古林 敬顕 (フルバヤシ タカアキ)

FURUBAYASHI TAKAAKI

写真a

所属

大学院理工学研究科  共同サステナブル工学専攻 

研究分野・キーワード

エネルギーシステム,再生可能エネルギー,バイオマス,水素

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    東北大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年03月

    東北大学  工学研究科  博士後期課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月
    -
    2013年01月

    ブリティッシュコロンビア大学   客員研究員

  • 2007年01月
    -
    2007年03月

    ボストン大学   交換留学生

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同サステナブル工学専攻   准教授  

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   機械工学コース   准教授  

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   機械工学コース   講師  

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   創造生産工学コース   講師  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2019年03月

      東北大学   大学院工学研究科   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月
    -
    2021年03月
     

    日本国

     

    林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会

  • 2010年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本機械学会

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本エネルギー学会

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    エネルギー・資源学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 持続可能システム

  • エネルギー学

  • 環境影響評価

  • 環境政策・環境社会システム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • CO2フリー水素供給システムの設計および解析

    その他の研究制度  

    研究期間:

    2017年04月
    -
    継続中

    研究態様:機関内共同研究

  • 地域エネルギーシステムの設計および解析

    (選択しない)  

    研究期間:

    2016年04月
    -
    継続中

    研究態様:個人研究

  • バイオマス供給システムの設計および解析

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2009年04月
    -
    継続中

    研究態様:機関内共同研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 二成分荷電コロイド分散系のブラウン動力学シミュレーション

    古林敬顕

      2009年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of biomass energy in a 100% renewable energy system for Akita prefecture, Japan

    Takaaki Furubayashi

    Energy Storage and Saving     2022年06月  [査読有り]

    ISSN:2772-6835

    単著

  • Design and analysis of a 100% renewable energy system for Akita prefecture, Japan

    Takaaki Furubayashi

    Smart Energy ( Elsevier )  2   1 - 12   2021年04月  [査読有り]

    ISSN:2666-9552

    単著

    DOI

  • 地域の脱炭素化に向けたエネルギー需給構造の定量分析 -岩手県宮古市及び宮越スマートコミュニティのケーススタディ-

    長野尚也, 古林敬顕, 中田俊彦

    地域学研究   50 ( 2 ) 227 - 241   2021年03月  [査読有り]

    ISSN:1880-6465

    国内共著

  • 導管熱密度に基づく地域熱供給ネットワークの設計手法の構築

    古林 敬顕, 中田 俊彦

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )    2021年03月  [査読有り]

    国内共著

    <p>This study aims to develop a design methodology for district heating network based on linear heat density. In the previous study, district heating systems including network were designed by applying mixed integer linear programming (MILP), however, number of demands was small because MILP takes long computational time. In this study, we have designed a district heating network design as a spanning tree problem, and have analyzed it based on Prim's algorithm. First of all, heat demand was analyzed and heat density maps in target municipals were drawn according to the geographical information of buildings, and the statistical data of the energy consumptions. The target buildings as the demand of district heating systems (DHSs) were selected from the higher heat density area in the drawn heat density maps. In the developed methodology in this study, it is assumed that the heat source is installed in the higher heat demand building. Three heat pipe networks were designed based on linear heat density (LHD case), distance (Distance case), and heat demand (Demand case), and their heat loss and cost were analyzed. As a case study, DHSs in Koriyama city and Akita city were designed and compared. The average pipe diameter and the average linear heat density in the LHD case showed similar trend to experiential curve. The trend in heat loss and pipe cost showed rapid increasing as supplied heat increased in LHD case. It can help to select demand buildings for superior performance of DHS. In the Distance case, the minimum heat loss and cost were obtained when supplied heat were higher, however, there were no clear trend in heat loss and pipe cost because they depended on demand distribution.</p>

    DOI

  • Analysis of woody biomass utilization for heat, electricity, and CHP in a regional city of Japan

    Takaaki Furubayashi, Toshihiko Nakata

    Journal of Cleaner Production   290   1 - 12   2020年12月  [査読有り]

    ISSN:0959-6526

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • O-30 秋田県の森林簿を用いた持続可能な木質バイオマスのポテンシャル推計及びサプライチェーン構築

    渡辺 樹, 古林 敬顕

    バイオマス科学会議発表論文集 ( 一般社団法人 日本エネルギー学会 )  18 ( 0 ) 61 - 62   2022年11月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   未設定

    <p>This study aims to estimates the amount of sustainable woody biomass available using a forest inventory and geographic information system. It is investigated that the impact of different transportation routes and power generation methods on the amount of electricity generated through scenario analysis. As a result, the amount available was much smaller, about one-tenth of Akita Prefecture's material production. This may be due to the fact that subsidies for forestry projects such as afforestation and thinning were not taken into account, and that cedar planted forests in Akita Prefecture have reached the optimum age for harvesting. Comparing the scenario with the shortest transportation distance and the scenario with the smallest carbon dioxide emissions by using high-capacity trucks even if the transportation distance increases, the former results in a larger reduction in carbon dioxide emissions. Comparing the large scale intensive and small scale decentralized scenarios, the large scale intensive scenario using co-firing resulted in larger reductions in carbon dioxide emissions because of the direct substitution of coal.</p>

    DOI CiNii Research

  • O-23 秋田県を対象とした脱炭素エネルギーシステムにおけるバイオマスの役割

    古林敬顕

    第17回バイオマス科学会議講演論文集 ( 日本エネルギー学会 )    2022年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 洋上風力発電のポテンシャル分析と地域エネルギー需給に与 える影響

    古林敬顕

    第38回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 ( エネルギー・資源学会 )    2022年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • 住宅形態と居住人数を考慮した家庭部門のエネルギー消費量の推計

    古林敬顕

    第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集 ( エネルギー・資源学会 )    2021年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • O-13 月別発生量を考慮したもみ殻のエネルギー利用システムの解析

    古林 敬顕

    バイオマス科学会議発表論文集 ( 一般社団法人 日本エネルギー学会 )  16 ( 0 ) 29 - 30   2021年

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

    <p>This study aims to analyze a rice husk energy utilization system considering monthly generation. The rice husk generates from country elevators on every month without June and July, and generates from other farmers on September and October. I focused on the rice husk from country elevators that stably generated. The system boundary was from rice husk generation in country elevators to the energy conversion that co-firing in coal power plant was assumed. Three cases were considered; first was that rice husk was not processed and transported, second was that rice husk was grinded and transported, and third was that that rice husk was compressed and transported. As a result, the lowest energy consumption and cost was obtained in the case that not processed rice husk was transported by 20t truck. Furthermore, if 20t truck could not be used, grinded rice husk should be transported by 4t truck.</p>

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 超異分野学会 富谷フォーラム2019 Looop賞

    2019年12月13日   株式会社リバネス  

    受賞者:  古林敬顕

  • 平成29年度論文賞

    2017年08月01日   日本エネルギー学会  

    受賞者:  古林敬顕, 中田俊彦

  • 第16回茅奨励賞

    2012年06月   エネルギー・資源学会  

    受賞者:  古林敬顕, 中田俊彦

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 洋上風力発電の大規模導入による地域エネルギーシステムの脱炭素化と新たな価値の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  古林敬顕

  • 低炭素とレジリエンスを両立する持続可能なCO2フリー水素供給システムの設計

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 多様な資源と技術及びエネルギー形態を考慮したバイオマス利活用システムの最適設計

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 国際供給を考慮したバイオマス利活用システムの最適設計

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 再生可能エネルギーの地域間融通を考慮した水素供給システムの設計

    提供機関:  民間財団等  トヨタ・モビリティ基金 水素社会実現に向けた共同研究プログラム

    研究期間: 2021年04月  -  2023年03月 

    資金支給機関区分:民間財団等

  • 地理情報分析に基づく都市ガス利用促進を考慮した地域エネルギーシステムの設計および分析

    提供機関:  民間財団等  ガスエネルギーの持続的発展に資する研究助成金制度

    研究期間: 2019年09月  -  2020年08月 

    資金支給機関区分:民間財団等

  • 空間情報を考慮した持続可能なCO2フリー水素供給システムの設計

    提供機関:  民間財団等  水素社会構築に向けた革新研究助成

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    資金支給機関区分:民間財団等

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 洋上風力発電の大規模導入を考慮した地域水素供給システムの設計

    古林敬顕, 小澤暁人, 立川雄也, 吉岡剛, 辻本将晴, 古川智裕, 中島良

    2022水素エネルギー協会 特別講演会  2022年11月  -  2022年11月   

  • 洋上風力発電のポテンシャル分析と地域エネルギー需給に与える影響

    古林敬顕

    第38回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2022年01月  -  2022年01月   

  • 秋田県を対象とした脱炭素エネルギーシステムにおけるバイオマスの役割

    古林敬顕

    第17回バイオマス科学会議  2022年01月  -  2022年01月   

  • The role of biomass energy in a 100% renewable energy system for Akita prefecture, Japan

    Takaaki Furubayashi

    The 16th SDEWES conference  2021年10月  -  2021年10月   

  • O-13 月別発生量を考慮したもみ殻のエネルギー利用システムの解析

    古林敬顕

    第16回バイオマス科学会議  2021年01月  -  2021年01月   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月
    -
    2021年03月

    林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会   委員

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本エネルギー学会   バイオマス部会 幹事

  • 2010年04月
    -
    継続中

    エネルギー・資源学会   若手ワークショップ幹事

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第41回地域産学官と技術士の合同セミナー

    日本技術士会 

    2021年10月
     
     

  • あきたサスティナビリティスクール

    2021年07月
    -
    2021年08月

  • バイオマス発電の燃料に関する事業と技術セミナー

    2019年12月