森井 真也子 (モリイ マヤコ)

MORII Mayako

写真a

所属

附属病院  小児外科 

研究分野・キーワード

小児外科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    秋田大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    秋田大学  医学系研究科  博士課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    トロント大学   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  医学博士

  • 秋田大学 -  学士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年06月
    -
    継続中

    秋田大学   附属病院   小児外科   助教  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本解剖学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本経腸経静脈栄養学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本小児外科学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本外科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児外科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Onset of apoptosis in the cystic duct during metamorphosis of a Japanese Lamprey, Lethenteron reissneri.

    Morii M, Mezaki Y, Yamaguchi N, Yoshikawa K, Miura M, Imai K, Yoshino H, Hebiguchi T, Hebiguchi T, Senoo H.

    Anat Rec,  293   1155 - 1166   2011年03月

    国内共著

論文 【 表示 / 非表示

  • 重症心身障がい児に対する経胃瘻的空腸栄養

    山形健基、森井真也子、蛇口琢、渡部亮、吉野裕顕

    小児外科   50 ( 11 ) 1121 - 1125   2018年11月

    国内共著

  • Ubiquitin ligase RNF8 suppresses Notch signaling to regulate mammary development and tumorigenesis.

    Li L, Guturi KKN, Gautreau B, Patel PS, Saad A, Morii M, Mateo F, Palomero L, Barbour H, Gomez A, Ng D, Kotlyar M, Pastrello C, Jackson HW, Khokha R, Jurisica I, Affar EB, Raught B, Sanchez O, Alaoui-Jamali M, Pujana MA, Hakem A, Hakem R.

    J Clin Invest.   120   4525 - 45242   2018年08月

    国内共著

  • 顎下腺由来先天性頸部瘻孔

    森井真也子、蛇口琢、渡部亮、吉野裕顕

    小児外科   50   163 - 166   2018年01月

    国内共著

  • 肥厚性幽門狭窄症:生後1カ月になってから噴水のように吐きます

    蛇口琢,森井真也子,渡部亮,吉野裕顕

    小児外科   49   35 - 36   2017年01月

    国内共著

  • 先天性頸部唾液腺瘻の1例

    森井 真也子, 蛇口 琢, 渡部 亮, 東 紗弥, 山形 健基, 吉野 裕顕

    日本小児外科学会雑誌   53   1316 - 1319   2017年01月

    国内共著

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • How do lampreys avoid cholestasis after bile duct degeneration.

    1) Morii, M., Mezaki, Y., Yoshikawa, K., Miura, M., Imai, K., Hebuguchi, T., Watanabe, R., Asanuma, Y., Yoshino, H., and Senoo, H. (担当: 共著 )

    INTECH  2011年01月 ISBN: 979-953-307-187-8

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 肝臓星細胞(ビタミン A 貯蔵細胞)の活性化に伴う中間径フィラメントの発現量と局在の変化.

    1) 目崎喜弘,森井真也子,蛇口琢,吉川究,山口典子,三浦光隆,今井克幸,吉野裕顕,妹尾春樹

    ビタミン ( 日本ビタミン学会 )  83   284 - 286   2014年01月

    総説・解説(その他)   国内共著

  • 薬物起因性肝内胆管消失症候群

    森井真也子、目崎喜弘、吉野裕顕、蛇口琢、蛇口達造、妹尾春樹

    別冊日本臨床 肝・胆道系症候群 肝臓編(上) ( 日本臨床 )    276 - 281   2010年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

  • Involvement of apotosis in biliary atresia. BILIARY ATRESIA,

    Morii M, Yoshino, H Hebiguchi T, Mezaki Y, Yamaguchi N, Yoshikawa K, Miura M, Imai K, Senoo H, Hebiguchi T

    Proceedings of the 35th Conference of the Japanese Biliary Atresia Society, ( Kodansha Shuppan Service Center )    2009年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ω3系脂肪酸の肝庇護作用と脂質プロファイル網羅的解析による肝障害の新規治療戦略

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  継続中 

  • 短腸症候群におけるω3系脂肪酸の肝線維化抑制作用

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

  • ω3系脂肪製剤による肝臓星細胞活性抑制の検討 研究課題

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

  • 肝内胆汁鬱滞に対する新たな治療アプローチの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月 

  • 胆道閉鎖症動物モデル-ヤツメウナギの可能性-

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Postoperative Anorectal Motor Function following Transanal Endorectal Pull-through and Duhamel Procedure

    Mayako Moriia, Hiroyuki Kayabab, Taku Hebiguchia, Ryo Watanabea, Kenki Yamagataa, Rie Suganumac, Hiroaki Yoshinoa

    BAPS Congress 2019   2019年07月  -  2019年07月   

  • Reversibility of periductal fibrosis during biliary atresia in the lamprey

    Morii, M., Yoshino, H., Hebiguchi, T., Mezaki, Y., Yamaguchi, N., Yoshikawa, K., Miura, M., Imai, K., Senoo, H., and Hebiguchi, T

    16th International Symposium on Cells of Hepatic Sinusoid  2011年09月  -  2011年09月   

  • Apoptosis in the biliary epitherial cells during metamorphosis of a Japanese lamprey - model system for the human biliary atresia ? -

    Morii, M., Mezaki, Y., Yamaguchi, N. et al.

    The 15th ISCHS meeting  2010年08月  -  2010年09月   

  • Onset of apoptosis in the porta hepatis during metamorphosis of a Japaneselamprey- model system for the human biliary atresia ?

    Morii, M., Yoshino, H., Hebiguchi,T

    43rd Pacific associstionof pediatric surgeons  2010年05月  -  2010年05月   

  • Long-term outcome of high jejunal atresia: wing-shaped end-to-end anastomosis.

    morii,yosshino,hebiguchi ,hebigutchi,yamaguti,yosshikawa, mezaki,imai,miura,senoo,katou

    Congress of Asian Association of Pediatric Surgeons、  2008年11月  -  2008年11月