飯島 克則 (イイジマ カツノリ)

IIJIMA Katsunori

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  腫瘍制御医学系  消化器内科学・神経内科学講座

研究分野・キーワード

上部消化器疾患

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    東北大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    東北大学  医学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年08月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   腫瘍制御医学系   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 口腔内細菌叢と食道腺癌・扁平上皮癌の関連

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2018年03月
    -
    2020年03月

    研究態様:機関内共同研究

  • エストロゲンによる逆流性食道炎、バレット食道発生に対する抑制効果の機序の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2014年03月
    -
    2016年03月
  • 食道・胃接合部で限局的に発生する一酸化窒素による発がんへの影響

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2009年03月
    -
    2012年03月

    研究態様:個人研究

  • 食道・胃接合部の内腔で発生する一酸化窒素による周囲組織細胞間結合装置の障害

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2007年03月
    -
    2008年03月

    研究態様:個人研究

  • 食道・胃接合部の内腔で限局性に発生する一酸化窒素による周囲組織の障害

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2005年03月
    -
    2006年03月

    研究態様:個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Dietary nitrate generates potentially mutagenic concentrations of nitric oxide at the gastroesophageal junction.

    Iijima K, Henry E, Moriya A, Wirz A, Kelman AW, McColl KE.

    Gastroenterology     2002年01月  [査読有り]

    ISSN:0016-5085

    国内共著

  • Changes in gastric acid secretion assayed by endoscopic gastrin test before and after Helicobacter pylori eradication.

    Iijima K, Ohara S, Sekine H, Koike T, Kato K, Asaki S, Shimosegawa T, Toyota T.

    Gut     2000年01月

    ISSN:1468-3288

    国内共著

  • A new endoscopic method of gastric acid secretory testing.

    Iijima K, Ohara S, Sekine H, Koike T, Kubota Y, Kato K, Asaki S, Toyota T.

    Am J Gastroenterol.     1999年11月  [査読有り]

    ISSN:0002-9270

    国内共著

  • Gender differences in esophageal mucosal injury in a reflux esophagitis model of rats.

    Masaka T, Iijima K, Endo H, Asanuma K, Ara N, Ishiyama F, Asano N, Koike T, Imatani A, Shimosegawa T.

    Gut     2013年01月  [査読有り]

    ISSN:1468-3288

    国内共著

  • Diffusion of cytotoxic concentrations of nitric oxide generated luminally at the gatro-esophageal junction of rats

    25. Asanuma K, Iijima K, Sugata H, Ohara S, Shimosegawa T, Yoshimura T.

    Gut     2005年01月  [査読有り]

    ISSN:1468-3288

    国内共著

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 口腔内細菌叢と食道腺癌・扁平上皮癌の関連

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年03月  -  2020年03月 

  • エストロゲンによる逆流性食道炎、バレット食道発生に対する抑制効果の機序の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年03月  -  2016年03月 

  • 食道・胃接合部で限局的に発生する一酸化窒素による発がんへの影響

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年03月  -  2012年03月 

  • 食道・胃接合部の内腔で発生する一酸化窒素による周囲組織細胞間結合装置の障害

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年03月  -  2008年03月 

  • 食道・胃接合部の内腔で限局性に発生する一酸化窒素による周囲組織の障害

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年03月  -  2006年03月