菊池 伸明 (キクチ ノブアキ)

KIKUCHI Nobuaki

写真a

所属

大学院理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  電気電子工学コース 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 磁性材料

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2023年03月

    東北大学  工学研究科  応用物理学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

  • 東北大学 -  修士(工学)

  • 東北大学 -  学士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   電気電子工学コース   教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2024年04月
    -
    継続中

      秋田大学   大学院工学資源学研究科   教授

  • 2007年04月
    -
    2020年10月

      東北大学   多元物質科学研究所   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本磁気学会

  • 1998年01月
     
     
     

    日本国

     

    日本金属学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学

  • ナノテク・材料 / 応用物理一般

  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性

 

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Fabrication and characterization of delay lines with spoof surface plasmon polariton waveguide coupled with C-shaped metamaterials for microwave integrated circuits

    Minh Van Nguyen, Nobuaki Kikuchi, Toshiyuki Kodama, Taiyu Okatani, Naoki Inomata, Yoshiaki Kanamori

    Japanese Journal of Applied Physics ( IOP Publishing )    2024年02月

    研究論文(学術雑誌)  

    Abstract

    Here, we proposed two delay lines consisting of spoof Surface Plasmon Polariton (sSPP) waveguides and C-shaped metamaterials (C-MMs). The delay lines, namely OFF and ON devices, were designed and fabricated. On the OFF device, an sSPP waveguide is capacitively coupled to the C-MMs via an air gap on a high-resistivity silicon substrate. On the ON device, a connection is established between the C-MMs and the sSPP waveguide by metal connectors. The difference in the electrical properties in the coupling between the C-MMs and the sSPP waveguide creates a large phase contrast between the ON and OFF delay lines. The structural design was performed using a numerical calculation based on a commercial finite element solver. We successfully fabricated and characterized delay lines with phase differences equal to tens of degrees between the ON and OFF devices in the target frequency range of 2-6 GHz, while maintaining the original transmittance properties. The promising applications of the delay lines are a phase shifter or modulator when integrating with suitable switches.

    DOI

  • Analysis on bimodal complex permeability spectrum of a noise suppression sheet and single constituent flakes

    Toshiyuki Igarashi, Shingo Tamaru, Nobuaki Kikuchi, Shigeyoshi Yoshida, Satoshi Okamoto

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials ( Elsevier BV )  590   171640 - 171640   2024年01月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Analysis on Iron Loss of Sendust Dust Cores Based on Magnetization Reversal Processes

    Nobuhisa Ono, Yuji Uehara, Yasushi Endo, Shigeyoshi Yoshida, Nobuaki Kikuchi, Hidehiko Oikawa, Satoshi Okamoto

    IEEE Transactions on Magnetics ( Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) )  59 ( 11 ) 1 - 5   2023年11月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Spin-Current-Driven Permeability Variation for Time-Varying Magnetic Metamaterials

    Toshiyuki Kodama, Nobuaki Kikuchi, Satoshi Okamoto, Seigo Ohno, Satoshi Tomita

    Physical Review Applied ( American Physical Society (APS) )  19 ( 4 )   2023年04月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Co-planar waveguide ferromagnetic resonance spectroscopy of cobalt/platinum superlattice metamaterials

    Satoshi Tomita, Nobuaki Kikuchi, Satoshi Okamoto

    Japanese Journal of Applied Physics ( IOP Publishing )  62 ( SB ) SB1010 - SB1010   2023年03月

    研究論文(学術雑誌)  

    Abstract

    We study cobalt/platinum (Co/Pt) superlattices by means of ferromagnetic resonance spectroscopy in the frequency domain. The magnetization easy-axis of superlattices, which lies in a plane of the film with Co layers of 1.5 and 1.2 nm thickness, changes to the direction perpendicular to the film surface with Co layers of 0.9 and 0.6 nm thickness. As the Co layer thickness decreases from 0.9 to 0.6 nm, the Gilbert damping parameter significantly increases while the g-value is almost constant. As the Pt layer thickness decreases from 0.6 to 0.3 nm in the superlattices with 0.9 nm thick Co layers, the damping parameter slightly decreases. The present study demonstrates that the Co/Pt superlattices with 0.9 nm thick Co layers and 0.3 nm thick Pt layers are suitable for time-varying magnetic metamaterials realizing a larger magnetic permeability modulation.

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆総説・解説【 表示 / 非表示

  • トランス結合型透磁率測定装置 ~磁性微粒子単体の測定を可能にする超高感度,超広帯域の透磁率測定装置~

    田丸慎吾, 菊池伸明, 五十嵐利行, 岡本聡, 久保田均, 吉田栄吉

    まぐね 日本磁気学会誌   15 ( 2 ) 134 - 134   2020年04月

    総説・解説(学術雑誌)  

  • マイクロ波アシスト磁化反転

    菊池伸明, 岡本聡, 北上修, 島津武仁

    まぐね 日本磁気学会誌 ( 日本応用磁気学会 )  15 ( 2 ) 89 - 95   2020年04月

    総説・解説(学術雑誌)  

  • First-order Reversal Curve (FORC) 解析と永久磁石材料への適用

    岡本 聡, 蓬田 貴裕, 宮澤 和則, 菊池 伸明, 北上 修, 渡辺 奈生巳, 吹田 尚久

    まてりあ ( 公益社団法人 日本金属学会 )  56 ( 9 ) 533 - 540   2017年

    総説・解説(その他)  

    1521

    DOI

  • ◆国際会議プロシーディングス【 表示 / 非表示

  • Effect of film thickness on microwave assisted switching behavior

    Nobuaki Kikuchi, Katsunari Sato, Masatoshi Hatayama, Takehito Shimatsu, Satoshi Okamoto

    2023 IEEE International Magnetic Conference - Short Papers (INTERMAG Short Papers) ( IEEE )    2023年05月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI

  • MICROWAVE ASSISTED SWITCHING BEHAVIOR OF COCRPT BASED GRANULAR MEDIA

    Nobuaki KIKUCHI, Kyohei SHIMADA, Shun KIKUCHI, Katsunari SATO, Satoshi OKAMOTO, Osamu KITAKAMI, Takehito SHIMATSU

    Digest of the 29th Magnetic Recording Conference 2018(TMRC2018)     41 - 42   2018年08月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tuning Magnetic Anisotropy and Curie Temperature of L1<SUB>0</SUB>-FePt Granular films

    T. Shimatsu, T. Ono, T. Moriya, H. Nakata, K. Komiyama, S. Uchida, H. Oyama, H. Kikuchi, H. Kataoka, K. Sato, A. Furuta, T. Yoshizawa, M. Hatayama, K. Tsumura, N. Kikuchi, O. Kitakami

    Digest of the 28th Magnetic Recording Conference 2017(TMRC2017)     2017年08月  [招待有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Tsukuba, August(2017) A-1

  • ◆⼤学,研究機関紀要【 表示 / 非表示

  • 双極子結合した積層磁性ドットによるマイクロ波アシスト実験

    金原大樹, 岡本聡, 菊池伸明, 北上修, 島津武仁

    電気学会研究会資料   MAGZ43 ( 234 ) 21 - 25   2017年11月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  

    562

  • 双極子結合した積層磁性ドットによるマイクロ波アシス化反転

    金原大樹, 岡本聡, 菊池伸明, 北上修, 島津武仁

    電子情報通信学会 信学技報   MR2017-8   53 - 58   2017年08月

    研究論文(大学,研究機関紀要)  

    560

  • ◆その他【 表示 / 非表示

  • 時間変調メタマテリアルに向けたスピン流誘起透磁率制御

    児玉俊之, 菊池伸明, 岡本 聡, 大野誠吾, 冨田知志

    信学技報   123 ( 65 ) 32 - 36   2023年06月

  • マイクロ波アシスト磁化反転と熱揺らぎ

    菊池 伸明, 佐藤 勝成, 水谷 聡志, 畑山 正寿, 島津 武仁, 岡本 聡

    信学技報   123 ( 65 ) 37 - 42   2023年

  • 時間変調メタマテリアルに向けた透磁率変調

    児玉俊之, 黒澤裕之, 大野誠吾, 菊池伸明, 畑山正寿, 岡本 聡, 冨田知志

    電気学会マグネティックス研究会資料集   MAG22146   2022年11月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 極薄化によSm(Fe₈₀CO₂₀)₁₂微粒子薄膜の作製と保磁力発現可能性の検討 (マグネティックス研究会 ナノスケール構造磁性体、永久磁石、磁性材料、磁気応用一般)

    芳賀 僚太, 菊池 伸明, 岡本 聡, 高橋 有紀子

    電気学会研究会資料. MAG = The papers of technical meeting on magnetics, IEE Japan ( 電気学会 )  2021 ( 82 ) 37 - 40   2021年08月

  • Co/Pt多層膜ナノドットのマイクロ波アシスト磁化反転における熱活性の影響 (マルチメディアストレージ)

    水谷 聡志, 菊池 伸明, 畑山 正寿, 岡本 聡, 島津 武仁

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report ( 映像情報メディア学会 )  45 ( 14 ) 7 - 11   2021年06月

  • 全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • ノイズ抑制シート

    特許

    特願 特願2021-011394  特開 特開2022-114917 

    出願日: 2021年01月27日

    公開日: 2022年08月08日

    五十嵐 利行, 岡本 聡, 菊池 伸明, 吉田 栄吉

    J-GLOBAL

  • 磁気異方性評価装置、磁気異方性評価方法および演算機構

    特許

    特願 特願2018-079748  特開 特開2019-190836 

    出願日: 2018年04月18日

    公開日: 2019年10月31日

    小野 拓也, 島津 武仁, 北上 修, 岡本 聡, 菊池 伸明

    J-GLOBAL

  • 磁気異方性評価装置、磁気異方性評価方法および演算機構

    特許

    特願 特願2018-079748  特開 特開2019-190836  特許 特許第7041876号

    出願日: 2018年04月18日

    公開日: 2019年10月31日

    小野 拓也, 島津 武仁, 北上 修, 岡本 聡, 菊池 伸明

    J-GLOBAL

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ブリルアン散乱による人工アンチフェロ構造におけるテラヘルツ波デバイスの開拓

    基盤研究(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  菊池 伸明, 岡本 聡, 島津 武仁

  • 軟磁性微粒子の高周波帯域における磁気損失の起源解明とその設計手法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  岡本 聡, 菊池 伸明, 田丸 慎吾, 吉田 栄吉, 島津 武仁

  • skyrmionダイナミクスを利用した新規多値メモリ素子の提案

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:  2017年06月  -  2019年03月  代表者:  岡本 聡, 加藤 剛志, 北上 修, 菊池 伸明, 佐藤 利江

  • 円偏光フェムト秒コヒーレント軟X線の発生と超高速スピンダイナミクスへの展開

    基盤研究(A)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月  代表者:  高橋 栄治, 豊田 光紀, 菊池 伸明

  • 高周波スピンダイナミクスのエンジニアリング手法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  岡本 聡, 島津 武仁, 北上 修, 菊池 伸明

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Py/Pt 二層膜におけるスピントルク強磁性共鳴での非線 形効果

    児玉 俊之, 菊池 伸明, 千葉 貴裕, 岡本 聡, 大, 野 誠吾, 冨田 知志

    第84回応用物理学会秋季学術講演会  2023年09月  -  2023年09月   

  • 時間変調メタマテリアルに向けたスピン注入透磁率制御

    児玉俊之, 清水蓮也, 菊池伸明, 岡本 聡, 大野誠吾, 冨田知志

    第47回日本磁気学会 学術講演会  2023年09月  -  2023年09月   

  • 磁化反転過程に基づく各種トロイダル磁心の鉄損解析

    小野暢久, 上原裕二, 遠藤 恭, 吉田栄吉, 及川英彦, 菊池伸明, 岡本 聡

    第47回日本磁気学会 学術講演会  2023年09月  -  2023年09月   

  • マイクロ波アシスト磁化反転時のエネルギー障壁

    水谷聡志, 菊池伸明, 畑山正寿, 島津武仁, 岡本聡

    第47回日本磁気学会 学術講演会  2023年09月  -  2023年09月   

  • マイクロ波アシスト磁化反転と熱揺らぎ

    菊池伸明, 佐藤勝成, 水谷聡志, 畑山正寿, 島津武仁, 岡本聡

    電子情報通信学会 磁気記録・情報ストレージ研究会  2023年06月  -  2023年06月   

全件表示 >>