安部 勇輔 (アベ ユウスケ)

ABE Yusuke

写真a

所属

電動化システム共同研究センター 

研究分野・キーワード

蓄電デバイス,リチウムイオン電池,バイオマス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    秋田大学   工学資源学部   電気電子工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    秋田大学  理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  修士(工学)

  • 秋田大学 -  学士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   電動化システム共同研究センター   特任助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

      太平洋セメント株式会社   電気系技術職

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本素材物性学会

  • 2020年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    電気学会

取得資格 【 表示 / 非表示

  • エネルギー管理士(熱管理・電気管理)

  • 陸上特殊無線技術士(第1~3級)

  • 海上特殊無線技術士(第1~3級)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Role of SiOx in rice-husk-derived anodes for Li-ion batteries

    Yusuke Abe, Masahiro Tomioka, Mahmudul Kabir, Seiji Kumagai

    Scientific Reports   12 ( 975 )   2022年01月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • Suitable binder for Li-ion battery anode produced from rice husk

    Seiji Kumagai, Yusuke Abe, Masahiro Tomioka, Mahmudul Kabir

    Scientific Reports   11 ( 15784 )   2021年08月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • Electrochemical Impedance Spectroscopy on the Performance Degradation of LiFePO4/Graphite Lithium-ion Battery Due to Charge-Discharge Cycling under Different C-Rates

    Yusuke Abe, Natsuki Hori, Seiji Kumagai

    Energies ( MDPI )  12 ( 23 ) 4507   2019年11月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • Lithium-ion Capacitor Using Rice Husk-derived Cathode and Anode Active Materials Adapted to Uncontrolled Full-pre-lithiation

    Seiji Kumagai, Yusuke Abe, Tomoaki Saito, Takuya Eguchi, Masahiro Tomioka, Mahmudul Kabir, Daisuke Tashima

    Journal of Power Sources ( Elsevier )  437   226924   2019年10月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • Effect of Prelithiation Precess for Hard Carbon Negative Electrode on the Rate and Cycling Behaviors of Lithium-ion Batteries

    Yusuke Abe, Tomoaki Saito, Seiji Kumagai

    Batteries ( MDPI )  4 ( 4 ) 71   2018年12月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本素材物性学会優秀論文発表賞

    2021年06月24日   日本素材物性学会   もみ殻炭を用いるLiイオン電池フルセルの充放電特性に及ぼすシリカの影響

    受賞者:  安部 勇輔

  • 電気学会優秀論文発表賞

    2018年04月   電気学会   長寿命LiFePO4/グラファイト系リチウムイオン電池の正負極容量設計

    受賞者:  安部 勇輔

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • もみ殻炭はLiイオン電池負極の活物質として有望か?

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2021年08月  -  2023年03月  代表者:  安部 勇輔

    稲作過程で排出されるもみ殻を不活性雰囲気下にて加熱処理すると,非晶質な炭素および酸化ケイ素の領域から成る炭化物を創成することが出来る。本研究申請者はもみ殻由来炭化物をLiイオン電池用負極活物質として応用することを目指し,そのもみ殻に対して炭化後の非晶質酸化ケイ素の部分的な除去やLiイオン電池セル組立て前のLiドープなど各種条件を最適化することで,Liイオン電池用途として有望なもみ殻由来炭化物を追究しようと構想していた。非晶質酸化ケイ素を部分的に除去した後のもみ殻由来炭化物の物性がLiイオン電池用負極の諸性能に与える影響を,酸化ケイ素の含有率測定や細孔分布測定などの物性評価により明らかにする。もみ殻由来炭化物の物性を評価しつつ,そのもみ殻由来炭化物の負極を組み込んだLiイオン電池の充放電動作を充放電試験により評価する。そして,もみ殻はLiイオン電池用途として有望な新規活物質であることを見出す。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 廃電池リサイクル

    提供機関: 輸送機系企業  一般受託研究

    研究期間:

    2021年11月
    -
    2022年03月

    代表者: 熊谷 誠治

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 短時間放電法による三元系Liイオン電池正極の出力性能評価

    安部 勇輔,熊谷 悠希,富岡 雅弘,熊谷 誠治

    日本素材物性学会 令和4年度(第32回)年会  (オンライン(Zoom))  2022年06月  -  2022年06月   

  • ナノSi電極の組成がそのLiイオン吸蔵放出特性に及ぼす影響

    山川 裕大,安部 勇輔,富岡 雅弘,熊谷 誠治

    日本素材物性学会 令和4年度(第32回)年会  (オンライン(Zoom))  2022年06月  -  2022年06月   

  • 異なる種類の活性炭を電極に用いる電気二重層キャパシタの充放電特性

    遠藤 幸太郎,安部 勇輔,富岡 雅弘,熊谷 誠治

    日本素材物性学会 令和4年度(第32回)年会  (オンライン(Zoom))  2022年06月  -  2022年06月   

  • イオン液体を電解液に用いることによる電気二重層キャパシタの高エネルギー密度化

    藤本 一輝,安部 勇輔,富岡 雅弘,熊谷 誠治

    日本素材物性学会 令和4年度(第32回)年会  (オンライン(Zoom))  2022年06月  -  2022年06月   

  • Ni高含有遷移金属酸化物における電極製造時のプレス圧力が電気化学特性に及びす影響

    熊谷 悠希,安部 勇輔,富岡 雅弘,熊谷 誠治

    日本素材物性学会 令和4年度(第32回)年会  (オンライン(Zoom))  2022年06月  -  2022年06月   

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示