基本情報 【 表示 / 非表示

小笠原 正剛 (オガサワラ マサタカ)

OGASAWARA Masataka

写真a

所属

大学院理工学研究科  物質科学専攻  応用化学コース

職名

講師

生年月日

1979年01月02日

研究室住所

秋田県秋田市手形学園町1-1

1-1 Tegata Gakuen-machi, Akita City, 010-8502 JAPAN

研究分野・キーワード

無機材料化学

Inorganic Materials Chemistry

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-2445 / +81-18-889-2445

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   物質工学科   2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  鉱山学研究科  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    継続中

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   環境応用化学専攻   講師  

    2013.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Materials-process Engineering and Applied Chemistry Environ   Lecturer

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    継続中

      秋田大学   大学院工学資源学研究科   助教

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    継続中
     

    (一社)触媒学会  日本国

  • 2008年04月
    継続中
     

    (公社)石油学会  日本国

  • 2006年04月
    継続中
     

    (公社)日本化学会  日本国

  • 2002年03月
    継続中
     

    (公社)日本セラミックス協会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 触媒・資源化学プロセス (Catalyst/Resource chemical process)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 田沢湖湖底に堆積する珪藻被殻の形態及び化学構造に関する検討

    布田潔,高見夏基,小笠原正剛,成田修司

    秋田大学大学院理工学研究科研究報告   38   1 - 6   2017年10月

  • Synthesis and reversible oxidation/reduction behavior of delafossite-type CuCr1-xAlxO2

    Sumio Kato, Sho Suzuki, Masataka Ogasawara

    Journal of Materials Science   52 ( 18 )   10718 - 10725   2017年06月

  • Synthesis, Cu incorporation, and deposition behavior of apatite-type LaxCa10-x(PO4)6-x(SiO4)xCuyOz

    Kato, S., Endo, T., Ogasawara, M.

    J. Mater. Sci.   51   6509 - 6516   2016年04月

  • Reversible Incorporation/Deposition Behavior of Cu on Hydroxyl Apatites by Heat Treatment at Elevated Temperatures

    Kato, S., Endo, T., Ogasawara, M.

    Chem. Lett.   44   1518 - 1520   2015年11月

  • Oxygen storage-release behavior of delafossite-type CuCr1-xMxO2 (M = Fe, Ga)

    Kato, S., Kawashima, R., Ogasawara, M.

    J. Mater. Sci.   50   2876 - 2883   2015年01月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 素材工学研究奨励賞

    2010年12月   財団法人素材工学研究会  日本国

    受賞者:  

  • 優秀論文発表賞

    2008年06月   日本素材物性学会  日本国

    受賞者:  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 層状ペロブスカイト型化合物を出発原料とした機能性多孔質材料の開発

    若手研究(B)

    研究期間:

    2007年04月
    2010年03月
     

    層状ペロブスカイト型化合物を出発原料として,新規な多孔質材料の合成を行い,酸-塩基触媒や液相酸化触媒として評価した.その結果,得られたメソ多孔体は,環境低負荷型触媒となることがわかった.本研究により,新しい視点に基づく機能性多孔質材料合成に関する幾つかの知見が得られた.