海老原 敬 (エビハラ タカシ)

EBIHARA Takashi

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  微生物学講座

生年

1972年

研究室住所

〒010-8543 秋田県秋田市本道1-1-1

研究室電話

018-884-6080

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

免疫, 感染症, アレルギー, 慢性炎症性疾患, 転写制御

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    北海道大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   教授  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    秋田感染症研究会

  • 2019年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    細菌学会東北支部会

  • 2019年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    秋田医学会

  • 2016年11月
    -
    継続中
     

    その他

     

    International conference on innate lymphoid cells

  • 2013年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本免疫学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 新しく発見された呼吸器感染ウイルス(ヒトメタニューモウイルス)に関する臨床的研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2002年04月
    -
    2005年03月

    研究態様:個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Dichotomous Regulation of Acquired Immunity by Innate Lymphoid Cells

    Ebihara T.

    Cells ( Cells )  9 ( 5 )   2020年05月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

    DOI

  • Trained innate lymphoid cells in allergic diseases

    Ebihara T, Tatematsu M, Fuchimukai A, Yamada T, Yamagata K, Takasuga S, Yamada T

    Allergology International ( Allergology International )    2020年  [査読有り]  [招待有り]

    ISSN:13238930

    国内共著

    DOI

  • Exhausted-like Group 2 Innate Lymphoid Cells in Chronic Allergic Inflammation

    Ebihara T, Taniuchi I

    Trends in Immunology ( Trends in Immunology )  40 ( 12 ) 1095 - 1104   2019年12月  [査読有り]  [招待有り]

    ISSN:14714906

    国内共著

    DOI

  • Group 3 innate lymphoid cells mediate early protective immunity against tuberculosis.

    Amanda Ardain, Racquel Domingo-Gonzalez, Shibali Das, Samuel W. Kazer, Nicole C. Howard, Alveera Singh, Mushtaq Ahmed, Shepherd Nhamoyebonde, Javier Rangel-Moreno, Paul Ogongo, Lan Lu, Duran Ramsuran, Maria de la Luz GarciaHernandez, Tyler Ulland, Matthew Darby, Eugene Park, Farina Karim, Laura Melocchi, Rajhmun Madansein, Kaylesh Jay Dullabh, Micah Dunlap, Nancy MarinAgudelo, Takashi Ebihara, Thumbi Ndung’u, Deepak Kaushal, Alexander S. Pym, Jay K. Kolls, Adrie Steyn, Joaquín Zúñiga, William Horsnel, Wayne Yokoyama, Alex K. Shalek, Henrik N. Kløverpris, Marco Colonna, Alasdair Leslie, Shabaana A. Khader

    Nature     2019年06月  [査読有り]

    ISSN:0028-0836

    国際共著

  • Transcription factors in the development and function of group 2 innate lymphoid cells

    Ebihara T, Taniuchi I

    International Journal of Molecular Sciences ( International Journal of Molecular Sciences )  20 ( 6 )   2019年03月  [査読有り]  [招待有り]

    ISSN:16616596

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 標準微生物学

    錫谷達也, 海老原敬 他 (担当: 共著 )

    医学書院  2021年03月 ISBN: 978-4-260-04331-1

    教科書・概説・概論

  • RUNX Proteins in Development and Cancer

    Takashi Ebihara, Wooseok Seo, Ichiro Taniuchi (担当: 共著 )

    Springer Link  2017年03月 ISBN: 978-981-10-3233-2

    学術書

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第44回日本免疫学会学術集会ベストプレゼンテーション賞

    2016年02月   日本免疫学会   Identification of progenitor cells specific to ILC1s and ILC3s in adult intestine

    受賞者:  海老原 敬

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肺上皮細胞を介した2型自然リンパ球の数的制御機構

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  海老原敬

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • メモリー様2型自然リンパ球の分化制御機構の解析

    提供機関:  民間財団等  第33回 ノバルティス研究奨励金

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  海老原敬

    資金支給機関区分:民間財団等

  • アレルギー炎症におけるII型自然リンパ球の可塑性

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団

    研究期間: 2019年03月  -  2021年03月  代表者:  海老原敬

    資金支給機関区分:民間財団等

  • 2型自然リンパ球の肺特異的ホメオスターシス制御機構

    提供機関:  民間財団等  武田科学振興財団 医学系研究奨励(基礎)

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月  代表者:  海老原敬

    資金支給機関区分:民間財団等

  • II型自然リンパ球の分化微小環境の研究

    提供機関:  民間財団等  持田記念医学薬学振興財団 研究助成金

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月  代表者:  海老原敬

    資金支給機関区分:民間財団等

  • Tissue-specific microenvironment of Group 2 innate lymphoid cells

    提供機関:  理化学研究所  理化学研究所 奨励課題(個人型発芽研究課題)

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月  代表者:  海老原敬

    資金支給機関区分:その他

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アレルギー性疾患におけるILC2の疲弊様現象とその制御機構

    海老原 敬  [招待有り]

    第24回那須ティーチイン 学術集会  (ホテル マリナーズコート東京)  2019年07月  -  2019年07月    山田武千代

  • 転写因⼦Runx による2 型⾃然リンパ球疲弊様現象の制御機構

    海老原 敬  [招待有り]

    第28回東京免疫フォーラム  (東京大学医科学研究所)  2019年03月  -  2019年03月    三宅 健介

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   京都大学大学院教育コース「免疫・アレルギー・感染」

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中
      秋田大学 バイオサイエンス教育研究サポートセンター 動物実験部門   (センター・施設長)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    細菌学会東北支部会   委員

  • 2019年09月
    -
    継続中

    秋田感染症研究会   幹事

  • 2019年04月
    -
    継続中

    秋田医学会   委員