伊藤 慎一 (イトウ シンイチ)

ITO Shinichi

写真a

所属

産学連携推進機構 

生年

1974年

研究分野・キーワード

産学連携 知的財産 マーケティング

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    山形大学   工学部   高分子化学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2011年03月

    秋田大学  工学資源学研究科  環境応用化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    秋田大学   産学連携推進機構   准教授  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    秋田大学   産学連携推進機構   特任講師  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本マーケティング学会

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本商業学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本ベンチャー学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本シミュレーション&ゲーミング学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    産学連携学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知財経営 地域ブランディング マーケティング

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 含イオウ大環状化合物を基礎とする超分子形成とその機能

    伊藤慎一

      2011年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 地域金融機関と地域企業の関係性から見た学金連携システム:~学金連携システム研究会10年の歩みを振り返って~

    伊藤 慎一, 小野 浩幸

    産学連携学 ( 特定非営利活動法人 産学連携学会 )  16 ( 1 ) 1_3 - 1_9   2020年

    ISSN:1349-6913

    <p>学金連携システム研究会は,地域金融機関と大学の連携とその地域貢献活動状況を明らかにすることで,学金による協調したイノベーションの発現に必要なことは何かを考えるために設立された.学金連携システム研究会発足から10年が経過するが,その間,地域金融機関と大学を取り巻く環境も大きく変化した.本稿では,学金連携システム研究会のこの10年のあゆみについて振り返るとともに,研究会活動のなかで明らかにされた課題に関して実施した調査結果について報告する.</p>

    DOI CiNii

  • 北東北3県の産業構造の変化と地域企業の経営戦略に関する研究

    臼木 智昭,伊藤 慎一

    秋田大学教育文化学部研究紀要     2019年03月

    国内共著

  • 北東北3県広域学金連携活動 : 地域版TLOネットビックスプラスの取り組み

    伊藤 慎一

    産学連携学会誌     2018年01月

    単著

  • 産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う(39)秋田の伝統食であるアケビ種子油及び果皮を活用した健康食品の開発

    池本 敦,鈴木 景子,伊藤 慎一

    食品と開発     2015年08月

    国内共著

  • Channel structure for guest inclusion based on hexameric assembly of thiacalix[4]arene analogue

    Fumio Hamada,Manabu Yamada,Yoshihiko Kondo,Shin Ichi Ito,Uichi Akiba

    CrystEngComm     2011年12月

    国内共著

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学における知的財産活用型学金連携活動の取り組み : 地域指向のリレーションシップバンキング活動に大学が貢献出来ることはあるのか

    伊藤慎一

    NETT : North East Think Tank of Japan ( ほくとう総研 )    2014年04月

    総説・解説(その他)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲーミフィケーションの技法を用いた知財活用型融資の円滑化スキームの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 地域金融機関と中小企業の「情報の非対称性」を解消する知財価値評価手法の検証と実践

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2014年08月  -  2016年03月 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Development of legal game where patent law is learned using gaming simulation technique

    Shinichi ITO, Masami IDO, Takeshi SHIBATA

    International Simulation and Gaming Association 2018  2018年07月  -  2018年07月