久保田 広志 (クボタ ヒロシ)

KUBOTA Hitoshi

写真a

所属

大学院理工学研究科  生命科学専攻  生命科学コース 

ホームページ

http://kubotalabakitauniv.tumblr.com/

研究分野・キーワード

神経変性疾患、タンパク質凝集、分子シャペロン

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    静岡大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    大阪大学  医学研究科  生理系専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1987年03月

    静岡大学  理学研究科  生物学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(医学)

  • 静岡大学 -  理学修士

  • 静岡大学 -  理学士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   生命科学専攻   生命科学コース   教授  

  • 2010年11月
    -
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   生命科学専攻   教授  

  • 2008年04月
    -
    2010年10月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   准教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

      京都大学再生医科学研究所   助教

  • 2000年10月
    -
    2007年03月

      京都大学再生医科学研究所   助手

  • 2000年01月
    -
    2000年10月

      科学技術振興事業団   CREST   研究員

  • 1995年09月
    -
    1999年12月

      HSP研究所   研究員

  • 1992年04月
    -
    1995年08月

      英国ガン研究所   博士研究員

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    臨床ストレス応答学会

  • 2006年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本蛋白質科学会

  • 1998年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本生化学会

  • 1995年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本細胞生物学会

  • 1995年07月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本分子生物学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Nucleotide sequence of mouse Tcp-1a cDNA.

    Kubota, H., Morita, T., Nagata, T., Takemoto, Y., Nozaki, M., Gachelin, G., and Matsushiro, A.

    Gene  105   269 - 273   1992年03月

    国内共著

論文 【 表示 / 非表示

  • Chondroitin sulfate promotes the proliferation of keloid fibroblasts through activation of the integrin and protein kinase B pathways

    Katayama Y.

    International Journal of Molecular Sciences ( International Journal of Molecular Sciences )  21 ( 6 )   2020年03月

    ISSN:16616596

    DOI

  • Chondroitin sulfate promotes the proliferation of keloid fibroblasts through activation of the integrin and protein kinase B pathways.

    Katayama Y, Naitoh M, Kubota H, Yamawaki S, Aya R, Ishiko T, Morimoto N.

    Int. J. Mol. Sci.   21   E1955   2020年03月  [査読有り]

    ISSN:1422-0067

    国内共著

  • Htra1 is specifically up-regulated in active keloid lesions and stimulates keloid development

    Yamawaki S.

    International Journal of Molecular Sciences ( International Journal of Molecular Sciences )  19 ( 5 )   2018年05月

    ISSN:16616596

    DOI

  • HtrA1 is specifically up-regulated in active keloid lesions and stimulates keloid development.

    Yamawaki, S., Naitoh, M., Kubota, H., Aya, R., Katayama, Y., Ishiko, T., Tamura, T., Yoshikawa, K., Enoshiri, T., Ikeda, M., and Suzuki, S.

    Int. J. Mol. Sci.   19   E1275   2018年04月  [査読有り]

    ISSN:1422-0067

    国内共著

  • Physicochemical properties of the mammalian molecular chaperone HSP60.

    Ishida, R., Okamoto, T., Motojima, F., Kubota, H., Takahashi, H., Tanabe, M., Oka, T., Kitamura, A., Kinjo, M., Yoshida, M., Otaka, M., Grave, E., and Itoh, H.

    Int. J. Mol. Sci.   19   E489   2018年02月  [査読有り]

    ISSN:1422-0067

    国内共著

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

    永田和宏他編 (担当: 共著 )

    東京化学同人  2006年12月

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • Analyzing the aggregation of polyglutamine-expansion proteins and its modulation by molecular chaperones.

    Kubota, H., Kitamura, A. and Nagata, K.

    Methods ( Elsevier )  53   267 - 274   2011年03月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

  • Amyloid oligomers: dynamics and toxicity in the cytosol and nucleus.

    Kitamura, A. and Kubota, H.

    FEBS J. ( Wiley-Blackwell )  277   1369 - 1379   2010年03月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

  • Quality control against misfolded proteins in the cytosol: a network for cell survival.

    Kubota, H.

    J. Biochem. ( Oxford University Press )  146   609 - 616   2009年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • Folding Protein Complexes

    特許

    審査請求有無:あり

    特願 PCT/GB1995/000192  特許 6255070

    出願日: 1995年01月31日

    登録日: 2001年07月03日

    Keith Robert Willison, Hiroshi Kubota, Alan Ashworth

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 異常タンパク質の分別輸送を介した細胞内分解機構

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 高度に進化した2種のシャペロニンによる細胞機能制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 凝集性異常タンパク質の脱凝集を介した細胞内分解機構

    特定領域研究

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月 

  • 細胞内におけるシャペロニン機能の動的メカニズム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

  • ポリグルタミン凝集のダイナミクスと分子シャペロンによる凝集阻止

    特定領域研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学高大接続テキスト等(生物)編集員

    2011年02月
    -
    2013年03月

  • 秋田大学技術相談員

    2010年02月
    -
    2013年03月