小田 潤一郎 (オダ ジュンイチロウ)

ODA Junichiro

写真a

所属

大学院国際資源学研究科 

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

エネルギー・環境、エネルギーシステム

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学   工学部   システム量子工学科   卒業

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    東京大学   教養学部   理科一類   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    東京大学  工学系研究科  地球システム工学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 1999年04月
    -
    2011年03月

    東京大学  工学系研究科  システム量子工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士

  • 東京大学 -  修士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院国際資源学研究科   准教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2021年03月

      公益財団法人 地球環境産業技術研究機構   システム研究グループ   主任研究員

  • 2005年04月
    -
    2014年03月

      公益財団法人 地球環境産業技術研究機構   システム研究グループ   研究員

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    エネルギー・資源学会

  • 2021年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    LCA日本フォーラム

  • 2006年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本リアルオプション学会

  • 2021年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    NEDO事業「CCU技術を対象にしたライフサイクルCO2評価におけるガイドライン策定 に係る調査」 CCU技術のLCCO2評価ガイドラインに関する有識者委員会

  • 2021年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    地球環境産業技術研究機構(RITE)「セクター横断対策検討WG」

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境政策・環境社会システム

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 世界エネルギーモデルを用いた地球温暖化緩和策の評価とリアル・オプション法による電源投資分析

    小田潤一郎

      2016年09月  [査読有り]

    単著

    地球温暖化政策についての提言を念頭に置きつつ、世界エネルギーモデルを用いて大幅なCO2排出削減を行う場合のコスト効率的な技術普及を明らかにした。再エネのみならず、CO2回収貯留(CCS)技術の大幅な普及も必要となる。以上は完全予見を前提としたが、次にCCSの経済性に関する不確実性を明示的に考慮した投資行動に関する分析を行った。その結果、早期のCCS普及を促すには予見性のある地球温暖化政策が必要かつ重要となることが明らかとなった。

  • 多様化理論によるエネルギー供給計画の最適化

    小田潤一郎

      2011年03月  [査読有り]

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Climate change mitigation measures for global net-zero emissions and the roles of CO2 capture and utilization and direct air capture

    Keigo Akimoto, Fuminori Sano, Junichiro Oda, Haruo Kanaboshi, Yuko Nakano

    Energy and Climate Change   2   2021年09月  [査読有り]

    ISSN:2666-2787

    国内共著

    DOI

  • Cost-efficient measures in the oil refinery and petrochemical sectors for the reduction of CO2 emissions under the Paris Agreement and air pollution under the MARPOL Convention

    Haruo Kanaboshi, Fuminori Sano, Junichiro Oda, Keigo Akimoto, Naoko Onishi

    Energy and Climate Change   2   2021年01月  [査読有り]

    ISSN:2666-2787

    国内共著

    DOI

  • 現状の気候・エネルギー政策を考慮した,パリ協定国別貢献における国際競争力に関する分析

    本間隆嗣, 魏啓為, 小田潤一郎, 秋元圭吾

    エネルギー・資源   41 ( 5 ) 176 - 185   2020年  [査読有り]

    ISSN:2433-0531

    国内共著

    世界エネルギー経済モデルDEARSを用いて、国別貢献が貿易財の国際競争力に与える影響を分析した。その結果、相対的に野心的な目標を持つ先進国の一部において、エネルギー集約産業における生産コストを上昇させ、純輸出量が減少する結果を得た。つまり、世界全体で見ればCO2原単位がより大きい地域での生産が拡大する(いわゆる炭素リーケージが発生する)。

    DOI

  • 現行の気候・エネルギー政策および国別貢献による世界全体のエネルギー起源CO2排出削減とエネルギーシステムの評価

    魏啓為, 佐野史典, 本間隆嗣, 小田潤一郎, 林礼美, 秋元圭吾

    日本エネルギー学会誌   97 ( 6 ) 135 - 146   2018年06月  [査読有り]

    ISSN:1882-6121

    国内共著

    世界エネルギーモデルを用いて現行の気候・エネルギー政策の効果を分析した。その結果、2011年から2030年の世界全体の累積CO2排出をベースライン比で410億tCO2削減し、国別貢献で必要となるCO2排出削減量の半分程度を達成可能であることが判明した。また、現行政策における再エネ発電拡大と運輸部門のバイオ燃料導入はCO2排出削減のコスト効率性という観点から見れば過剰でありCO2排出削減対策の総コストを増加させる。

    DOI

  • Estimating Option Values of Solar Radiation Management assuming that Climate Sensitivity is Uncertain

    Yosuke Arino, Keigo Akimoto, Fuminori Sano, Takashi Homma, Junichiro Oda, Toshimasa Tomoda

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)   113 ( 21 ) 5886 - 5891   2016年05月  [査読有り]

    国内共著

    地球工学的手法の1つである太陽放射管理(Solar Radiation Management)を2050年に実施可能であるオプションの価値を世界エネルギーモデルにより分析した。その結果、太陽放射管理オプションを有することは、気候感度が高い場合の温暖化被害が甚大となるリスクを減じること、さらに気候感度が判明する前の時点における最適排出パスを上側にシフトさせることが判明した。

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞

    2017年06月   エネルギー・資源学会   論文「リアル・オプション法による石炭火力及び二酸化炭素回収貯留技術の投資分析」に対する論文賞

    受賞者:  小田潤一郎

  • 優秀賞

    2009年04月   日本エネルギー総合工学研究所   大島賞懸賞論文「わが国のエネルギー技術戦略はいかにあるべきか」

    受賞者:  小田潤一郎

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    継続中

    LCA日本フォーラム   CR2技術のLCA算定WGメンバー

  • 2021年06月
    -
    継続中

    LCA日本フォーラム   CR2(NETs)研究会メンバー

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本リアルオプション学会   総務理事

  • 2021年09月
    -
    継続中

    NEDO事業「CCU技術を対象にしたライフサイクルCO2評価におけるガイドライン策定 に係る調査」 CCU技術のLCCO2評価ガイドラインに関する有識者委員会   委員

  • 2021年05月
    -
    継続中

    地球環境産業技術研究機構(RITE)「セクター横断対策検討WG」   委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高大連携高校生サマーキャンプ

    秋田県教育庁高校教育課 

    2021年07月
    -
    2021年08月

    秋田県の高校生に対し、講座「環境学」を動画形式にて提供した。高校生は全22講座(各50分程度)の中から各自3講座を選択し受講した。小田潤一郎は22講座の中の1講座「環境学」を担当・提供した。