網田 和宏 (アミタ カズヒロ)

AMITA Kazuhiro

写真a

所属

大学院理工学研究科  システムデザイン工学専攻  土木環境工学コース 

研究分野・キーワード

水資源・地表環境学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    高知大学   理学部   地学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   土木環境工学コース   助教  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属理工学研究センター   助教  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   附属理工学研究センター   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水資源・地表環境学

  • 環境影響評価

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 白神山地の白神山地の窒素飽和に関する基礎的研究

    (選択しない)  

    研究期間:

    2013年04月
    -
    継続中

    研究態様:機関内共同研究

    研究課題概要

    近年,森林域における窒素飽和が各地で問題視されるようになってきた.これは,酸性雨を通して森林域にもたらされる人為起源の窒素化合物によって引き起こされているものと考えられており,新しい環境問題として認識されている. 本研究課題では,世界遺産地域である白神山地をフィールドに水文学的調査を実施し,その環境動態を把握することで,現在の白神山地における窒素飽和の進行状況に関するデータを入手することを主目的としている.

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 火山地域から放出される噴気ガスの形成機構に関する研究

    網田和宏

      2003年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 田沢湖における水収支と水質改善に関する検討

    大八木 英夫, 知北 和久, 網田 和宏, 藤井 智康

    日本地理学会発表要旨集 ( 公益社団法人 日本地理学会 )  2020 ( 0 )   2020年

    <p>1940年以前の田沢湖のpHは6.7であり,固有種・クニマスをはじめとした水産資源が得られる貴重な水域であった。しかし,戦時下の国策として日本有数の農業地域である仙北平野への農業用水の確保や電力開発への開発のために, pH 1.2の温泉水が玉川源流部にあたる玉川の水を田沢湖への導水させたことにより,湖水はpH 4.6まで低下したとされる。このように水文環境が,元来,湖への入ることなかった河川水の導水事業などがおこなわれたことに起因して,湖水は酸性化しクニマスをはじめ多くの生物が絶滅し,明治期から現在までに水文環境や生態系が大きく変貌した。1991年4月には玉川中和処理施設の稼働し,処理された河川水が田沢湖に導水され,湖心表層のpHも5.8程度まで回復した。しかしながら,現在は5.3程度となっている。また,湖底付近のpHは5.1程度と表層より低い値となっており,現在も改善していないのが現状である。加えて,田沢湖の現在の鉛直循環機構にも不明瞭な点が多く,長期的・連続的な水温や水質の測定が不十分である。本研究では,田沢湖における水収支や水質改善について考察する。</p>

    DOI

  • 焼岳火山の噴気の化学・同位体組成

    齋藤武士,澤村俊,田村理納,関普,網田和宏,三島壮智,大沢信二

    火山   64 ( 1 ) 1 - 9   2019年03月  [査読有り]

    国内共著

  • 焼岳火山の噴気の化学・同位体組成

    齋藤 武士, 澤村 俊, 田村 理納, 関 晋, 網田 和宏, 三島 壮智, 大沢 信二

    火山 ( 特定非営利活動法人 日本火山学会 )  64 ( 1 ) 1 - 9   2019年

    ISSN:0453-4360

    <p>Since the latest phreatic eruption in 1962-1963, Yakedake volcano has remained dormant, but fumarolic activity around the summit area has continued steadily during the past hundred years. Temperature, chemical, and isotopic compositions of fumarolic gases were ascertained for 2013-2017. Discharge temperatures of the most active fumarole were 113-123°C: much lower temperatures than those during the active period. Lower concentrations of HCl and H<sub>2</sub> and a lower SO<sub>2</sub>/H<sub>2</sub>S ratio coincide with this relative quiescence of the present Yakedake volcano. The apparent equilibrium temperatures estimated from the sulfur reactions were about 250-280°C, which decreased by about 200°Cshortly after the latest eruption and which were lower than the critical temperature of water, suggesting the formation of a volcanic hydrothermal system beneath the summit region. The isotopic compositions of water (D,<sup>18</sup>O) show that the fumarolic fluids were probably formed by mixing of the magmatic fluids and local meteoric water. The contribution of magmatic fluid to the sampled fumarolic fluids was estimated as about 80-90%, which is higher than the values obtained shortly after the latest eruption. The estimated volcanic hydrothermal system under the volcano is possibly less influenced by local meteoric water, in spite of the low discharge temperature and low concentrations of gas species derived from high-temperature volcanic gas.</p>

    DOI

  • 焼岳火山の噴気の化学・同位体組成

    澤村 俊, 齋藤 武士, 網田 和宏, 三島 壮智, 大沢 信二

    日本火山学会講演予稿集 ( 特定非営利活動法人 日本火山学会 )  2018 ( 0 ) 243 - 243   2018年

    ISSN:2433-5320

    DOI

  • 空間線量計を用いた岩石の放射線量の簡易測定法と骨材の放射線量評価

    今井忠男,網田和宏,木崎彰久,石倉広大,杉本文男

    建設用原材料   25 ( 1 ) 1 - 8   2017年09月  [査読有り]

    国内共著

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 温泉と地球科学 第2章 沈み込むプレートにたどり着く温泉

    網田和宏 (担当: 単著 )

    ナカニシヤ出版  2016年09月 ISBN: 978-4-7795-1094-6

  • 温泉科学の新展開 第4章 噴気孔ガスの形成機構

    網田和宏 (担当: その他 )

    ナカニシヤ出版  2004年04月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境同位体を用いた大気効果物由来窒素による白神山地への影響に関する研究

    提供機関:  民間財団等  クリタ水・環境科学振興財団助成

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

    資金支給機関区分:民間財団等