眞壁 幸子 (マカベ サチコ)

MAKABE Sachiko

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究分野・キーワード

「整形外科看護」「看護師のQOL]「クリティカルシンキング」

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年08月

    ロンドンサウスバンク大学   看護学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2015年03月

    大阪大学  医学研究科  看護学  博士課程  修了

  •  
    -
    2009年09月

    秋田大学  医学系研究科  看護学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(看護学)

  • 秋田大学 -  修士(看護学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   教授  

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   准教授  

  • 2018年09月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   准教授  

  • 2015年04月
    -
    2018年08月

    秋田大学   医学部   保健学科   講師  

  • 2006年04月
    -
    2015年03月

    秋田大学   助教  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本がん看護学会

  • 2017年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本混合研究法学会

  • 2013年02月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    East Asian Forum of Nursing Scholars

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本看護学教育学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本看護研究学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 理美容院プロジェクト

    国際共同研究  

    研究期間:

    2016年05月
    -
    継続中

    研究態様:国際共同研究

  • 洗髪用使い捨て紙製品の設計・製造技術に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間:

    2015年05月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

  • 人工股関節患者のライフスタイルの違いや豪雪寒冷地による影響と対策ツールの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2014年04月
    -
    継続中

    研究態様:国際共同研究

  • 看護師のワークライフバランス~アジア諸国との比較~

    その他の研究制度  

    研究期間:

    2013年02月
    -
    継続中
  • 身体活動量尺度(SQUASH)の開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2011年09月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高齢者に対する日本語版身体活動量尺度の開発および人工股関節全置換術患者における和式ライフスタイルとQuality of Lifeとの関連について

    眞壁幸子

      2015年03月

    単著

  • 看護教育におけるクリティカルシンキング育成効果の検討

    眞壁幸子

      2009年09月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • CLIMB® Program Evaluation of Quality of life, the Stress Response, Self Esteem in Children Whose Parent Has Cancer: Pilot Study

    Yuko Akagawa, Hideaki Andoh, Tomoko Ito, Mai Narita, Kaori Osawa, Sue P. Heiney, Sachiko Makabe

    Global Journal of Health Science ( Canadian Center of Science and Education )  14 ( 9 ) 15 - 15   2022年08月

    ISSN:1916-9736

    Children with a parent who has cancer express fears about cancer contagion, parental death and security of their life. CLIMB® (Children’s Lives Include Moments of Bravery) is a support program to improve children’s ability to cope with their parent’s cancer. This pilot study aims to describe the emotional impact of CLIMB® on children with a parent who has cancer. The elementary school version of QOL (Quality of life), the SRS-C (Stress Response Scale for Children), Self Esteem, and satisfaction were evaluated.

    Participants were seven children (three girls, four boys). All participants were satisfied with CLIMB®. The QOL scores significantly increased from 79.9 (SD, 19.1; median, 86.7) points before the intervention to 85.1 (SD, 15.7; median, 90.0) points after the intervention, indicating an improvement in the QOL (p=0.046). Subscale was no significant difference according to sex. In the SRS-C scores no item showed significant differences in the pre- and post-intervention scores. The total score had decreased, indicating a decrease in the stress response. The boys showed a slight increase in the scores on the physical state subscale. The self-esteem scale scores were difference between the pre- and post-intervention scores increased significantly for the total score (p=0.028) and the subscales of “self in relationships” (p=0.042) and “self-assertion and self-determination” (p=0.038).

    During CLIMB®, children received accurate cancer knowledge; and valued sharing their feelings among others who are in the same situation. Children were highly satisfied with the program, although small changes were seen in QOL and stress.

    DOI

  • Evaluating a frailty education program implemented through barbershops/salons in Japan: A preliminary study

    Sachiko Makabe, Katsuya Fujiwara, Yu Kume, Midori Kaga, Nobuko Munemura, Shoko Kemuyama, Kazutaka Mitobe

    SN Social Sciences ( Springer Science and Business Media LLC )  2 ( 5 )   2022年05月

    DOI

  • 混合研究法の認知度・活用状況と研究実践上の課題ー看護学研究者を対象とする実態調査からー

    抱井尚子, 八田太一, 阿部路子, 大河原知嘉子, 眞壁幸子, 福田美和子, 野崎真奈美, 亀井智子

    Aoyama Journal of International Studies   9   93 - 121   2022年

  • Challenge and hope for parents who have cancer

    Yuko Akagawa, Sachiko Makabe, Tomoko Ito, Yutaka Kimura, Hideaki Andoh

    International Journal of Science and Research Archive ( GSC Online Press )  3 ( 1 ) 136 - 147   2021年08月

    Parents who have cancer face particular problems in their relationships with children. This study aims to clarify 1) the current status of challenge/hope in parental cancer, 2) the factors related to challenge/hope, and 3) the relationship between challenge/hope and QOL/stress-coping ability. Cross-sectional national survey was conducted at designated cancer hospitals in Japan. Participants were undergoing cancer treatment and have children under 18 years old. The questionnaire included demographic data, QOL, ability to cope with stress, and challenge/hope. From 11 hospitals, 54 patients (response rate: 79.4%) participated. Majority of participants were female (72.2%) with the mean age of 39.3 ± 5.3 (SD). The total score was QOL (FACT-G: 50.4 ± 16.2), stress-coping ability (SOC: 46.7 ± 10.4). The main challenges were an inability to fulfill the parental role and children’s mental suffering due to loneliness. The main aspects of hope were the value of the children’s present self, being a parent, and strengthening family bonds. Gender and disease duration were significantly related with challenge/hope. Challenge was significantly related with QOL/stress-coping ability. Parents who have cancer derive hope from their relationship with their children, although they feel a gap between their ideal role/value as a parent and their current status.

    DOI

  • Reliability and validity of the electronic version of the short questionnaire to assess health-enhancing physical activity (E-SQUASH)

    Sachiko Makabe, Hidetomo Saito, Katsuya Fujiwara, Yu Kume, Yuko Akagawa, Wanda Wendel-Vos, Kazutaka Mitobe

    International Journal of Science and Research Archive ( GSC Online Press )  2 ( 1 ) 039 - 046   2021年02月

    The Short Questionnaire to Assess Health-enhancing Physical Activity (SQUASH) measures physical activity. This is a paper-and-pencil assessment. An electronic version of this scale, namely, the E-SQUASH, was developed to address the limitations of the paper-and-pencil version (e.g., missing data, time-consuming data entry processes, delay in sending feedback) and facilitate the handling of population data. This was a scale validation study. The test-retest reliability of the scale was examined the reproducibility of its scores. The consistency between the scores yielded by the E-SQUASH and paper-and-pencil version of the scale was examined. A total of 104 university students (response rate: 77%) participated. Regarding reproducibility, the two sets of total activity scores were strongly correlated (r = 0.68, p < 0.01), and the 95% CI (0.56–0.78) was adequate. There was a high level of consistency between the total activity scores that were yielded by the two versions of the scale (Intraclass correlation coefficient = 0.87). In this study, the reliability and validity of the E-SQUASH were established among university students. Further research is needed to convert this system into an application and translate its contents into different languages as well as across other age groups.

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • がん治療中の親が子どもとの関わりにおいて抱く困難と希望 親の語りに焦点を当てて

    赤川 祐子, 眞壁 幸子, 伊藤 登茂子, 安藤 秀明

    日本看護学会論文集: ヘルスプロモーション ( 日本看護学会 )  ( 50 ) 147 - 150   2020年04月

    未設定

    がん診療連携拠点病院で治療中の患者で18歳未満の子どもをもつ5名(男性1名、女性4名)に聞き取り調査を行い、子どもがいることで「困難を感じたこと」「希望を感じたこと」について聴取し、それぞれカテゴリー化した。結果、困難を感じたことは【自分のせいで子どもに負担を与えている】【治療によりいつも通りの生活ができなくなる】【子どもとの心の距離が離れてしまう】【子どもにとって良くない状況を想像して辛い】【子どもにとって良い親でいられない】【子どもの将来への不安】というカテゴリーに分けられた。希望を感じたことは【親としての在り方が治療に向かう気持ちを支える】【子どもを育てる責任感を感じる】【子どもと日常生活を過ごす】【子どもの成長を感じる】【子どもが自分の存在価値を取り戻してくれる】に分けられた。

  • 放射性ヨード内用療法を受けた患者の退院後生活での不安

    遠田 美香子, 渡部 翔子, 田邉 真弓, 大森 美香, 眞壁 幸子

    日本放射線看護学会学術集会講演集 ( (一社)日本放射線看護学会 )  8回   115 - 115   2019年08月

    未設定

  • 18歳未満で家族をがんで亡くした看護学生の思い

    西野 千賀, 赤川 祐子, 眞壁 幸子

    Palliative Care Research ( (NPO)日本緩和医療学会 )  14 ( Suppl. ) S345 - S345   2019年06月

    未設定

  • 地域の理美容師におけるがん患者への理美容技術・サービス提供の実態

    高階 淳子, 眞壁 幸子, 今野 麻衣子, 煙山 晶子, 安藤 秀明

    Palliative Care Research ( (NPO)日本緩和医療学会 )  14 ( Suppl. ) S373 - S373   2019年06月

    未設定

  • がんの親をもつ子どもへの支援 CLIMBプログラムアシスタント養成講座の教育効果

    赤川 祐子, 眞壁 幸子, 利 緑, 伊藤 登茂子, 安藤 秀明

    日本看護学会論文集: ヘルスプロモーション ( 日本看護学会 )  ( 49 ) 95 - 98   2019年03月

    未設定

    平成29年6〜7月にがんの親を持つ子どもへの支援に関する「アシスタント養成講座」を受講した医療者・医療系学生を対象に、がんの親をもつ子どもへの支援として、米国において開発されたプログラムであるChildren's Lives Include Moment of Braver(CLIMB)プログラムアシスタント養成講座の教育効果について検討した。3回の講座すべてを受講した12名(性別:男性1名、女性11名、職種:看護師7名、臨床心理士2名、医療系学生3名)に質問紙調査を実施し、全員から回答が得られた。質問紙調査の結果、実践現場への還元や、支援の認識と知識はCLIMBプログラム後3回受講後に向上し、プログラムの教育効果はあったと考えられた。今後は、支援の具体策に関する学習の継続が必要であり、支援の浸透のためには「子どもに関わる全ての職種への啓発」と「多職種のサポート体制を構築すること」が重要であることが示唆された。

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 洗髪用吸収パッド及び洗髪用吸収パッドセット

    特許

    審査請求有無:なし

    特願 特願2017‐087575  特許 特願2017‐087575

    出願日: 2017年04月26日

    登録日: 2019年12月01日

    眞壁幸子,今野笑子,須田菜那,池田弥生,白川秀子,前田勝司,永谷はるみ,安藤賢治

  • 洗髪用吸収パッドセット

    特許

    審査請求有無:なし

    特願 特願2017‐087576  特開 特願2017‐087576  特許 特願2017‐087576

    出願日: 2017年04月26日

    公開日: 2017年04月26日

    登録日: 2019年01月01日

    眞壁幸子,今野笑子,須田菜那,池田弥生,白川秀子,前田勝司,永谷はるみ,安藤賢治

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人工股関節患者のライフスタイルの違いや豪雪寒冷地による影響と対策ツールの開発研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月 

  • 人工股関節・膝関節患者の経年的QOL評価の集積と再置換予防に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

  • 寒冷地における人工股関節全置換術を受ける患者のQOLの検証

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • タイランドおよび日本における高齢者が健康に生きるための美容院・理容院を用いた情報交換プラットフォーム開発のための要素技術の検討

    提供機関:  民間財団等  トヨタ財団 2015年度研究助成プログラム

    研究期間: 2016年04月  -  継続中 

    資金支給機関区分:民間財団等

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 洗髪用使い捨て紙製品の設計・製造技術に関する研究

    提供機関:  花王株式会社 サニタリー研究所  民間企業  その他

    研究期間:  2015年05月  -  継続中 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • International Competency of Nursing Students Following Virtual Exchange Program: Digital Convergent Mixed Methods Research

    Sachiko Makabe, Tomomi Suda, Ni Luh Putu Dewi Puspawati, Anak Agung Istri Dalem Hana Yundari, Piyaorn Wajanatinapart, Lisa Kerckhof, and Suparpit Maneesakorn von Bormann

    MMIRA Global Conference 2022  2022年08月  -  2022年08月   

  • Developing Disposable Hair Washing Pad for Bedridden Patients Using Mixed Methods Research

    Sachiko Makabe, Katsushi Maeda, Sayaka Izumori, Emiko Konno, Yayoi Sato, Nana Yoshioka, Hideko Shirakawa, Kenji Ando

    The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science  2020年02月  -  2020年02月   

  • “Challenge” in which parents having cancer tell their children about their cancer: literature review

    Yuko Akagawa, Airi Kataoka, Sachiko Makabe, Tomoko Ito, Hideaki Andoh

    23rd East Asian Forum of Nursing Scholars  2020年01月  -  2020年01月   

  • Evaluating a frailty education program at barber/hairdresser shops in Japan

    Sachiko Makabe, Katsuya Fujiwara, Yu Kume, Midori Kaga, Nobuko Munemura, Syoko Kemuya, Kazutaka Mitobe

    23rd East Asian Forum of Nursing Scholars  2020年01月  -  2020年01月   

  • 海外出身の医療系学生が実習中に経験する困難と学び

    上木公美,武田里英,眞壁幸子

    2019 国際混合研究法学会アジア地域会議  2019年09月  -  2019年09月   

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2105年03月
     
     

    国際シンポジウム(報告書)第1回秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻主催「どうなっているの?看護師のワークライフバランス」

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
     
     

    シンガポール国立大学博士後期課程 大学院生研修受け入れに関する報告書

  • 2015年05月
    -
    継続中

    Webclassを用いた授業

  • 2015年04月
    -
    継続中

    Aクラス副担任、留学生担当

  • 2015年03月
     
     

    国際シンポジウム(報告書)第1回秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻主催「どうなっているの?看護師のワークライフバランス」

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
     
     

    日本看護科学学会   演題査読、座長、実行委員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本混合研究法学会   実行委員、海外ネットワーク担当

  • 2016年03月
     
     

    East Asian Forum of Nursing Scholars   演題査読、評価委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 看護の実際&看護師に求められるもの

    2013年08月
     
     

  • 急性期・周手術期看護の魅力~フィジカルアセスメントをとおして~

    2012年08月
     
     

  • こころとからだの健康について「足湯とストレッチ」

    2012年07月
     
     

  • 臨床看護におけるクリティカルシンキングの必要性

    2008年10月
     
     

  • 平成20年度秋田大学講座

    2008年04月