小代田 宗一 (コヨタ ソウイチ)

KOYOTA Souichi

写真a

所属

バイオサイエンス教育・研究サポートセンター 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 糖鎖生物学

  • 糖鎖生物学

  • 分子生物学

  • 生化学

  • 再生医学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    静岡県立大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

    東京工業大学  生命理工学研究科  バイオサイエンス  博士課程  単位取得満期退学

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    静岡県立大学  薬学研究科  製薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年12月
    -
    継続中

    秋田大学   バイオサイエンス教育・研究センター   准教授  

  • 2009年04月
    -
    2013年11月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   分子機能学・代謝機能学   講師  

  • 2005年06月
    -
    2009年03月

    秋田大学   医学部   医学科   構造機能医学講座 分子機能学・代謝機能学   講師  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本糖質学会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本生化学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本分子生物学会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    糖質フォーラム(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    肝細胞研究会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医化学  / 糖鎖、糖転移酵素、糖鎖生物学

  • ライフサイエンス / 医化学  / 糖鎖、糖転移酵素、糖鎖生物学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Clinical, histopathological, and molecular features of IDH-wildtype indolent diffuse glioma: comparison with typical glioblastoma

    Suzuki H., Ono T., Koyota S., Takahashi M., Sugai T., Nanjo H., Shimizu H.

    Journal of Neuro-Oncology ( Journal of Neuro-Oncology )    2022年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Peritumoral CD16b positive-neutrophil accumulation strongly correlates with regional lymph node metastasis in thoracic esophageal squamous cell cancer

    Fujita H., Motoyama S., An J., Nagakai Y., Yamaguchi T., Koyota S., Sato Y., Wakita A., Imai K., Kuba K., Minamiya Y.

    Surgery (United States) ( Surgery (United States) )    2022年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Clonal hematopoiesis in adult pure red cell aplasia

    Fujishima N, Kohmaru J, Koyota S, Kuba K, Saga T, Omokawa A, Moritoki Y, Ueki S, Ishida F, Nakao S, Matsuda A, Ohta A, Tohyama K, Yamasaki H, Usuki K, Nakashima Y, Sato S, Miyazaki Y, Nannya Y, Ogawa S, Sawada K, Mitani K, Hirokawa M.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  11 ( 1 )   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Eosinophil ETosis–Mediated Release of Galectin-10 in Eosinophilic Granulomatosis With Polyangiitis

    Fukuchi M.

    Arthritis and Rheumatology ( Arthritis and Rheumatology )  73 ( 9 ) 1683 - 1693   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    DOI

  • B38-CAP is a bacteria-derived ACE2-like enzyme that suppresses hypertension and cardiac dysfunction.

    Minato T, Nirasawa S, Sato T, Yamaguchi T, Hoshizaki M, Inagaki T, Nakahara K, Yoshihashi T, Ozawa R, Yokota S, Natsui M, Koyota S, Yoshiya T, Yoshizawa-Kumagaye K, Motoyama S, Gotoh T, Nakaoka Y, Penninger JM, Watanabe H, Imai Y, Takahashi S, Kuba K.

    Nature Communications   11 ( 1 ) 1058   2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆研究会,シンポジウム資料等【 表示 / 非表示

  • Cu合金/ステンレス鋼異材肉盛溶接部の組織形態と抗菌性

    門井 浩太, 宮野 泰征, 川畑 竣大, 小代田 宗一, 井上 裕滋

    溶接学会全国大会講演概要 ( 一般社団法人 溶接学会 )  2022f ( 0 ) 214 - 215   2022年

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   国内共著

    公衆衛生環境の整備を目的とし,抗菌性が期待されるCu合金を活用したSUS鋼への異材肉盛溶接を行い,溶接条件の変化に伴う母材希釈率が組織形態や抗菌性に及ぼす影響を調査した.溶接条件の適正化により,欠陥のない溶接ビードが得られた.Cu合金ワイヤの合金元素は,溶融境界近傍にFeとの混合層を形成する傾向が認められた.また,母材希釈率が最も大きくなった条件においても優れた抗菌性を示すことがわかった.

    DOI CiNii Research

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 後天性赤芽球癆における骨髄性腫瘍関連遺伝子の体細胞変異に関する研究

     幸丸純貴, 小代田宗一, 久場敬二, 藤島直仁, 嵯峨知生, 面川歩, 植木重治, 石田文宏, 中尾眞二, 松田晃, 太田晶子, 通山薫, 鈴木隆二, 三谷絹子, 廣川誠

    第81回日本血液学会学術集会  (東京)  2019年10月  -  2019年10月    日本血液学会