岩倉 正浩 (イワクラ マサヒロ)

IWAKURA Masahiro

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  社会環境医学系  衛生学・公衆衛生学講座

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 呼吸リハビリテーション

  • 周術期リハビリテーション

  • がんのリハビリテーション

  • COPD

  • フレイル・サルコペニア

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2014年03月

    秋田大学   医学部   保健学科・理学療法学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2019年03月

    秋田大学  医学系研究科  保健学専攻  博士後期課程  修了

  •  
    -
    2016年03月

    秋田大学  医学系研究科  保健学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  保健学

  • 秋田大学 -  リハビリテーション科学

  • 秋田大学 -  保健学

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年09月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   社会環境医学系   衛生学・公衆衛生学講座   助教  

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

 

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Physical activity measurements in individuals with interstitial lung disease: a systematic review and meta-analysis

    Iwakura M.

    European Respiratory Review ( European Respiratory Review )  32 ( 169 )   2023年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    DOI

  • Association of health literacy with short-term postoperative outcomes in older adult patients with abdominal tumors undergoing surgery and perioperative rehabilitation program: A prospective cohort study

    Iwakura M.

    Journal of Geriatric Oncology ( Journal of Geriatric Oncology )  14 ( 2 )   2023年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Objective physical activity level is associated with rectus femoris muscle echo-intensity in patients with chronic obstructive pulmonary disease

    Okura K.

    Clinical Respiratory Journal ( Clinical Respiratory Journal )  16 ( 8 ) 572 - 580   2022年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • A Pilot Survey: Oral Function as One of the Risk Factors for Physical Frailty

    Kodama A.

    International Journal of Environmental Research and Public Health ( International Journal of Environmental Research and Public Health )  19 ( 10 )   2022年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Lower-Limb Muscle Strength and Major Performance Tests in Community-Dwelling Older Adults

    Iwakura M.

    Physical and Occupational Therapy in Geriatrics ( Physical and Occupational Therapy in Geriatrics )  40 ( 4 ) 360 - 375   2022年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆その他【 表示 / 非表示

  • 理学療法士による評価と介入

    岩倉 正浩, 川越 厚良, 古川 大, 菅原 慶勇, 大倉 和貴, 塩谷 隆信

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 ( 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 )  32 ( supplement ) 100s_2 - 100s_2   2022年10月

    DOI CiNii Research

  • Gait-related Self-efficacy is Low in Older Adults with Knee Osteoarthritis: A Preliminary Study

    OKURA Kazuki, SHIBATA Kazuyuki, SUDA Tomohiro, IWAKURA Masahiro, WAKASA Masahiko, KIMURA Yoshiaki, OKADA Kyoji

    Physical Therapy Research ( 一般社団法人日本理学療法学会連合 )  25 ( 1 ) 31 - 34   2022年04月  [査読有り]

    <p>Objective: To investigate the differences in self-efficacy (SE) for walking tasks between older patients with knee osteoarthritis (OA) and older adults without knee OA. Methods: A cross-sectional design was employed. Older patients with radiographic knee OA and community-dwelling older adults without knee OA as controls were enrolled in the study. SE for the walking task was assessed using the modified gait efficacy scale (mGES). A Wilcoxon rank-sum test was used to compare the mGES between the groups of participants. A Tobit regression model was used to estimate the difference in mGES. The presence of radiographic knee OA was used as an independent variable. Sex (women), age, and body mass index were used as potential confounding variables in the model. Results: After exclusion, 78 participants (n=40 with knee OA, n=38 controls) were included. The mGES was lower in patients with knee OA than in controls. In the Tobit regression model adjusted for confounding factors, mGES in patients with knee OA was estimated to be 26.8 (95% confidence interval [CI]: 15.8-37.8) points lower than in controls. Conclusion: This study demonstrated that mGES was lower in older patients with knee OA than in older adults without knee OA.</p>

    DOI CiNii Research

  • 吸気筋トレーニングの進歩

    塩谷 隆信, 加賀屋 勇気, 照井 佳乃, 大倉 和貴, 岩倉 正浩, 川越 厚良

    日本臨床生理学会雑誌 ( 日本臨床生理学会 )  52 ( 1 ) 11 - 17   2022年02月

    <p> 吸気筋トレーニング(Inspiratory Muscle Training : IMT)には,呼吸筋力と呼吸筋持久力,運動耐容能,呼吸困難,健康関連QOL などの改善効果がある.現在,IMT は多くの呼吸器疾患において実施され,その効果に関して多くのエビデンスが確立されている.</p><p> 近年,IMT は心不全,ICU における呼吸管理,外科周術期,脳血管障害など呼吸器疾患以外の領域においても展開され,その効果が報告されている.</p><p> 心不全における呼吸困難のメカニズムとして,心不全の血行力学的動態による低酸素血症と心拍出量減少による吸気筋疲労が示唆されている.さらに,吸気筋メタボリフレックスも吸気筋の血流低下に深く関与している.心不全におけるIMT は呼吸筋疲労を改善し,結果として運動耐容能を向上させると考えられている.本稿では,心不全におけるIMT の有効性に関する最新のメタアナリシスを紹介するとともに,最近,開発された新規IMT デバイスとそのメカニズムと臨床応用に関して概説する.</p>

    DOI CiNii Research

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における身体活動量と吸気筋トレーニングの関連性と可能性

    川越 厚良, 古川 大, 岩倉 正浩, 大倉 和貴, 菅原 慶勇, 高橋 仁美, 塩谷 隆信

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 ( 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 )  30 ( 1 ) 59 - 64   2021年12月

    <p>慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の主症状は呼吸困難であり,身体機能低下を伴う予後の不良へと導く悪循環が形成されることは周知の事実である.その悪循環には日常生活の中の身体活動量(PA)という因子も深く関わっており,患者診療における評価・治療・管理の面で非常に重要な柱になっている.PAの管理が,予後を見通す重要な因子になることから,様々な取組によるPAへの介入方法が検討されてきており,PAの改善が予後に与えうる影響を解明することも今後の課題になりうる.一方,吸気筋トレーニング(IMT)は未だにエビデンスレベルは低いものの,テクノロジーの進化に伴う新たなデバイスの発展により,その効果について再び脚光を浴びつつある.本稿では,PAに対する介入方法と影響因子,新たな負荷様式を備えたデバイスによるIMTの効果,そして両者の関連性を含め,IMTがCOPD患者のPAに影響する可能性について提言したい.</p>

    DOI CiNii Research

  • 若年健常者を対象とした吸気筋に対するインターバルトレーニングの有用性

    窪田 美香, 佐竹 將宏, 岩倉 正浩, 古川 大, 菅原 慶勇, 高橋 仁美, 塩谷 隆信

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 ( 一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 )  29 ( 2 ) 292 - 298   2020年12月

    <p>【目的】吸気筋トレーニングとして,2種類のインターバルトレーニング(IT)と従来法を比較し有用性を明らかにすること.</p><p>【方法】健常大学生29名を吸気筋トレーニングの方法によって無作為に3群に分けた.全群とも負荷強度は最大吸気筋力の60%,頻度は2回/日を毎日とし4週間実施した.開始前と4週後に呼吸機能,呼吸筋力・耐久力を測定した.トレーニング(Tr)継続性の指標としてTr実施前後の呼吸困難と,終了時点でのTr継続の可否を調査した.群間差を連続変数では分散分析と多重比較,名義尺度ではカイ二乗検定を用いて検討した.</p><p>【結果】呼吸筋力は全群で,筋耐久力はITにおいて有意に向上した.回数群では従来群と比較してTr実施に伴う呼吸困難が有意に低く,継続可能と答えた者が多かった.</p><p>【結論】吸気筋ITは従来法と同程度の効果が得られ,特に回数指定のITでは実施者の負担軽減によりアドヒアランス向上に寄与する可能性が示唆された.</p>

    DOI CiNii Research

  • 全件表示 >>