山崎 正和 (ヤマザキ マサカズ)

YAMAZAKI Masakazu

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  細胞生物学講座

研究分野・キーワード

細胞生物学、発生学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    横浜市立大学   文理学部 理科 生物課程   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    東京工業大学  生命理工学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   准教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Conserved Discs-large Binding Partner Banderuola Regulates Asymmetric Cell Division in Drosophila.

    Federico Mauri, Ilka Reichardt, Jennifer L. Mummery-Widmer, Masakazu Yamazaki and Juergen A. Knoblich

    Current Biology     2014年08月  [査読有り]

    国内共著

  • Dachsous-dependent asymmetric localization of Spiny-legs determines planar cell polarity orientation in Drosophila.

    Tomonori Ayukawa, Masakazu Akiyama, Jennifer L. Mummery-Widmer, Thomas Stoeger, Junko Sasaki, Juergen A. Knoblich, Haruki Senoo, Takehiko Sasaki and Masakazu Yamazaki

    Cell Reports     2014年07月  [査読有り]

    国内共著

  • Genome-wide analysis of Notch signalling in Drosophila by transgenic RNAi.

    *Jennifer L. Mummery-Widmer, *Masakazu Yamazaki (*co-first author), Thomas Stoeger, Maria Novatchkova, Doris Chen, George Dietzl, Barry J. Dickson and Juergen A. Knoblich

    Nature     2009年04月  [査読有り]

    国内共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 組織の力学的基盤を司る第三のPCP制御グループを介した新たなPCP調節機構の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  山崎正和

  • 平面内細胞極性の向きを逆転させる未知の機構の解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  山崎正和

  • 細胞数によって細胞集団の振る舞いが異なる現象を数理モデルと実験から理解する

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  山崎正和

  • 位置情報に対する細胞集団の向きを変換する機構

    若手研究(A)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  山崎正和

  • 組織構築における細胞極性制御ロジックの解明

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  山崎正和

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞集団移動が駆動する体毛のコーミング機構の解明

    提供機関:  文部科学省  戦略的創造研究推進事業

    研究期間: 2020年11月  -  2024年03月  代表者:  山崎正和

    資金支給機関区分:文部科学省