藤原 克哉 (フジワラ カツヤ)

FUJIWARA Katsuya

写真a

所属

大学院理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  人間情報工学コース 

ホームページ

http://researchmap.jp/fujiwara

研究分野・キーワード

ヒューマンインターフェース・インタラクション,ソフトウェア,計算機システム・ネットワーク

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    明治大学   理工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    明治大学  理工学研究科  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 明治大学 -  博士(工学)

  • 明治大学 -  修士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   人間情報工学コース   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   先進ヘルスケア工学院   准教授  

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同ライフサイクルデザイン工学専攻   准教授  

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同ライフサイクルデザイン工学専攻   講師  

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同ライフサイクルデザイン工学専攻   助教  

全件表示 >>

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

      明治大学   理工学部   専任助手(研究者養成型助手)

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2002年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    IEEE Computer Society

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    電子情報通信学会

  • 1996年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    情報処理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム

  • ソフトウェア

  • ヒューマンインタフェース・インタラクション

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • インターネット環境におけるアプリケーション開発技法に関する研究

    藤原 克哉

      2002年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a Roadway-Crossing simulator for actual walking and evaluation of pedestrian behavior

    Yuta Uchibori, Naoto Handa, Katsuya Fujiwara, Kazutaka Mitobe

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering     2021年08月

    ISSN:1931-4973

    国内共著

    Pedestrians accounted for 36.6% of traffic accident fatalities in Japan (2019). Elderly pedestrians are often involved in such accidents while crossing a road. In order to investigate the characteristics of pedestrians who are prone to such accidents, we developed a ‘Roadway-Crossing Simulator for actual walking’. The simulator projects a virtual traffic environment that is accurately reproduced in size and shape by eight projectors on 8.0-m-wide screens placed on both sides of a pedestrian. The simulator can motion-capture the head, center of the scapula, and hips of a crossing pedestrian. In this study, we measured and analyzed the crossing behaviors of 10 young and 20 elderly people in a 7.5-m section from a roadside zone before entering the road to the other end of the crosswalk. We report from this virtual traffic scenario the ‘Traffic accident incidence rate’, ‘Walking speed’, ‘Distance to pedestrians and vehicles’, ‘Inter-vehicle selection ratio’ and ‘Elapsed time at roadside zone and roadway’. © 2021 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI

  • Development of a VR Simulator for Training of Posterior Cervical Spine Fusion Surgery

    Katsuya FUJIWARA, Tomoya OIKAWA, Yoshinori ISHIKAWA, Kazutaka MITOBE

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering ( IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering )  15 ( 8 ) 1242 - 1243   2020年08月  [査読有り]

    ISSN:19314973

    国内共著

    It is important to avoid iatrogenic injuries of nerves and blood vessels during the pedicle screw insertion stage of posterior cervical spine decompression and fusion surgery. First, it is necessary to determine the length and angulation of the pedicle screws for safety and stability. Second, it is necessary to drill precise preparation holes for the pedicle screws using a pedicle probe. In this work, we developed a VR training system for pedicle screw planning and basic drilling skills. The VR system was built with a pen-style haptic device and a head-mounted display. Trainees used the haptic pen as a virtual pedicle probe. In order to simulate bone hardness and stress accumulation at the virtual pedicle probe tip in the virtual surgery, we developed a voxel-based bone drilling simulator. To reduce the heavy load required for voxel processing, the simulator was constructed as a hybrid system that included a removal volume voxel model for drilling areas and a fixed polygonal mesh model for other areas. 3D models of a cervical spine were generated from CT scan images of a patient. This paper evaluated the system through a subjective evaluation by a specialist and via the training results for novice trainees. We discuss the evaluation results and training effectiveness with the simulator. (c) 2020 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI

  • Universal Testing for Linear Feed-Forward/Feedback Shift Registers

    Hideo FUJIWARA, Katsuya FUJIWARA, Toshinori HOSOKAWA

    IEICE Transactions on Information and Systems ( The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers )  E103D ( 5 ) 1023 - 1030   2020年05月  [査読有り]

    ISSN:09168532

    国内共著

    <p><i>Linear feed-forward/feedback shift registers</i> are used as an effective tool of testing circuits in various fields including built-in self-test and secure scan design. In this paper, we consider the issue of testing linear feed-forward/feedback shift registers themselves. To test linear feed-forward/feedback shift registers, it is necessary to generate a test sequence for each register. We first present an experimental result such that a commercial ATPG (automatic test pattern generator) cannot always generate a test sequence with high fault coverage even for 64-stage linear feed-forward/feedback shift registers. We then show that there exists a <i>universal</i> test sequence with 100% of fault coverage for the class of linear feed-forward/feedback shift registers so that no test generation is required, i.e., the cost of test generation is zero. We prove the existence theorem of universal test sequences for the class of linear feed-forward/feedback shift registers.</p>

    DOI

  • Feature Extraction of Mild Cognitive Impairment Using a Dual-Task of Drawing and Counting Test

    Katsuya FUJIWARA, Hidenori KANO, Kazutaka MITOBE

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics ( Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics )  23 ( 5 ) 874 - 882   2019年09月  [査読有り]

    ISSN:13430130

    国内共著

    From the perspective of preventive care, a monitoring function that detects a decline in cognitive function would be useful as an information and communications technology (ICT) based service for watching over elderly people. We developed a system that evaluates cognitive functioning by simultaneously measuring dual tasks using a tablet computer. The tasks comprised a spiral drawing task and a color change counting task. The objective of this research is feature extraction of mild cognitive impairment (MCI) using this system. To do so, we compared the results of dual task tests for three participant groups: elderly people with suspected MCI, healthy elderly people, and healthy young people. The analyses were based on the amount of time required for drawing each section and the drawing velocity. The results indicate a significant difference between the MCI elders and the other two groups regarding the amount of time required for drawing the section close to the center of the spiral if the difficulty of the test’s sub-task is adjusted.

    DOI

  • Proposal of Improvement of Contact Force Visualization in Soldering Training VR System

    Katsuya FUJIWARA, Hideaki MIYAJIMA, Kazutaka MITOBE

    The Eighth International Conference on Materials Engineering for Resources (ICMR2017 AKITA)     412 - 414   2017年10月  [査読有り]

    国内共著

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • JavaによるWebアプリケーション入門 -サーブレット・JSP・Struts-(共著)

    中所 武司, 藤原 克哉 (担当: 共著 )

    サイエンス社  2005年02月 ISBN: 4-7819-1084-X

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高分解能手指用MoCapを用いた段階的詳細化モデルによる指先接触力推定手法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2022年04月  -  2025年03月 

  • 高分解能手指用MoCapによる指先接触力の多階調推定手法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  藤原克哉

  • 高分解能手指用MoCapによる指先の接触力推定手法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  藤原克哉

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 軽度認知障害評価のための渦巻き描画課題を用いた進捗角度別描画ずれの解析と組み合わせ判定法の提案

    松橋 賢汰, 藤原 克哉, 水戸部 一孝

    令和3年度 情報処理学会東北支部研究会  (東北学院大学)  2022年01月  -  2022年01月    情報処理学会

  • 椎骨穿孔機能およびスクリュー刺入経路可視化機能を備えた頚椎後方除圧固定術のためのVR 訓練用シミュレータの開発

    佐藤光喜, 藤原克哉, 木村竜太, 宮腰尚久, 水戸部一孝

    2021年度情報処理学会東北支部研究会;Vol.2021-akita No.9 pp.1-9  (秋田大学)  2021年12月  -  2021年12月    情報処理学会

  • 歩行環境シミュレータおよびVRドライビングシミュレータによる無信号道路の横断行動の研究

    木村十夜, 藤原克哉, 水戸部一孝

    2021年度情報処理学会東北支部研究会;Vol.2021-akita No.8, pp.1-8  (秋田大学)  2021年12月  -  2021年12月    情報処理学会

  • 自転車運転シミュレータによる車道右折横断時の運転行動の検証

    佐々木陽, 藤原克哉, 水戸部一孝

    第57回日本交通科学学会学術講演会;G3-1  2021年10月  -  2021年10月    日本交通科学学会

  • MR技術を用いた採血訓練シミュレータ開発のための刺入角度のリアルタイムフィードバック機能の検討

    伊藤晶, 齋藤正親, 菊池由紀子, 工藤由紀子, 佐々木真紀子, 藤原克哉, 水戸部一孝

    第26回日本バーチャルリアリティ学会大会  2021年09月  -  2021年09月    日本バーチャルリアリティ学会

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本交通科学学会若手優秀講演発表賞

    2020年08月   日本交通科学学会  

    受賞者: 山口祥生 他

    演題名「視線計測可能なドライビングシミュレータを活用した運転者遠隔モニタリング手法の検討」

  • 第二十回ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞

    2019年02月   ヒューマンインタフェース学会  

    受賞者: 及川智也,藤原克哉,齋藤正親,石川慶紀,水戸部一孝

    発表題目:椎弓根スクリューを使用する頚椎後方除圧固定術のためのVR穿孔シミュレータの開発

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2023年03月
      理工学研究科情報システム管理委員会委員長   (所属部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2023年03月
      情報システム管理専門委員会   (全学委員会)

  • 2020年04月
    -
    2021年03月
      理工学研究科情報教育用電子計算機システム仕様策定委員会   (所属部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
      理工学研究科附属ものづくり創造工学センター運営委員会(LCD)   (所属部局内委員会)

  • 2016年04月
    -
    継続中
      理工学研究科情報システム管理委員会(HC・LCD)   (所属部局内委員会)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    ヒューマンインターフェース学会   論文編集委員

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本交通科学学会   第51回日本交通科学学会総会・学術講演会実行委員

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本交通科学学会   第51回日本交通科学学会総会・学術講演会事務局長

  • 2009年04月
    -
    2009年12月

    SMERJ   Steering Committee Member, ICMR2009

  • 2005年04月
    -
    2005年12月

    SMERJ   Steering Committee Member, ICMR2005

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • コンピュータとスイッチ 対称美〜排他的論理和の世界〜

    秋田大学 

    2020年10月
     
     

  • 私たちの暮らしを変えるIoTとソフトウェア開発技術

    秋田大学  平成29年度第2回秋田大学公開講座 

    2017年10月