早川 輝 (ハヤカワ アキラ)

HAYAKAWA Akira

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  社会環境医学系  法医科学講座

プロフィール

医師
死体解剖資格
日本法医学会法医認定医
日本法医学会法医研修指導医

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 法医学

  • 法医病理

  • 骨髄悪性疾患

  • 法医学

  • 死後血液生化学検査

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2012年03月

    北海道大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2015年03月

    北海道大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年03月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   社会環境医学系   法医科学講座   教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2024年03月
    -
    継続中

      秋田大学   大学院医学系研究科 法医科学講座   教授

  • 2022年12月
    -
    2024年02月

      群馬大学 大学院医学系研究科   法医学講座   講師

  • 2021年10月
    -
    2022年09月

      カロリンスカ研究所   腫瘍病理講座   博士研究員

  • 2020年04月
    -
    2022年11月

      群馬大学 大学院医学系研究科   法医学講座   研究科講師

  • 2018年04月
    -
    継続中

      東京都監察医務院   非常勤監察医

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 法医学

  • ライフサイエンス / 人体病理学

 

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Augmented reality visualization for postmortem analysis of a traffic accident: clarification of injury mechanism through PMCT-based antemortem posture reconstruction

    Fukuda H.

    Forensic Imaging ( Forensic Imaging )  36   200580 - 200580   2024年03月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Applicability of postmortem CT organ-selective volume rendering in evaluating liver and heart injuries

    Fukuda H.

    Forensic Imaging ( Forensic Imaging )  35   2023年12月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Emergence of an erythroid cell-specific regulatory region in ABO intron 1 attributable to A- or B-antigen expression on erythrocytes in Hominoidea

    Sano R.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  13 ( 1 ) 4947 - 4947   2023年12月

    研究論文(学術雑誌)  

    A- and B-antigens are present on red blood cells (RBCs) as well as other cells and secretions in Hominoidea including humans and apes such as chimpanzees and gibbons, whereas expression of these antigens on RBCs is subtle in monkeys such as Japanese macaques. Previous studies have indicated that H-antigen expression has not completely developed on RBCs in monkeys. Such antigen expression requires the presence of H-antigen and A- or B-transferase expression in cells of erythroid lineage, although whether or not ABO gene regulation is associated with the difference of A- or B-antigen expression between Hominoidea and monkeys has not been examined. Since it has been suggested that ABO expression on human erythrocytes is dependent upon an erythroid cell-specific regulatory region or the + 5.8-kb site in intron 1, we compared the sequences of ABO intron 1 among non-human primates, and demonstrated the presence of sites orthologous to the + 5.8-kb site in chimpanzees and gibbons, and their absence in Japanese macaques. In addition, luciferase assays revealed that the former orthologues enhanced promoter activity, whereas the corresponding site in the latter did not. These results suggested that the A- or B-antigens on RBCs might be ascribed to emergence of the + 5.8-kb site or the corresponding regions in ABO through genetic evolution.

    DOI PubMed

  • Postmortem genetic analysis of 17 sudden cardiac deaths identified nonsense and frameshift variants in two cases of arrhythmogenic cardiomyopathy

    Takahashi Y.

    International Journal of Legal Medicine ( International Journal of Legal Medicine )  137 ( 6 ) 1927 - 1937   2023年11月

    研究論文(学術雑誌)  

    Sudden death, or unexpected natural death of a healthy individual, is a serious problem in all nations. Sudden cardiac death (SCD) mainly due to ischemic heart diseases is the top cause of sudden death. However, there are pathophysiological conditions, referred to as sudden arrhythmic death syndrome, in which no apparent lesion can be identified even after complete conventional or ordinary autopsy. While postmortem genetic analyses have accumulated evidence about underlying genetic abnormality in such cases, the precise relationships between genetic background and the phenotype have been largely elusive. In this study, a retrospective investigation of 17 autopsy cases in which lethal arrhythmia was suspected to be the cause of death was carried out. Genetic analysis focusing on 72 genes reported to be associated with cardiac dysfunctions was performed, in combination with detailed histopathological and postmortem imaging examination, and a family study. As a result, in two cases of suspected arrhythmogenic cardiomyopathy (ACM), we found a nonsense variant in PKP2 and frameshift variant in TRPM4 gene. In contrast, the other 15 cases showed no morphological changes in the heart despite the presence of a frameshift variant and several missense variants, leaving the clinical significance of these variants obscure. The findings of the present study suggest that nonsense and frameshift variants could be involved in the morphological abnormality in cases of SCD due to ACM, while missense variants alone rarely contribute to massive structural changes in the heart.

    DOI PubMed

  • Usefulness of virtual reassembly of the skull and spine in cases of fragmentation due to high-energy trauma: A feasibility study

    Fukuda H.

    Legal Medicine ( Legal Medicine )  64   102281 - 102281   2023年09月

    研究論文(学術雑誌)  

    With the widespread use of postmortem computed tomography (PMCT) beside forensic autopsies for investigation of causes of death, three-dimensional (3D) reconstruction and fusion imaging using PMCT data are now becoming common. In the present study, the applicability of virtual reassembly from PMCT data was investigated in three cases involving fragmentation of the skull or spine due to high-energy trauma, as in such cases it is sometimes difficult to obtain detailed information on fractures using macroscopic observation alone. In the first case, virtual reassembly of the skull provided more information about the fractures than conventional reconstruction with adhesive. In the second case, although the skull was severely fractured and could not be examined macroscopically, virtual reassembly allowed detailed visualization of the fractures. In the last case, virtual reassembly of the spine helped to clarify that the 6th-8th thoracic vertebrae had been run over by a vehicle at the scene. Thus, virtual reassembly was shown to be useful for assessment of injury patterns, and event reconstruction.

    DOI PubMed

  • 全件表示 >>

    ◆その他【 表示 / 非表示

  • サル赤血球上のABO式血液型抗原発現がABO遺伝子第1イントロンの分子進化により規定される ABO式組織型はいつどのように血液型になったか

    福田 治紀, 佐野 利恵, 窪 理英子, 早川 輝, 小湊 慶彦, 大石 高生, 宮部 貴子, 兼子 明久, 高橋 遥一郎, 矢澤 伸

    DNA多型 ( (一社)日本DNA多型学会 )  31 ( 1 ) 26 - 29   2023年07月

  • サル赤血球上のABO式血液型抗原発現がABO遺伝子第1イントロンの分子進化による ABO組織型はいつどのように血液型になったか

    佐野 利恵, 福田 治紀, 窪 理英子, 大石 高生, 宮部 貴子, 兼子 明久, 高橋 遥一郎, 早川 輝, 矢澤 伸, 小湊 慶彦

    日本輸血細胞治療学会誌 ( (一社)日本輸血・細胞治療学会 )  69 ( 2 ) 282 - 282   2023年04月

  • 低体温のシバリングによる筋肉損傷に対する脾臓内血小板の役割

    堀岡 希衣, 田中 宏樹, 早川 輝, Druid Henrik, Porvari Kajya

    日本病理学会会誌 ( (一社)日本病理学会 )  112 ( 1 ) 347 - 347   2023年03月

  • 腹部への鈍的外傷によりS状結腸部分拡張部の破裂を来した小児の1例

    福田 治紀, 佐野 利恵, 早川 輝, 高橋 遥一郎, 窪 理英子, 武井 宏之, 徳江 浩之, 小湊 慶彦

    The Kitakanto Medical Journal ( 北関東医学会 )  72 ( 3 ) 322 - 323   2022年08月

  • 全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 画像診断と病理 左冠動脈肺動脈起始症

    徳江 浩之, 対馬 義人, 佐野 利恵, 高橋 遥一郎, 早川 輝, 福田 治紀, 小湊 慶彦 ( 担当: その他 )

    画像診断 42(8) 710-711 (株)Gakken  2022年06月

    その他

  • 【シーン別画像診断のいま-社会的要求への対応と課題【Scene Vol.13】オートプシー・イメージング[Ai]第八弾 高精度の死因究明に向けた定量化技術の最新動向】地域医療におけるAiの最新動向 群馬大学オートプシー・イメージングセンター10年間の活動と今後の展望

    佐野 利恵, 早川 輝, 徳江 浩之 ( 担当: 共著 )

    Innervision 2018;33(12):41-43  2018年12月

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ABOエンハンサーはADAMTS13の転写を活性化する-知られざる血栓症の機序-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2023年04月  -  2026年03月  代表者:  佐野 利恵, 早川 輝, 高橋 遥一郎, 福田 治紀, 窪 理英子

  • ミトコンドリアとメタボローム解析による超急性期心筋虚血の法医診断法の開発

    若手研究

    研究期間:  2022年04月  -  2025年03月  代表者:  早川 輝

  • エクソーム・リピドーム解析で明かす、高度脂肪肝を伴う突然死における脂肪酸代謝異常

    基盤研究(C)

    研究期間:  2022年04月  -  2025年03月  代表者:  高橋 遥一郎, 早川 輝, 小湊 慶彦, 窪 理英子, 佐野 利恵, 大嶋 紀安, 川端麗香

  • オドラント結合蛋白の精液証明への利用とその生理学的意義の探索

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:  2020年07月  -  2023年03月  代表者:  小湊 慶彦, 平野 瞳子, 窪 理英子, 高橋 遥一郎, 佐野 利恵, 早川 輝

  • ABO遺伝子は何のためにあるのか―ABO遺伝子研究の新たな展開と法医学的応用―

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  佐野 利恵, 高橋 遥一郎, 早川 輝, 窪 理英子

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 断片化した頭蓋骨・脊椎の仮想再構築

    福田治紀, 早川 輝, 高橋遥一郎, 佐野利恵, 窪理英子, 徳江浩之, 小湊慶彦

    第23回法医画像勉強会  2023年03月  -  2023年03月   

  • 剖検及び死後CTの所見の比較-感染性脳動脈瘤破裂に基づく急性硬膜下血腫の一事例を通して-

    福田治紀, 早川 輝, 高橋遥一郎, 佐野利恵, 窪理英子, 徳江浩之, 小湊慶彦

    第23回法医画像勉強会  2023年03月  -  2023年03月   

  • サル赤血球上のABO式血液型抗原発現がABO遺伝子第1イントロンの分子進化により規定される-ABO式組織型はいつどのように血液型になったか-.

    福田治紀, 佐野利恵, 窪理英子, 大石高生, 宮部貴子, 兼子明久, 高橋遥一郎, 早川 輝, 矢澤 伸, 小湊慶彦

    日本DNA多型学会第31回学術集会  2022年11月  -  2022年11月   

  • 特徴的な死後CT画像を呈したベンジン嚥下症例

    徳江浩之, 佐野利恵, 早川 輝, 高橋遥一郎, 福田治紀, 小湊慶彦, 対馬義人

    第90次日本法医学会学術関東地方会  2022年10月  -  2022年10月   

  • 腹部への鈍的外傷によりS状結腸部分拡張部の破裂を来した小児の1例

    福田治紀, 佐野利恵, 早川 輝, 高橋遥一郎, 窪理英子, 武井宏行, 徳江浩之, 小湊慶彦

    第69回北関東医学会総会  2022年09月  -  2022年09月   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本DNA多型学会

    2022年11月
    -
    継続中

    優秀研究賞選考委員会

  • 日本法医学会

    2020年
    -
    継続中

    評議員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • Death Investigation System in Japan

    Rättsmedicinalverket (The National Board of Forensic Medicine) Stockholm 

    2022年05月