佐藤 芳幸 (サトウ ヨシユキ)

SATO Yoshiyuki

写真a

所属

大学院理工学研究科  共同サステナブル工学専攻 

研究分野・キーワード

材料設計学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1986年03月

    東北大学   工学部   金属工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1988年03月

    東北大学  工学研究科  金属工学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(工学)

  • 東北大学 -  工学修士

  • 東北大学 -  工学士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同サステナブル工学専攻   准教授  

  • 1998年07月
    -
    2022年03月

    秋田大学   理工学部   准教授  

  • 1991年11月
    -
    1998年06月

    秋田大学   工学資源学部   助手  

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 微量塩化水素含有雰囲気における金属の高温腐食に関する研究

    佐藤芳幸

      1997年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 微量NaCl蒸気を含む空気中におけるNi-5,-8,および-10at%Al合金の高温腐食

    佐藤芳幸,川邉健太,菅原功司,原基

    日本金属学会誌   91 ( 9 ) 441 - 446   2017年08月  [査読有り]

    国内共著

  • High temperature corrosion of Ni-5, -8 and -10 at%Al alloys in air with a trace amount of NaCl vapor

    Sato Y.

    Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals ( Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals )  81 ( 9 ) 441 - 446   2017年

    ISSN:00214876

    <p>High temperature corrosion of nickel aluminum alloys were investigated in air with a trace amount of NaCl vapor at 1273 K. Mass gains of Ni-5, -8 and -10 at%Al alloys were reduced in air with 7.2 ppm and 32.1 ppm NaCl vapor against those in air without NaCl vapor. Cross sectional investigation using SEM and EPMA revealed that there was a continuous Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> layer at the bottom of the scale when nickel aluminum alloys oxidized in air with NaCl vapor. That effect was obvious for Ni-10 at%Al and the slight tendency was recognized for Ni-8 at%Al. A mechanism of Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> protective layer formation with NaCl vapor was considered from the view point of thermodynamics. Under the oxygen potential of the atmosphere, Ni-Al alloy is oxidized into NiO. By the scale formation, oxygen potential gets down at the metal/scale interface maintaining the small chlorine potential induced by NaCl and O<sub>2</sub>, volatile AlCl<sub>3</sub> formation becomes dominant instead of NiO formation. This AlCl<sub>3</sub> is oxidized into Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> if oxygen potential rises even a little at the outer part of the scale. In those manners, protective alumina scale is considered to form on Ni-Al alloys in air with NaCl vapor, representing a relatively higher corrosion resistance than that in air without NaCl vapor.</p>

    DOI CiNii Research

  • Reducing Effect of a Slight Amount of NaCl Vapor on Pest Oxidation of Ta-75at%Al at High Temperature

    Y. Sato, M. Hara

    Oxidation of Metals   85 ( 1/2 ) 39 - 49   2016年02月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • 溶融NaCl-KCl-Na2SO4塗布下におけるNi-Cr-Mo合金の高温腐食に及ぼす雰囲気中HClの影響(共著)

    大島康弘,福本倫久,佐藤芳幸,原 基

    材料と環境   53 ( 9 ) 451 - 458   2004年09月  [査読有り]

    ISSN:0917-0480

    国内共著

  • 溶融塩電析によるNiアルミナイド表面層の作製とその高温耐食性(共著)

    福本倫久,原 基,佐藤芳幸,木立徹,長瀧俊郎

    日本金属学会誌   66 ( 7 ) 684 - 689   2002年07月  [査読有り]

    ISSN:0021-4876

    国内共著

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Thermodynamic Comparison in Corrosion Behavior of Ni-Al and Fe-Al Alloys in Oxygen with a Slight Amount of NaCl Vapor at 1273 K and 1123 K.

    Yoshiyuki SATO, Kenta KAWABE, Tomoya KITSUBEZUKA and Motoi HARA

    International Symposium on High-temperature Oxidation and Corrosion 2018  (Matsue, Shimane, Japan)  2018年10月  -  2018年10月    The Iron and Steel Institute of Japan

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 夢ナビライブ2020

    株式会社フロムページ  夢ナビライブ2020 Web WEEK 仙台会場 

    2020年10月
     
     

    講義ライブの収録・配信
    研究室訪問(オンライン)対応

  • 秋田県立大曲高等学校

    2020年10月
     
     

    大学模擬講義「材料設計という名の設計」

  • 秋田県立湯沢翔北高等学校

    2018年11月
     
     

    大学模擬講義「電池のパワーはどこから来るのですか」