継続中

    研究態様:個人研究

  • リゾホスファチジン酸による血管新生の分子機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2013年02月
    -
    2019年06月

    研究態様:個人研究

  • GPCRの非典型的 N 型糖鎖修飾機構とその細胞内機能の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2010年01月
    -
    2014年12月

    研究態様:個人研究

  • GPCR 変異体の薬理学的シャペロンによる形質膜発現作用の解明

    基礎科学研究  

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2009年12月

    研究態様:個人研究

  • 天然薬物を素材とした抗 TNF-α 作用成分の探索

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月

    研究態様:個人研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ロイコトリエンB4第二受容体が有するHelix 8構造の 小胞体搬出における重要性についての研究

    Daisuke Yasuda

    23   2010年03月

    単著

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Lysophosphatidic acid-induced YAP/TAZ activation promotes developmental angiogenesis by repressing Notch ligand Dll4

    Daisuke Yasuda, Daiki Kobayashi, Noriyuki Akahoshi, Takayo Ohto-Nakanishi, Kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa, Seiya Mizuno, Satoru Takahashi, and Satoshi Ishii

    J. Clin. Invest.   ( 129 ) 4332 - 4349   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • The Gα12/13-coupled receptor, LPA4 limits proper adipose tissue expansion and remodeling in diet-induced obesity

    Keisuke Yanagida, Hidemitsu Igarashi, Daisuke Yasuda, Daiki Kobayashi, Takayo Ohto-Nakanishi, Noriyuki Akahoshi, Atsushi Sekiba, Tsudoi Toyoda, Tomoko Ishijima, Yuji Nakai, Nobuhiro Shojima, Naoto Kubota, Keiko Abe, Takashi Kadowaki, Satoshi Ishii, and Takao Shimizu

    JCI Insight   ( 3 ) e97293   2018年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • Identification of optineurin as an interleukin-1 receptor-associated kinase 1-binding protein and its role in regulation of MyD88-dependent signaling

    Mitsuyoshi Tanishima, Shigeo Takashima, Arata Honda, Daisuke Yasuda, Takashi Tanikawa, Satoshi Ishii, and Takashi MaruYama

    J. Biol. Chem.   ( 292 ) 17250 - 17257   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • Lysophosphatidic acid receptor 4 activation augments drug delivery in tumors by tightening endothelial cell-cell contact

    Kazuhiro Takara, Daisuke Eino, Koji Ando, Daisuke Yasuda, Hisamichi Naito, Yohei Tsukada, Tomohiro Iba, Taku Wakabayashi, Fumitaka Muramatsu, Hiroyasu Kidoya, Shigetomo Fukuhara, Naoki Mochizuki, Satoshi Ishii, Haruhiko Kishima, and Nobuyuki Takakura

    Cell Rep.   20   2072 - 2086   2017年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • 薬理学的シャペロン―小胞体蓄積GPCR を形質膜へ発現させる特異的リガンド

    安田大恭, 中村元直

    医学のあゆみ   256   385 - 392   2016年01月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • 全件表示 >>

    ◆その他【 表示 / 非表示

  • Lysophosphatidic acid signaling via LPA<inf>6</inf>: A negative modulator of developmental oligodendrocyte maturation

    Spencer S.A.

    Journal of Neurochemistry ( Journal of Neurochemistry )  163 ( 6 ) 478 - 499   2022年12月

    DOI

  • Lysophosphatidic acid-induced YAP/TAZ activation promotes developmental angiogenesis by repressing Notch ligand Dll4

    Yasuda D.

    Journal of Clinical Investigation ( Journal of Clinical Investigation )  129 ( 10 ) 4332 - 4349   2019年10月

    Lysophosphatidic acid (LPA) is a potent lipid mediator with various biological functions mediated through six G protein-coupled receptors (GPCRs), LPA1-6. Previous studies have demonstrated that LPA-Gα12/Gα13 signaling plays an important role in embryonic vascular development. However, the responsible LPA receptors and underlying mechanisms are poorly understood. Here, we show a critical role of LPA4 and LPA6 in developmental angiogenesis. In mice, Lpa4;Lpa6 double knockout (DKO) embryos were lethal due to global vascular deficiencies, and endothelial cell (EC)-specific Lpa4;Lpa6 DKO retinas had impaired sprouting angiogenesis. Mechanistically, LPA activated the transcriptional regulators YAP and TAZ through LPA4/LPA6-mediated Gα12/Gα13-Rho-ROCK signaling in ECs. YAP/TAZ knockdown increased β-catenin- and Notch intracellular domain (NICD)-mediated endothelial expression of the Notch ligand delta-like 4 (DLL4). Fibrin gel sprouting assay revealed that LPA4/LPA6, Gα12/Gα13, or YAP/TAZ knockdown consistently blocked EC sprouting, which was rescued by a Notch inhibitor. Of note, the inhibition of Notch signaling also ameliorated impaired retinal angiogenesis in EC-specific Lpa4;Lpa6 DKO mice. Overall, these results suggest that the Gα12/Gα13-coupled receptors LPA4 and LPA6 synergistically regulate endothelial Dll4 expression through YAP/TAZ activation. This could in part account for the mechanism of YAP/TAZ-mediated developmental angiogenesis. Our findings provide a novel insight into the biology of GPCR-activated YAP/TAZ.

    DOI PubMed

  • Identification of optineurin as an interleukin-1 receptor-associated kinase 1-binding protein and its role in regulation of MyD88-dependent signalling

    Tanishima M.

    Journal of Biological Chemistry ( Journal of Biological Chemistry )  292 ( 42 ) 17250 - 17257   2017年10月

    Upon stimulation of toll-like receptors with various microbial ligands, induction of a variety of inflammatory genes is elicited by activation of a myeloid differentiation primary-response protein 88 (MyD88)-dependent signaling pathway. Interleukin-1 (IL-1) receptor-associated kinase 1 (IRAK1) plays an essential role in this pathway by activating nuclear factor kappa B (NF-kappa B) and mitogen-activated kinases (MAPKs). Here, we identified optineurin (OPTN) as an IRAK1-binding protein by yeast two-hybrid screening using IRAK1 as bait. A C-terminal fragment of OPTN harboring a ubiquitin-binding domain was co-immunoprecipitated with IRAK1. In reporter analyses, overexpression of OPTN inhibited IL-1 beta-, IRAK1-, and LPS-induced NF-kappa B activation. Consistently, OPTN deficiency resulted in increased NF-kappa B activation in response to IL-1 beta/LPS stimulation. To address the mechanisms underlying the inhibitory effect of OPTN on NF-kappa B signaling, we focused on tumor necrosis factor (TNF) receptor-associated factor 6 (TRAF6), which is an adaptor protein of IRAK1 and upon polyubiquitination plays a crucial role during NF-kappa Bactivation. Overexpression of OPTN prevented TRAF6 polyubiquitination. Furthermore, OPTN H486R mutant, which is unable to recruit the deubiquitinase CYLD, failed to inhibit IRAK1-induced NF-kappa Bactivation. These results suggest that the IRAK1-binding protein OPTN negatively regulates IL-1 beta/LPS-induced NF-kappa Bactivation by preventing polyubiquitination of TRAF6.

    DOI

  • Lysophosphatidic Acid Receptor 4 Activation Augments Drug Delivery in Tumors by Tightening Endothelial Cell-Cell Contact

    Takara K.

    Cell Reports ( Cell Reports )  20 ( 9 ) 2072 - 2086   2017年08月

    Vascular normalization in tumors may improve drug delivery and anti-tumor immunity. Angiogenesis inhibitors induce hypoxia, which may facilitate malignant progression; therefore, we investigated other methods to promote vascular maturation. Here, we show that lysophosphatidic acid (LPA) enhances blood flow by promoting fine vascular networks, thereby improving vascular permeability and suppressing tumor growth when combined with anti-cancer drug treatment. Six different G protein-coupled receptors have been identified as LPA receptors (LPA1-6). In studies using mutant mice, we found that LPA4 is involved in vascular network formation. LPA4 activation induces circumferential actin bundling beneath the cell membrane and enhances linear adherens junction formation by VE-cadherin in endothelial cells. Therefore, we conclude that activation of LPA4 is a promising approach for vascular regulation.

    DOI

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第31回山下太郎学術研究奨励賞

    2020年07月   山下太郎顕彰育英会  

    受賞者:  安田大恭

  • 令和2年度 日本生化学会 東北支部 優秀論文賞

    2020年05月   日本生化学会 東北支部  

    受賞者:  安田大恭

  • 令和元年度 秋田医学会学術奨励賞

    2020年02月   秋田大学  

    受賞者:  安田大恭

  • Gタンパク質シグナル・膜輸送複合体若手ワークショップ 優秀発表賞

    2009年01月   特定領域研究「Gタンパク質シグナル・膜輸送複合体 」  

    受賞者:  安田大恭

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生理活性脂質リゾホスファチジン酸によるリンパ管新生の分子機構と病態制御機能

    基盤研究(C)

    研究期間:  2022年04月  -  2025年03月  代表者:  安田 大恭

  • 転写共役因子YAPを介したリゾホスファチジン酸のがん進展制御機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中 

  • 転写共役因子YAPを介したリゾホスファチジン酸のがん進展制御機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  安田 大恭

  • 脂肪細胞でPPARγ活性を制御する生理活性脂質受容体のG12/13依存性シグナル

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  石井 聡, 安田 大恭

  • 血管形成の必須因子であるリゾホスファチジン酸の作用機序

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生理活性脂質リゾホスファチジン酸による血管新生の分子メカニズムの解明

    提供機関:  民間財団等  山下太郎検証育英会 山下太郎学術研究奨励賞

    研究期間: 2020年07月  -  2021年07月 

    資金支給機関区分:民間財団等

  • リンパ管新生を制御するリゾホスファチジン酸の作用機序と病態機能

    提供機関:  民間財団等  武田科学振興財団 医学系研究助成(基礎)

    研究期間: 2020年07月  -  2021年07月 

    資金支給機関区分:民間財団等

  • ヒト乏毛症を引き起こすLPA6変異体の薬理学的シャペロンによる機能回復

    提供機関:  民間財団等  小野医薬研究財団2019年度 研究奨励助成

    研究期間: 2020年03月  -  2021年03月 

    資金支給機関区分:民間財団等

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 生理活性脂質リゾホスファチジン酸が促す血管・リンパ管新生の分子メカニズム

    安田大恭, 佐藤菜, 石井聡  [招待有り]

    第96回 日本生化学会大会  2023年11月  -  2023年11月   

  • 血管・リンパ管新生を制御するリゾリン脂質の分子メカニズム

    安田 大恭, 佐藤 菜, 石井 聡  [招待有り]

    CVMW2022 心血管代謝週間  2022年12月  -  2022年12月   

  • リゾホスファチジン酸によるリンパ管新生の分子機構

    安田 大恭, 佐藤 菜, 石井 聡  [招待有り]

    第95回 日本生化学会  2022年11月  -  2022年11月   

  • 転写共役因子YAP/TAZを介したリゾホスファチジン酸の血管新生制御機構

    安田大恭、小林大礎、吉岡和晃、多久和陽、石井聡

    第92回日本生化学会大会  2019年09月  -  2019年09月   

  • Gα12/13-coupled LPA receptors play an important role in developmental angiogenesis

    Daisuke Yasuda, Daiki Kobayashi, Kazuaki Yoshioka, Yoh Takuwa, Satoshi Ishii

    ICBL 2019 -60th International Conference on the Bioscience of Lipids-  2019年06月  -  2019年06月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    継続中

    2年次 免疫学