有川 正俊 (アリカワ マサトシ)

ARIKAWA Masatoshi

写真a

所属

大学院理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  人間情報工学コース 

ホームページ

https://top.ie.akita-u.ac.jp/

研究分野・キーワード

情報工学、空間情報学、地理情報システム、データベース、地図学、バーチャルリアリティ

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    九州大学   工学部   情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1988年03月

    九州大学  工学系研究科  情報工学専攻  修士課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年01月
    -
    1996年03月

    The National Center for Geographic Information and Analysis (NCGIA), Department of Geography, Univ. of California, Santa Barbara (UCSB), California, USA   Visiting Scholar

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   人間情報工学コース   教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
    -
    2020年03月

      東京大学   空間情報科学研究センター   客員研究員

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

      東京大学   空間情報科学研究センター   特任教授

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

      東京大学   空間情報科学研究センター   特任教授

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

      京都大学   地域研究統合情報センター   客員教授

  • 2010年10月
    -
    2016年03月

      東京大学   空間情報科学研究センター   教授

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    2019年07月
     

    その他

     

    ユビキタスマッピング委員会、国際地図学協会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    米国 地図学と地理情報科学 学会 (CaGIS)

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本地図学会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本バーチャルリアリティ学会

  • 1989年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    地理情報システム学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 図書館情報学・人文社会情報学

  • マルチメディア・データベース

  • 地理学

  • ウェブ情報学・サービス情報学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 人間中心空間情報サービスの研究開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2018年04月
    -
    継続中

    研究態様:個人研究

    研究課題概要

    人間の空間能力を日常的に発揮できる情報サービス環境の設計・分析を行う。特に、スマートフォンなどのモバイルデバイスを使って、いつでもどこでも提供できる適切な空間情報サービス環境の研究開発を行っています。

  • 空間情報サービスとソフトウェアツールの研究

    その他の研究制度  

    研究期間:

    1999年04月
    -
    2018年03月

    研究態様:個人研究

  • 超高速ネットワーク上のバーチャルリアリティの研究

    その他の研究制度  

    研究期間:

    1994年04月
    -
    1999年03月

    研究態様:個人研究

  • オブジェクト指向地理データベースのビュー機能の研究

    その他の研究制度  

    研究期間:

    1988年04月
    -
    1994年03月

    研究態様:個人研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 地理データベースのためのビュー機能に関する研究

    有川 正俊

      1992年12月

    単著

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • Scale-Aware Cartographic Displacement Based on Constrained Optimization

    Ken Maruyama, Shigeo Takahashi, Hsiang-Yun Wu, Kazuo Misue, Masatoshi Arikawa

    the 23rd International Conference on Information Visualisation     74 - 80   2019年07月  [査読有り]

    ISBN:978-1-7281-2838-2

    国内共著

    Best paper award

    DOI

  • Aspect-Ratio-Preserved Labeling on Metro Maps

    Hsiang-Yun Wu, Ken Maruyama, Takamasa Kawagoe, Kazuo Misue, Masatoshi Arikawa and Shigeo Takahashi

    The Proceedings of The 2nd Schematic Mapping Workshop     2019年04月  [査読有り]

    国内共著

  • Mental Map Preservation for Progressively Labeling Railway Networks

    Shigeo Takahashi, Ken Maruyama, Takamasa Kawagoe, Hsiang-Yun Wu, Kazuo Misue, Masatoshi Arikawa

    International Journal of Art, Culture and Design Technologies   8 ( 1 )   2019年01月  [査読有り]

    ISSN:2155-4196

    国内共著

    DOI

  • Location-Based Applications Using Analog Maps for Sustainable Local Tourism Information Services

    Min Lu, Masatoshi Arikawa, Ayako Sugiyama

    Cartographica: The International Journal for Geographic Information and Geovisualization   53 ( 2 ) 129 - 145   2018年07月  [査読有り]

    ISSN:0317-7173

    国内共著

    Conventional paper-based tourist maps are still created and provided by many local tourism organizations, as they have advantages in representing highly detailed and contextual information, although the static medium limits the functions of such maps. To benefit these analog maps from location-aware environments, interactivity, and data feedback from mobile devices, a sustainable ecosystem for local tourist maps is proposed. A low-cost solution for developing mobile tourism applications by providing tools to georeference analog maps and integrate multimedia sightseeing information owned by local tourism organizations is implemented. The processes for analog map georeferencing and content integration, as well as the design principles for mobile tourism applications, are introduced and discussed in detail. In cooperation with college students, university campuses, and local tourism organizations, experimental applications were implemented to evaluate the functionality and usability of the proposed mobile mapping application and the feasibility of the proposed solution. Two published applications are introduced briefly, with preliminary analyses using data donated by application users, which have shown positive contributions to understanding users' behavior and requirements.

    DOI

  • Progressive Annotation of Schematic Railway Maps

    Yuka Yoshida, Ken Maruyama, Takamasa Kawagoe, Hsiang-Yun Wu, Masatoshi Arikawa, Shigeo Takahashi

    2018 22nd International Conference Information Visualisation     373 - 378   2018年07月  [査読有り]

    ISBN:978-1-5386-7202-0

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • 地理情報科学 ― GISスタンダード (有川正俊,木實新一,関本 義秀 担当:30章 GISと未来社会,pp. 190-199)

    有川正俊 (担当: 共著 )

    古今書院  2015年04月 ISBN: 477225286X

  • バーチャルリアリティ学(有川担当:第7.2.9節 地理情報システム,pp. 297-311)

    有川正俊 (担当: 共著 )

    コロナ社  2011年01月 ISBN: 978-4-904490-05-1

  • Virtual Geographic Environments (Chapter 19 Simple High-dimensional Geocoding by Matching Natural Spatial Descriptions with Sidewalk Network Databases, 259-281)

    Masatoshi Arikawa and Hideyuki Fujita (担当: 共著 )

    Science Press in Beijing  2009年06月 ISBN: 9787030234674

  • GISの技術(担当:有川正俊,6章 空間データベースの技術,pp. 92-122)

    【編集者】柴崎 亮介・村山 祐司編,【執筆者(執筆順)】柴崎 亮介,土居原 健,久保 信明,瀬崎 薫,有川 正俊,田中浩也,古橋 大地,今井 修,政木 英一 (担当: 共著 )

    朝倉書店  2009年04月 ISBN: 4254168322

  • GISと空間認知 - 進化する地図の科学 - (有川担当:第3章 エゴセントリック・マッピング,pp. 43-57 )

    村越 真・若林 芳樹 編著, 森田 喬,蓮井 久美子,貞広 幸雄,五十嵐 良雄,矢野 桂司,有川 正俊,寺本 潔,松井 孝雄,竹内 謙彰,高井 寿文,鈴木 晃志郎,奥貫 圭一,岡本 耕平 著 (担当: 共著 )

    古今書院  2008年04月 ISBN: 978-4-7722-4115-1

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • まちあるき向けルート地図動機オーディオツアーとGPS自動再生の可能性と限界

    有川正俊,鶴岡健一,Lu Min

    文部科学省認定社会通信教育 秋田大学 理工学部 通信教育講座 機関誌「テクネ」 ( 秋田大学 理工学部 )  95   96 - 120   2019年03月

    総説・解説(その他)   国内共著

作品 【 表示 / 非表示

  • Manpo

    Lu Min, 有川正俊  その他 

    2014年04月
     
     
     

    モバイルアプリケーソン(Apple社 iPhone用)
    https://apps.apple.com/jp/app/manpo/id1292533064

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子国土賞2013 PC部門 「空間アルバムソフトウェア PhotoField」

    2013年12月   国土交通省国土地理院  

    受賞者:  藤田秀之、有川正俊

  • 地理情報システム学会 学会賞(優秀ソフトウェア賞)「PhotoWalker」

    2006年10月   地理情報システム学会  

    受賞者:  田中浩也、有川正俊、柴崎亮介

  • 地理情報システム学会 学会賞(教育部門賞)「空間情報規格スタジオ」

    2006年10月   地理情報システム学会  

    受賞者:  地理情報システム学会 空間IT分科会 主査:有川正俊

  • 第9回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2001)「最優秀発表賞」,「写真画像群の重なりを用いた広域的な擬似3次元空間」

    2001年12月   日本ソフトウェア科学会  

    受賞者:  田中浩也,有川正俊,柴崎亮介

  • 第37回情報処理学会全国大会学術奨励賞、「抽象データ型を用いたデータベースにおける高度な表示の実現方法」

    1989年03月   情報処理学会  

    受賞者:  有川正俊, 上林彌彦

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地図総描技法の情報可視化への導入に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中 

  • 人と社会の側からみた地図・地理空間情報の新技術とその評価

    基盤研究(A)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月 

  • 時空間情報の次世代分析ツールボックスの開発と応用

    基盤研究(A)

    研究期間:  2016年04月  -  2021年03月 

  • 注釈付き視覚情報表示のための動的構成最適化に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • 「地域の知」のためのデータ寄付・時空間構造化・永続化支援プラットフォームの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • ユーザによる見返しに配慮した軌跡ログ表示の地理的な要約手法の検討

    佐々木一織,有川正俊,高橋秋典

    情報処理学会 第82回全国大会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

  • 高精度インドア・ポジショニングを利用した博物館を対象にしたARナビゲーションの構築

    伊東慎平,三浦 健,梅川孔平,髙橋秋典,有川正俊

    情報処理学会 第82回全国大会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

  • GPS軌跡情報のヒートマップから算出するバーチャル・ジオフェンスの領域推定とその評価

    鴇田星斗,藤田隆宏,有川正俊,髙橋秋典

    情報処理学会 第82回全国大会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

  • スクリーン型視線追跡デバイスを活用した紙媒体パンフレットの注視領域調査システム

    佐藤 蓮,木下 愉,髙橋秋典,有川正俊

    情報処理学会 第82回全国大会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

  • ヘッド・トラッキング画像を用いた展示物に対する関心度評価法

    川瀬 親,髙橋秋典,有川正俊

    情報処理学会 第82回全国大会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第82回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞

    2020年03月   情報処理学会  

    受賞者: 伊東慎平(修士1年,有川研究室)

    「高精度インドア・ポジショニングを利用した博物館を対象にしたARナビゲーションの構築」
    ○伊東慎平,三浦 健,梅川孔平,髙橋秋典,有川正俊(秋田大)

  • 第82回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞

    2020年03月   情報処理学会  

    受賞者: 川瀬 親(学部4年,有川研究室)

    「ヘッド・トラッキング画像を用いた展示物に対する関心度評価法」
    川瀬 親,髙橋秋典,有川正俊(秋田大)

  • 第82回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞

    2020年03月   情報処理学会  

    受賞者: 佐々木 一織(学部4年,有川研究室)

    「ユーザによる見返しに配慮した軌跡ログ表示の地理的な要約手法の検討」
    佐々木一織,有川正俊,高橋秋典(秋田大)

  • 第81回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞

    2019年03月   情報処理学会  

    受賞者: 伊東 慎平(学部4年,有川研究室)

    「異種空間センサ統合によるカメラに基づく屋内ナビゲーションの試み」
    伊東 慎平,有川 正俊,田山 稜大,髙橋 秋典

  • 第81回情報処理学会全国大会 学生奨励賞受賞

    2019年03月   情報処理学会  

    受賞者: 田山 稜大(学部4年,有川研究室)

    「GPS連動オーディオツアーを対象としたウォーキング言語のデザインと実装」
    田山 稜大,有川 正俊,鴇田 星斗,髙橋 秋典

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
     
     

    あきたキッズプログラミングアワード・スクールを開催

    小学校1年生から中学2年生まで,親子合わせて約30名が集まり,理工学部5号館301コンピュータ実習室において,Scratchを使った,プログラミング体験授業を行った.

  • 2019年11月
    -
    2020年06月

    「あきたキッズプログラミングアワード」実行委員

    https://akpa.jp/

  • 2018年07月
     
     

    秋田大学理工学部 通信教育講座 学内スクーリング「地理空間情報処理入門」

    地理空間情報処理の基礎を学び,地図データやGPS軌跡データを対象にした情報処理実習を行う。
    日時:2019年7月21日(土) 09:00-12:00
    場所:理工学部 5号館 106室
    指導教員:有川正俊 教授,高橋秋典 助教

  • 2018年04月
    -
    継続中

    放送大学の講座「日常生活のデジタルメディア」(20180519)、第6回「ジオメディア」でのゲスト出演

    有川正俊が、2018年5月19日(土)16時45分~
    17時30分に放映された、放送大学の講座「日常生活のデジタルメディア」、第6回「ジオメディア」でのゲスト出演した。

    ・この講座は、4月7日~7月21日の毎週土曜の16時45分~
    17時30分に放映(全15回)

    ※5月19日以外でも夏季集中講座(8月25日(土)13時
    ~13時45分)でも放映されます。

    この放送プログラムは、今後3年間は継続的に放送される予定です。

  • 2017年10月
    -
    2017年11月

    未来子供学校、まちの歴史を紐解く探検ミッション! GPSアプリを使って、オリジナルマップを作ろう!

    千葉県柏市の柏の葉アーバンデザインセンターが主催する「未来子供学校」で、小学生およびその父兄を対象に、スマートフォンのGPアプリを利用して、古い航空・風景写真や歴史的資料を現地で閲覧し、地域の歴史を歩きながら学ぶ屋外ワークショップを企画・開催した。

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中
      技術部運営委員会 委員   (所属部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      革新材料研究センター運営委員会 (理工学研究センター運営委員会) 委員   (所属部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      テニュアトラック管理運営委員会 委員   (所属部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      安全委員会 委員   (所属部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      情報セキュリティ対策委員会 委員   (所属部局内委員会)

全件表示 >>

 

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2012年02月
    -
    2016年02月

    日本地図学会   常任委員長

  • 2011年08月
    -
    2019年07月

    ユビキタスマッピング委員会、国際地図学協会   委員長

  • 2006年02月
    -
    2012年02月

    日本地図学会   常任委員

  • 2002年02月
    -
    継続中

    日本地図学会   評議員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 羽州街道ガイドアプリ開発プロジェクト

    2020年01月
    -
    継続中

    秋田市との共同プロジェクト
    秋田市で発行されているガイドブック「あきた羽州街道 時を超えた散歩道」の既存のコンテンツを活用して、GPSを使った、まちあるきのためのスマートフォン・アプリケーション(以後、アプリ)を開発・公開します。このアプリにより、より多くの方々に、便利でヒトにやさしい枠組みで、かつ新しい付加価値を伴って、あきた羽州街道の魅力を体験できる機会を提供できると考えています。また、本アプリを使うことにより、ユーザのコメントや移動軌跡などのデータを、観光行政と研究目的でユーザ自身が明示的に寄付していただく(Opt-In方式)ことも可能とし、積極的に科学的にユーザからフィードバックをいただく枠組みを創り、今後の秋田市の観光行政の改善およびデータ駆動型社会の研究への貢献も期待できます。

  • あきた キッズ プログラミングアワード実行委員会

    2019年10月
    -
    2020年03月

  • 電気関連学会東北支部連合大会2019 現地実行委員

    2019年04月
    -
    2019年08月

  • 角館観光アプリ開発プロジェクト

    2019年02月
    -
    継続中

    一般社団法人 田沢湖・角館観光協会との共同研究プロジェクト

  • Scientific review committee member, international cartographic conference 2019

    2018年10月
    -
    2019年07月

全件表示 >>