木村 哲 (キムラ テツ)

KIMURA Tetu

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  麻酔・蘇生・疼痛管理学講座

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

脳保護 吸入麻酔薬

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    筑波大学   医学専門学群   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2016年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   講師  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本臨床麻酔学会

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本ペインクリニック学会

  • 1989年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本麻酔科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ラット一過性前脳虚血モデルにおけるミバゼロール(α2受容体作動薬)の神経保護効果

    Kimura T, Sato M, Nishikawa T, Tanaka M, Tobe Y, Masaki Y

    Acta Anaesthesiologica Scandinavica  49 ( 8 ) 1117 - 1123   2005年09月

    国内共著

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • 挿管困難を契機に発見された気管気管支骨軟骨形成症

    今野 俊宏, 小玉 早穂子, 木村 哲, 新山 幸俊

    日本臨床麻酔学会誌 ( 日本臨床麻酔学会 )  41 ( 2 ) 152 - 155   2021年

    ISSN:0285-4945

    <p>全身麻酔時の気管挿管困難から偶然発見された気管気管支骨軟骨形成症の症例を経験した.急性虫垂炎の66歳女性.麻酔導入後のマスク換気は容易で,喉頭展開で声門部に異常はなかった.内径7.0mmの気管チューブを挿管しようとしたが,声門下に抵抗があり挿管できなかった.マスク換気を続けながら術前CTを確認すると,気管腹側(前面)に径2〜3mmの隆起性病変を認め,これがチューブを進められない原因と推測された.内径6.0mmのチューブを回転させることで挿管できた.手術は行われ,術後精査で気管気管支骨軟骨形成症と診断された.予期せぬ気管狭窄による挿管困難の原因として気管気管支骨軟骨形成症を念頭に置く必要がある.</p>

    DOI CiNii

  • Neutrophil-to-lymphocyte ratio: will it improve outcome prediction after stroke?

    Tetsu Kimura

    Minerva anestesiologica   86 ( 9 ) 901 - 903   2020年09月

    DOI PubMed

  • Nicorandil, a K<inf>ATP</inf> Channel Opener, Attenuates Ischemia–Reperfusion Injury in Isolated Rat Lungs

    Abe K.

    Lung ( Lung )  198 ( 2 ) 315 - 321   2020年04月

    ISSN:03412040

    DOI

  • Effect of lidocaine cream analgesia for chest drain tube removal after video-assisted thoracoscopic surgery for lung cancer: a randomized clinical trial

    Watanabe S.N.

    Regional Anesthesia and Pain Medicine ( Regional Anesthesia and Pain Medicine )  45 ( 1 ) 16 - 21   2020年01月

    ISSN:10987339

    DOI

  • Neuroprotective effects of fasudil, a Rho-kinase inhibitor, in a rat transient forebrain ischemia-reperfusion model

    小玉 早穂子, 木村 哲, 西川 俊昭, 堀口 剛

    蘇生 ( 日本蘇生学会 )  38 ( 2 )   2019年

    ISSN:0288-4348

    <p>ファスジル(Rhoキナーゼ阻害薬)が,ラット一過性前脳虚血モデルで神経・組織学的予後を改善するか調べた。雄SDラットに虚血2日前と前日に生食又はファスジル3,10,30 mg/kgを腹腔内投与した(C,F3,F10,F30)。両頸動脈閉塞+低血圧で前脳虚血とし,10分後再灌流した。3日後の神経スコアはF10がCより有意に良好であった。海馬CA1正常細胞はF3,F10がCにより有意に多かった。海馬CA1TUNEL陽性細胞はF3,F10がCより少なかったが統計的有意差はなかった。ファスジル10 mg/kg前投与は,神経・組織学的予後を改善したが、その効果にアポトーシスは関与しないものと考えられた。</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科研修ノート

    稲田, 英一, 上村, 裕一, 土田, 英昭, 村川, 雅洋 (担当: その他 )

    診断と治療社  2018年12月 ISBN: 9784787824011

    CiNii

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 挿管困難を契機に発見された気管気管支骨軟骨形成症

    今野 俊宏, 小玉 早穂子, 木村 哲, 新山 幸俊

    日本臨床麻酔学会誌 ( 日本臨床麻酔学会 )  41 ( 2 ) 152 - 155   2021年03月

    未設定

    全身麻酔時の気管挿管困難から偶然発見された気管気管支骨軟骨形成症の症例を経験した.急性虫垂炎の66歳女性.麻酔導入後のマスク換気は容易で,喉頭展開で声門部に異常はなかった.内径7.0mmの気管チューブを挿管しようとしたが,声門下に抵抗があり挿管できなかった.マスク換気を続けながら術前CTを確認すると,気管腹側(前面)に径2〜3mmの隆起性病変を認め,これがチューブを進められない原因と推測された.内径6.0mmのチューブを回転させることで挿管できた.手術は行われ,術後精査で気管気管支骨軟骨形成症と診断された.予期せぬ気管狭窄による挿管困難の原因として気管気管支骨軟骨形成症を念頭に置く必要がある.(著者抄録)

  • ラット一過性前脳虚血再灌流モデルにおけるRhoキナーゼ阻害剤であるファシジルの神経保護効果

    小玉早穂子, 木村哲, 西川俊昭, 堀口剛

    蘇生(Web)   38 ( 2 )   2019年

    未設定

    J-GLOBAL