佐藤(沼田) かお理 (サトウ カオリ)

SATO-NUMATA Kaori

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  機能展開医学系  器官・統合生理学講座

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 細胞生理学

  • 浸透圧センサー

  • 細胞容積調節

  • バソプレシン

  • 視床下部

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    東京学芸大学   教育学部   初等教育教員養成課程・理科選修   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

    総合研究大学院大学  生命科学研究科  生理科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年01月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   機能展開医学系   器官・統合生理学講座   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    2021年12月

      秋田大学   大学院医学系研究科   日本学術振興会特別研究員

  • 2018年10月
    -
    2021年09月

      福岡大学   医学部   日本学術振興会特別研究員

  • 2015年04月
    -
    2018年09月

      福岡大学   医学部   日本学術振興会特別研究員

  • 2014年08月
    -
    2015年03月

      自然科学研究機構・生理学研究所   細胞生理研究部門   研究員

  • 2014年08月
    -
    2015年03月

      自然科学研究機構・生理学研究所   細胞生理部門   研究員

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本神経科学学会

  • 2008年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本生理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 医療薬学

 

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Cardioprotective effects of Moku-boi-to and its impact on AngII-induced cardiomyocyte hypertrophy.

    Hideaki Tagashira, Fumiha Abe, Kaori Sato-Numata, Karen Aizawa, Kei Hirasawa, Yoshinobu Kure, Daiki Iwata, Tomohiro Numata

    Frontiers in cell and developmental biology   11   1264076 - 1264076   2023年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • Cell death induction and protection by activation of ubiquitously expressed anion/cation channels. Part 3: the roles and properties of TRPM2 and TRPM7.

    Yasunobu Okada, Tomohiro Numata, Ravshan Z Sabirov, Makiko Kashio, Peter G Merzlyak, Kaori Sato-Numata

    Frontiers in cell and developmental biology   11   1246955 - 1246955   2023年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    DOI

  • Intermediate conductance Ca2+ -activated potassium channels are activated by functional coupling with stretch-activated nonselective cation channels in cricket myocytes

    Tomohiro Numata, Kaori Sato-Numata, Masami Yoshino

    Frontiers in Insect Science     2023年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • TRPM7 is an essential regulator for volume-sensitive outwardly rectifying anion channel

    Tomohiro Numata, Kaori Sato-Numata, Meredith C. Hermosura, Yasuo Mori, Yasunobu Okada

    Communications Biology ( Springer Science and Business Media LLC )  4 ( 1 ) 599 - 599   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    <title>Abstract</title>Animal cells can regulate their volume after swelling by the regulatory volume decrease (RVD) mechanism. In epithelial cells, RVD is attained through KCl release mediated via volume-sensitive outwardly rectifying Cl<sup>−</sup> channels (VSOR) and Ca<sup>2+</sup>-activated K<sup>+</sup> channels. Swelling-induced activation of TRPM7 cation channels leads to Ca<sup>2+</sup> influx, thereby stimulating the K<sup>+</sup> channels. Here, we examined whether TRPM7 plays any role in VSOR activation. When TRPM7 was knocked down in human HeLa cells or knocked out in chicken DT40 cells, not only TRPM7 activity and RVD efficacy but also VSOR activity were suppressed. Heterologous expression of TRPM7 in TRPM7-deficient DT40 cells rescued both VSOR activity and RVD, accompanied by an increase in the expression of LRRC8A, a core molecule of VSOR. TRPM7 exerts the facilitating action on VSOR activity first by enhancing molecular expression of LRRC8A mRNA through the mediation of steady-state Ca<sup>2+</sup> influx and second by stabilizing the plasmalemmal expression of LRRC8A protein through the interaction between LRRC8A and the <italic>C</italic>-terminal domain of TRPM7. Therefore, TRPM7 functions as an essential regulator of VSOR activity and LRRC8A expression.

    DOI PubMed

  • Cell Death Induction and Protection by Activation of Ubiquitously Expressed Anion/Cation Channels. Part 2: Functional and Molecular Properties of ASOR/PAC Channels and Their Roles in Cell Volume Dysregulation and Acidotoxic Cell Death

    Yasunobu Okada, Kaori Sato-Numata, Ravshan Z. Sabirov, Tomohiro Numata

    Frontiers in Cell and Developmental Biology   9   702317   2021年07月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    For survival and functions of animal cells, cell volume regulation (CVR) is essential. Major hallmarks of necrotic and apoptotic cell death are persistent cell swelling and shrinkage, and thus they are termed the necrotic volume increase (NVI) and the apoptotic volume decrease (AVD), respectively. A number of ubiquitously expressed anion and cation channels play essential roles not only in CVR but also in cell death induction. This series of review articles address the question how cell death is induced or protected with using ubiquitously expressed ion channels such as swelling-activated anion channels, acid-activated anion channels, and several types of TRP cation channels including TRPM2 and TRPM7. In the Part 1, we described the roles of swelling-activated VSOR/VRAC anion channels. Here, the Part 2 focuses on the roles of the acid-sensitive outwardly rectifying (ASOR) anion channel, also called the proton-activated chloride (PAC) anion channel, which is activated by extracellular protons in a manner sharply dependent on ambient temperature. First, we summarize phenotypical properties, the molecular identity, and the three-dimensional structure of ASOR/PAC. Second, we highlight the unique roles of ASOR/PAC in CVR dysfunction and in the induction of or protection from acidotoxic cell death under acidosis and ischemic conditions.

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆その他【 表示 / 非表示

  • 潤腸湯に含まれる生薬成分による分泌性細胞縮小作用の検討

    沼田朋大, 佐藤(沼田)かお理, 岡田泰伸, 岡田泰伸, 井上隆司

    日本生理学雑誌(Web)   82 ( 2 )   2020年

    J-GLOBAL

  • 慢性便秘漢方薬「潤腸湯」の作用機序の解明

    沼田朋大, 佐藤(沼田)かお理, 岡田泰伸, 井上隆司

    生体機能と創薬シンポジウム要旨集   2018   2018年

    J-GLOBAL

  • 慢性便秘薬「潤腸湯」の作用メカニズムの解明

    沼田朋大, 佐藤(沼田)かお理, 佐藤(沼田)かお理, 井上隆司

    日本生理学雑誌(Web)   80 ( 2 )   2018年

    J-GLOBAL

  • Anion Channels Involved in Cell Survival-Death Switching.

    Y. Okada, K. Sato-Numata, T. Shimizu, H. Sakai, T. Akita, T. Okada

    JOURNAL OF GENERAL PHYSIOLOGY ( ROCKEFELLER UNIV PRESS )  142 ( 2 ) 12A - 13A   2013年08月

  • Study on the hypoosmolarity sensing mechanism in arginine - vasopressin neurons : Reexamination on the taurine hypothesis

    Kaori Sato-Numata, Yoichi Ueta, Yasunobu Okada

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES ( SPRINGER JAPAN KK )  63   S188 - S188   2013年

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 女性研究者支援コンソーシアムあきた賞

    2022年12月   女性研究者支援コンソーシアムあきた   バソプレシンニューロンの容積調節、及び分泌機構の全容解明

    受賞者:  佐藤 かお理

  • 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞

    2017年03月   日本生理学会   LRRC8ファミリーは容積感受性外向整流性アニオンチャネル(VSOR)の活性に関与するが酸感受性外向整流性アニオンチャネル(ASOR)の活性には関与しない

    受賞者:  佐藤(沼田) かお理

  • 日本生理学会九州奨励賞

    2015年10月09日   西日本生理学会   ニューロン酸感受性外向整流性アニオンチャネル(ASOR)のアシドーシス性脳神経細胞障害に対する低温救済への関与

    受賞者:  佐藤(沼田)かお理

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • バソプレシンの分泌調節を担う浸透圧検知性イオンチャネルの同定と機能解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  沼田 かお理

  • バソプレシンニューロン細胞内塩化物イオンの高濃度維持機構とその生理学的意義の解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2018年10月  -  2022年03月  代表者:  佐藤(沼田)かお理

  • 細胞生存に係る酸感受性アニオンチャネルの生理的役割の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  佐藤(沼田)かお理

  • ES細胞の浸透圧応答とAVPニューロンへの再生・分化メカニズムの解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  佐藤(沼田)かお理

  • 容積感受性アニオンチャネルVSORと新規関連タンパク質LRRC8Aの相互作用機構

    挑戦的研究(開拓・萌芽)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  岡田泰伸

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • LRRC8Dのヒト上皮細胞における調節性容積減少への役割

    佐藤(沼田)かお理, 鈴木太郎, 酒井彩子, 森俊太郎, 岡田泰伸, 沼田朋大

    日本生理学会 第100回記念大会  (国立京都国際会館)  2023年03月  -  2023年03月    日本生理学会第100回記念大会

  • バソプレシンニューロンは高浸透圧刺激に対して分泌性容積減少(SVD)と調節性容積増加(RVI)という相反性容積応答をする

    佐藤(沼田)かお理,沼田朋大,上田陽一,岡田泰伸

    第126回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第98回 日本生理学会大会  2021年03月  -  2021年03月   

  • Ni+感受性Ca2+チャネルはバソプレシンニューロンの細胞体/樹状突起からのエクソサイトーシス分泌に関与する

    佐藤(沼田)かお理,沼田朋大,上田陽一,井上隆司,岡田泰伸

    第97回日本生理学会大会  2020年03月  -  2020年03月   

  • Sensitivity of voltage-dependent Ca2+ channels in rat AVP neurons to an anthranilic acid derivative

    Kaori Sato-Numata,Tomohiro Numata,Yoichi Ueta,Yasunobu Okada

    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies (FAOPS) Congress  2019年03月  -  2019年03月   

  • AVP産生ニューロンからの浸透圧応答性AVP分泌と容積調節メカニズム

    佐藤(沼田)かお理

    第3回 イオンチャネル研究会  2018年07月  -  2018年07月   

全件表示 >>