福本 倫久 (フクモト ミチヒサ)

FUKUMOTO Michihisa

写真a

所属

大学院理工学研究科  附属革新材料研究センター 

研究分野・キーワード

高温酸化・高温腐食・表面処理・溶融塩

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    秋田大学   鉱山学部   物質工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年10月

    北海道大学  工学系研究科  分子化学専攻  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属革新材料研究センター   准教授  

  • 2015年04月
    -
    2022年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   材料工学専攻   准教授  

  • 2001年10月
    -
    2015年03月

    秋田大学   工学資源学部   講師  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    腐食防食学会

  • 1999年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本鉄鋼協会

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Fe-低SiおよびNi合金の高温酸化に及ぼす水蒸気添加の影響に関する研究

    福本倫久

      2005年03月

    国内共著

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation of Si Diffusion Layer on Fe and Fe–Cr Alloy and High-Temperature Corrosion Resistance in a Molten Salt

    Fukumoto M. Nakajima K. Sakuraba T.

    Oxidation of Metals ( Oxidation of Metals )  97   401 - 415   2022年  [査読有り]

    ISSN:0030770X

    国内共著

    DOI

  • Porous Ni–Co surface formation and analysis of hydrogen generation by gas sensor

    Nakajima K.

    International Journal of Hydrogen Energy ( International Journal of Hydrogen Energy )  46 ( 52 ) 26263 - 26271   2021年07月  [査読有り]

    ISSN:03603199

    DOI

  • Formation of porous stainless steel surface by Al electrodeposition and dissolution in the molten salt and sliding properties

    Nakajima K.

    ISIJ International ( ISIJ International )  61 ( 3 ) 945 - 952   2021年03月  [査読有り]

    ISSN:09151559

    DOI

  • Formation of Porous Stainless Steel Surface by Al Electrodeposition and Dissolution in the Molten Salt and Sliding Properties

    Nakajima Kano, Yamada Takayuki, Fukumoto Michihisa

    ISIJ International ( 一般社団法人 日本鉄鋼協会 )  61 ( 3 ) 945 - 952   2021年

    ISSN:0915-1559

    <p>A porous surface layer was formed by Al electrodepositing and Al dissolving on the surface of stainless steel using molten salt. Furthermore, the relationship between the morphology of the alloy layer produced by Al electrodeposition and the porous layer was clarified. As a result, Fe aluminide with high Al concentration was formed on the surface by lowering the Al electrodeposition potential. Then, in order to investigate the dissolution behavior of Al, the anodic polarization curves of the Al electrodeposited sample and the untreated sample were measured. An increase in the anode current was observed from around −1.2 V in the Al electrodeposited sample. On the other hand, an increase in the anode current was observed from around −0.8 V for the untreated sample. Therefore, the dissolution experiment was performed at −0.9 V, where Al dissolution occurs and SUS304 dissolution does not occur. The lower the potential during Al electrodeposition, the thicker the porous layer with higher porosity formed. As a result of point analysis of the composition of the porous layer, it was recognized to be an austenite phase having a lower Cr concentration than untreated SUS304. It is considered that Fe remains in the porous layer as Al is dissolved and that Fe diffuses at high temperature to form a porous layer. Thus, the sliding characteristics of the stainless steel with the porous layer and the untreated stainless steel were evaluated. The porous sample showed better characteristics than the untreated sample.</p>

    DOI

  • Formation of porous Ni surface by electrodeposition and dissolution in molten salt

    Fukumoto M.

    International Journal of Hydrogen Energy ( International Journal of Hydrogen Energy )  45 ( 53 ) 28252 - 28259   2020年10月  [査読有り]

    ISSN:03603199

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 溶融塩電析法による耐酸化Niアルミナイド・コーティング膜の形成

    福本倫久,原 基

    材料と環境 ( 腐食防食学会 )  61   80 - 84   2012年03月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

  • 溶融塩電析法における活性金属を含むNiアルミナイドのコーティング

    2. 原 基,福本倫久

    高温学会誌 ( 高温学会誌 )  37 ( 5 ) 229 - 234   2011年09月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

  • 溶融塩電析による耐酸化性コーティング

    1. 原 基,福本倫久

    表面技術 ( 表面技術 )  58 ( 7 ) 384 - 388   2007年02月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会 論文賞

    2016年09月21日   日本金属学会  

    受賞者:  福本倫久,佐藤勇気,原基

  • 論文賞

    2015年09月21日   日本金属学会  

    受賞者:  福本倫久,櫻庭拓也,原 基,金児紘征

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 溶融塩を媒体とした電析と溶解法による多孔質Niの作製

    杉内一彦,福本倫久,原 基

    日本素材物性学会平成30年度年会  (秋田)  2018年06月  -  2018年06月    日本素材物性学会

  • ガスセンサーを用いたFeおよびFe-Cr合金の昇温過程中における水蒸気酸化挙動の検討

    福本倫久,赤堀昂太,原 基

    日本金属学会春季講演大会  2018年03月  -  2018年03月   

  • 溶融塩を媒体とした電析と溶解法による多孔質ステンレス鋼表面の創製

    山田貴之,福本倫久,原 基,土井教史

    日本金属学会春季講演大会  2018年03月  -  2018年03月   

  • 溶融塩を媒体とした電析と溶解法による多孔質Fe表面の創製

    山田貴之,福本倫久,原 基

    日本金属学会東北支部研究発表会  2017年11月  -  2017年11月   

  • Preparation of LaNi5 Layers By Electrodeposition Using Molten Salt and Anodic Polarization Characteristics after Hydrogen Charge

    Yuya SUDO, Naka SATO, Michihisa FUKUMOTO and Motoi HARA

    ICMR 2017  2017年10月  -  2017年10月   

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度腐食防食学会東北支部奨励賞

    2018年03月   腐食防食学会東北支部  

  • 平成29年度日本金属学会東北支部研究発表会優秀学生ポスター賞

    2017年11月   日本金属学会東北支部