安藤 卓人 (アンドウ タクト)

ANDO Takuto

写真a

所属

大学院国際資源学研究科  資源地球科学専攻 

研究室住所

国際資源学部1号館 N203

研究室電話

0180-889-2375

ホームページ

https://takuto-ando-s-web-site.webnode.jp/

メールアドレス

メールアドレス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物地球化学

  • 有機地球化学

  • Palynology

  • 古生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    北海道大学   理学部   地球科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年09月

    北海道大学  大学院理学院  自然史科学専攻  博士課程  修了

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    北海道大学  大学院理学院  自然史科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  理学

  • 北海道大学 -  理学

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院国際資源学研究科   資源地球科学専攻   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2020年02月
    -
    2022年10月

      島根大学   エスチュアリー研究センター   特任助教

  • 2017年02月
    -
    2020年01月

      北海道大学   北極域研究センター   博士研究員

  • 2016年10月
    -
    2017年01月

      北海道大学   理学研究院   学術研究員

 

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Meltwater Discharge From Marine‐Terminating Glaciers Drives Biogeochemical Conditions in a Greenlandic Fjord

    Kanna, N., Sugiyama, S., Ando, T., Wang, Y., Sakuragi, Y., Hazumi, T., Matsuno, K., Yamaguchi, A., Nishioka, J., Yamashita, Y.

    Global Biogeochemical Cycles   36 ( 11 )   2022年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    DOI

  • Inclusions in ice layers formed by melting and refreezing processes in a Greenland ice core

    Kawakami, K., Iizuka, Y., Matoba, S., Aoki, T., Ando, T.

    Journal of Glaciology   69 ( 276 ) 1 - 13   2022年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    DOI

  • Marine paleoecologial variations during the mid-Cretaceous oceanic anoxic event 1a in the Vocontian Basin, southeastern France

    Ando, T., Sawada, K., Okano, K., Takashima, R., Nishi, H

    Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   ( 586 ) 110779   2022年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    南東フランスVocontian堆積盆で採取された白亜紀海洋無酸素事変(OAE)1aの最盛期(C6)に相当するGoguel層準試料のバイオマーカー・パリノモルフ分析を行なった。その結果,2-methyl hopane(2-MHI)が検出され,球状かつ表面に粒上の構造があるsphaeromorphic acritarchsが多産した。2-MHIを生合成するシアノバクテリアやα-プロテオバクテリア,sphaeromorphic acritarchsを形成したと考えられるプラシノ藻は貧栄養水を好むことから,南東フランスで発生した無酸素化は生物の高生産というより,海洋循環の停滞が寄与していた可能性が高いことを新たに示した。

  • グリーンランドの中原生界堆積岩中の置換された第 4 級炭素原子をもつ分枝脂肪族アルカン(BAQCs):バイオマーカーか人為的汚染か?

    原 勇貴,安藤 卓人,沢田 健

    Researches in Organic Geochemistry ( 日本有機地球化学会 )  ( 37 ) 77 - 92   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • Turbellarian egg capsule as one type of aquatic palynomorph; reconsideration of Tintinnomorph.

    Matsuoka, K., Ando, T

    Laguna ( 汽水域研究会 )  ( 28 ) 15 - 35   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

  • 全件表示 >>

    ◆その他【 表示 / 非表示

  • Large igneous province activity drives oceanic anoxic event 2 environmental change across eastern Asia

    Takashima R.

    Communications Earth and Environment ( Communications Earth and Environment )  5 ( 1 )   2024年12月

    DOI

  • Clustering evaluation of water quality for various classes of in-flow rivers in connected brackish lakes

    Kim S.

    Environmental Monitoring and Assessment ( Environmental Monitoring and Assessment )  196 ( 6 )   2024年06月

    DOI

  • DNA metabarcoding focusing on the plankton community: an effective approach to reconstruct the paleo-environment

    Nakamura, Y., Ogiso-T., E., Seto, K., Ando, T., Katsuki, K., Saito, Y.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  13 ( 1 )   2023年12月

    国際共著

    DOI