網田 和宏 (アミタ カズヒロ)

AMITA Kazuhiro

写真a

所属

大学院理工学研究科  システムデザイン工学専攻  土木環境工学コース 

研究分野・キーワード

水資源・地表環境学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    高知大学   理学部   地学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   土木環境工学コース   助教  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属理工学研究センター   助教  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   附属理工学研究センター   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水資源・地表環境学

  • 環境影響評価

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 白神山地の白神山地の窒素飽和に関する基礎的研究

    (選択しない)  

    研究期間:

    2013年04月
    -
    継続中

    研究態様:機関内共同研究

    研究課題概要

    近年,森林域における窒素飽和が各地で問題視されるようになってきた.これは,酸性雨を通して森林域にもたらされる人為起源の窒素化合物によって引き起こされているものと考えられており,新しい環境問題として認識されている. 本研究課題では,世界遺産地域である白神山地をフィールドに水文学的調査を実施し,その環境動態を把握することで,現在の白神山地における窒素飽和の進行状況に関するデータを入手することを主目的としている.

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 火山地域から放出される噴気ガスの形成機構に関する研究

    網田和宏

      2003年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 焼岳火山の噴気の化学・同位体組成

    齋藤武士,澤村俊,田村理納,関普,網田和宏,三島壮智,大沢信二

    火山   64 ( 1 ) 1 - 9   2019年03月  [査読有り]

    国内共著

  • 空間線量計を用いた岩石の放射線量の簡易測定法と骨材の放射線量評価

    今井忠男,網田和宏,木崎彰久,石倉広大,杉本文男

    建設用原材料   25 ( 1 ) 1 - 8   2017年09月  [査読有り]

    国内共著

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 温泉と地球科学 第2章 沈み込むプレートにたどり着く温泉

    網田和宏 (担当: 単著 )

    ナカニシヤ出版  2016年09月 ISBN: 978-4-7795-1094-6

  • 温泉科学の新展開 第4章 噴気孔ガスの形成機構

    網田和宏 (担当: その他 )

    ナカニシヤ出版  2004年04月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境同位体を用いた大気効果物由来窒素による白神山地への影響に関する研究

    提供機関:  民間財団等  クリタ水・環境科学振興財団助成

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

    資金支給機関区分:民間財団等