伊藤 登茂子 (イトウ トモコ)

ITO Tomoko

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究室住所

秋田市本道一丁目1-1

研究室電話

018-884-6519

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

がん看護,看護教育,クリティカルパス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1976年04月
    -
    1980年03月

    聖路加看護大学   衛生看護学部   衛生看護学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    秋田大学  医学系研究科  医学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   教授  

  • 2009年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Health Promotion Awareness in Barbershops and Salons: An International Cross-Sectional Survey in Japan and Thailand

    Makabe S.

    Journal of Community Health ( Journal of Community Health )  45 ( 4 ) 768 - 774   2020年08月

    ISSN:00945145

    DOI

  • 身体抑制における臨床看護師の倫理的問題に対する態度とクリティカルシンキングの関連

    小野 良子, 佐々木 久長, 伊藤 登茂子

    日本看護倫理学会誌 ( 日本看護倫理学会 )  12 ( 1 ) 67 - 72   2020年03月

    <p>本研究の目的は,身体抑制の倫理的問題に対する態度とクリティカルシンキングの関連について明らかにすることである。身体抑制の事例を作成し,クリティカルシンキング尺度を用いてA県内の急性期病院10施設の臨床看護師へ無記名自記式質問紙調査を実施した。分析対象者は202名(有効回答率27.0%)であった。「問題の認識」で「問題あり」の群と「道徳判断」で「規則・基準に基づく判断」をした群のクリティカルシンキング尺度得点が有意に高かった。「行動」においては,「身体抑制をする」「しない」「どちらともいえない」の3群間でクリティカルシンキング尺度得点に有意差は認められなかった。臨床看護師はクリティカルシンキングを用いて多面的な「問題の認識」をし、相対的に「道徳判断」をしていた。しかし,「行動」においてはクリティカルシンキングではなく組織倫理に影響を受けている可能性が示唆された。</p>

    DOI CiNii Research

  • 短報 身体抑制における臨床看護師の倫理的問題に対する態度とクリティカルシンキングの関連

    小野 良子, 佐々木 久長, 伊藤 登茂子

    日本看護倫理学会誌 ( 株式会社医学書院 )  12 ( 1 ) 67 - 72   2020年03月

    ISSN:1883-244X

    DOI CiNii Research

  • 学生主体の 教授-学習過程 とその評価

    伊藤登茂子,村山志津子,神谷千鶴

    秋田大学医学部保健学科紀要     2006年01月

    国内共著

  • 大学病院における術後褥瘡患者の発生頻度と発生要因の検討

    小玉光子,伊藤登茂子,岡田裕子,他

    日本褥瘡学会誌     2004年01月

    国内共著

全件表示 >>