小田 潤一郎 (オダ ジュンイチロウ)

ODA Junichiro

写真a

所属

大学院国際資源学研究科 

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

エネルギー・環境、エネルギーシステム

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学   工学部   システム量子工学科   卒業

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    東京大学   教養学部   理科一類   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京大学  工学系研究科  地球システム工学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    東京大学  工学系研究科  システム量子工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士

  • 東京大学 -  修士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院国際資源学研究科   准教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2021年03月

      公益財団法人 地球環境産業技術研究機構   システム研究グループ   主任研究員

  • 2005年04月
    -
    2014年03月

      公益財団法人 地球環境産業技術研究機構   システム研究グループ   研究員

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    エネルギー・資源学会

  • 2021年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    LCA日本フォーラム

  • 2006年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本リアルオプション学会

  • 2022年02月
    -
    2024年02月
     

    日本国

     

    経済産業省「産業構造審議会 地球環境小委員会 鉄鋼ワーキンググループ」

  • 2022年04月
    -
    2024年03月
     

    日本国

     

    日本鉄鋼協会「鉄鋼カーボンニュートラル検討会議」

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境政策・環境社会システム

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 世界エネルギーモデルを用いた地球温暖化緩和策の評価とリアル・オプション法による電源投資分析

    小田潤一郎

      2016年09月  [査読有り]

    単著

    地球温暖化政策についての提言を念頭に置きつつ、世界エネルギーモデルを用いて大幅なCO2排出削減を行う場合のコスト効率的な技術普及を明らかにした。再エネのみならず、CO2回収貯留(CCS)技術の大幅な普及も必要となる。以上は完全予見を前提としたが、次にCCSの経済性に関する不確実性を明示的に考慮した投資行動に関する分析を行った。その結果、早期のCCS普及を促すには予見性のある地球温暖化政策が必要かつ重要となることが明らかとなった。

  • 多様化理論によるエネルギー供給計画の最適化

    小田潤一郎

      2011年03月  [査読有り]

    単著

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞

    2017年06月   エネルギー・資源学会   論文「リアル・オプション法による石炭火力及び二酸化炭素回収貯留技術の投資分析」に対する論文賞

    受賞者:  小田潤一郎

  • 優秀賞

    2009年04月   日本エネルギー総合工学研究所   大島賞懸賞論文「わが国のエネルギー技術戦略はいかにあるべきか」

    受賞者:  小田潤一郎

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Potential Impacts of Digitalization on Global Energy Consumptions and their Quantitative and Systematic Analyses of Fully Autonomous Cars

    Keigo Akimoto, Fuminori Sano, Junichiro Oda

    International Energy Workshop (IEW)  (Germany)  2021年06月  -  2021年06月   

  • 世界エネルギー経済モデルを用いた,国境炭素調整の導入による影響分析

    本間隆嗣、長島美由紀、小田潤一郎

    第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2021年01月  -  2021年01月    エネルギー・資源学会

  • 主要素材産業等のエネルギー需要量の分析:COVID-19の影響評価

    小田潤一郎、秋元圭吾

    第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2021年01月  -  2021年01月    エネルギー・資源学会

  • 世界エネルギーモデルによる大気CO2直接回収技術の評価

    佐野史典、秋元圭吾、金星春夫、小田潤一郎、中野優子

    第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2021年01月  -  2021年01月    エネルギー・資源学会

  • 現状の気候・エネルギー政策を考慮した,パリ協定国別貢献における国際競争力に関する分析

    本間隆嗣、魏啓為、小田潤一郎、秋元圭吾

    第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2020年01月  -  2020年01月    エネルギー・資源学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 秋田県の冬季光熱費や「エネルギー貧困」の調査・分析

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 技術相談

  • 秋田県の洋上風力に関する分析(経済性・社会的受容性)

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 技術相談

  • 三種町のCO2回収・貯留(CCS)に関する分析(経済性・社会的受容性)

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 技術相談

  • 湯沢市の地熱発電の社会的受容性調査

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 技術相談

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年02月
    -
    2024年02月

    経済産業省「産業構造審議会 地球環境小委員会 鉄鋼ワーキンググループ」   臨時委員

  • 2022年04月
    -
    2024年03月

    日本鉄鋼協会「鉄鋼カーボンニュートラル検討会議」   委員

  • 2021年05月
    -
    継続中

    地球環境産業技術研究機構(RITE)「セクター横断対策検討WG」   委員

  • 2021年09月
    -
    継続中

    NEDO事業「CCU技術を対象にしたライフサイクルCO2評価におけるガイドライン策定 に係る調査」 CCU技術のLCCO2評価ガイドラインに関する有識者委員会   委員

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本リアルオプション学会   総務理事

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高大連携高校生サマーキャンプ

    秋田県教育庁高校教育課 

    2021年07月
    -
    2021年08月

    秋田県の高校生に対し、講座「環境学」を動画形式にて提供した。高校生は全22講座(各50分程度)の中から各自3講座を選択し受講した。小田潤一郎は22講座の中の1講座「環境学」を担当・提供した。