林 正彦 (ハヤシ マサヒコ)

HAYASHI Masahiko

写真a

所属

教育文化学部  学校教育課程  英語・理数教育講座  理数教育コース

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~hayashim

研究分野・キーワード

物性理論

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    東京大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年05月
    -
    1997年08月

    デルフト工科大学   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    秋田大学   教育文化学部   学校教育課程   英語・理数教育講座   理数教育コース   教授  

  • 2007年04月
    -
    2015年03月

    秋田大学   ■廃止組織■   自然環境講座   准教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

      東北大学   情報科学研究科   助教授

  • 2000年05月
    -
    2003年03月

      東北大学   情報科学研究科   講師

  • 1997年09月
    -
    2000年04月

      東北大学   情報科学研究科   助手

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1991年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本物理学会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    アメリカ物理学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本物理教育学会

  • 2007年10月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    低温工学・超電導学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅰ

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Dynamical Superfluid Density in Vortex State of Type-II Superconductors

    Masahiko Hayashi, Hidetoshi Fukuyama

    Journal of the Physical Society of Japan  63   3369 - 3391   1994年03月

    国内共著

    The electromagnetic linear response both in the lattice state and liquid state of vortices in type-II superconductors are studied based on the dynamical superfluid density. The calculations are carried out paying special attention to the difference of the internal and the external vector potential. By use of the obtained dynamical superfluid density the static superfluid density, the electric conductivity and the magnetic permeability are studied. A significant difference in responses between the two states is found especially in the Lorentz force free configuration, namely when the supercurrent flows in the direction parallel to the applied magnetic field; the vortex lattice state is superconducting in this direction while the liquid state is not becaue of the vortex entanglement and cutting effects. The magnetic susceptibility, especially in lattice state, has been examined in detail.

論文 【 表示 / 非表示

  • Theory of the Strain Engineering of Graphene Nanoconstrictions

    Hayashi Masahiko, Yoshioka Hideo, Tomori Hikari, Kanda Akinobu

    Journal of the Physical Society of Japan ( Physical Society of Japan )  90 ( 2 ) 23701 - 23701   2021年02月

    ISSN:0031-9015

    CiNii

  • Magnetic Phase Diagram of a Superconducting Bilayer Disk : Effects of Geometrical Modification

    Hayashi Masahiko

    Journal of the Physical Society of Japan ( Physical Society of Japan )  89 ( 10 ) 104701 - 1-6   2020年10月

    ISSN:0031-9015

    CiNii

  • Transport Properties of Zigzag Ribbons Composed of Two-Dimensional Quantum Spin Hall Insulators with a Single Magnetic Impurity

    Tomoko Tatsumi, Hideo Yoshioka, Masahiko Hayashi

    Journal of the Physical Society of Japan   89   043702   2020年03月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • SQUID microscopy for mapping vector magnetic fields

    Vu T.D.

    Superconductor Science and Technology ( Superconductor Science and Technology )  32 ( 11 )   2019年09月

    ISSN:09532048

    DOI

  • Effects of Fluctuations on the Phase Diagram of the t–J Model

    Masahiko Hayashi

    Journal of the Physical Society of Japan   88   094703   2019年08月  [査読有り]

    単著

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造伝導体のリアル・スケール・シミュレーション手法の開拓と新機能の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

  • 量子位相欠陥による粒子ーホール対称性の破れに関する理論的研究

    特定領域研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

    超伝導体や電荷密度波などの低温電子秩序相における量子位相欠陥の中心に出来る準粒子のエネルギーレベルに着目し、その秩序相のダイナミクスとの関係について理論的研究を行う。特に粒子ーホール対称性の破れに着目する。

  • ナノ構造における電子系量子凝縮相の微視的理論に基づく研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

    ナノメートルのスケールの構造体中における電子の凝縮体(超伝導や電荷密度波)の示す物性について、理論的な解析
    を行う。

  • メゾスコピック超伝導体における新しい渦糸状態の研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月 

    メゾスコピック超伝導体において出現する巨大渦糸状態などの新規な渦糸状態に関して、実験的研究(筑波大学・神田)および数値計算による研究(秋田大学・林)をおこない、その整合性を検証する。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • メゾスケール超伝導体の結晶構造・内部構造及び幾何学配置による新奇特性の基礎理論構築

    提供機関: 独立行政法人科学技術振興機構  一般受託研究

    研究期間:

    2007年04月
    -
    継続中

    高温超伝導物質の結晶構造に由来するジョセフソン接合積層系や、近年注目されている異方的超伝導内部秩序を有するエキゾチックな超伝導においては、その性質を利用した新奇デバイスの考案につながる基礎的な研究が重要である。本研究は、これらの物質を用いたナノメートルサイズの体系におけるメゾスコピック現象について、微視理論と巨視理論を融合した基礎理論を構築し、大規模な計算機シミュレーションと連携した研究をおこなう。特に、積層系におけるジョセフソン磁束量子の運動について、また従来型超伝導と異方的超伝導やグラフェン・ナノチューブなどの新奇な電子物性を示す物質からなるネットワーク構造について、それらの形状と内部構造の整合性や、局所的に存在する個性、また環境の擾乱を考慮した理論研究を進める。

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 高温超伝導体のt-Jモデルにおけるゆらぎと秩序について

    林正彦

    第14回量子スピン系研究会  (あきた芸術村 ゆぽぽ)  2020年01月  -  2020年01月   

  • 2層超伝導ディスクの渦糸状態

    林正彦

    第27回渦糸物理ワークショップ  (京都大学理学研究科セミナーハウス)  2019年12月  -  2019年12月   

  • On the conductance formula using singular value decomposition

    Masahiko Hayashi

    International Symposium on Hybrid Quantum Systems 2019 (HQS2019)  (Kunibiki Messe, Matsue, Japan)  2019年12月  -  2019年12月   

  • t-J モデルにおけるゆらぎの効果について

    林正彦

    高温超伝導フォーラム第7回会合  (名古屋大学東山キャンパス)  2019年09月  -  2019年09月   

  • ベクトルSQUID顕微鏡のための磁場校正

    The Dang Vu, Ho Thanh Huy, 宮嶋茂之, 藤次真幹, 二ノ宮由嗣, 宍戸寛明, 前澤正明, 日高睦夫, 林正彦, 川又修一, 石田武和

    日本物理学会 2019年秋季大会  (岐阜大学(柳戸キャンパス))  2019年09月  -  2019年09月    日本物理学会

全件表示 >>