室賀 翔 (ムロガ ショウ)

MUROGA Sho

写真a

所属

大学院理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  電気電子工学コース 

ホームページ

https://akitauinfo.akita-u.ac.jp/html/100000806_ja.html

研究分野・キーワード

電磁環境工学(EMC)、電子デバイス・電子機器、電子・電気材料

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    東北大学   工学部   電気工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2012年03月

    東北大学  工学研究科  電気・通信工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

  • 東北大学 -  修士(工学)

  • 東北大学 -  学士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   電気電子工学コース   講師  

  • 2017年11月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   電気電子工学コース   特任講師  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年10月

      豊田工業高等専門学校   電気・電子システム工学科   講師

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

      東北大学   大学院工学研究科   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    エレクトロニクス実装学会 電磁特性技術委員会

  • 2018年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    エレクトロニクス実装学会

  • 2017年07月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本磁気学会 編集委員会 編集委員

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    電気学会 マグネティックス研究会 NMS調査専門委員会委員

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    Institute of Electrical and Electronics Engineers

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計測工学

  • 電子・電気材料工学

  • 電子デバイス・電子機器

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 磁性薄膜を用いたオンチップ電磁ノイズ抑制体に関する研究

    室賀 翔

      2012年03月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • A charge recycling stacked I/O in standardCMOStechnology for wide TSV data bus

    Takefumi Yoshikawa, Tatsuya Iwata, Junji Shibazaki, Sho Muroga, Hiroaki Ikeda

    IEICE Electronics Express     2020年05月  [査読有り]

    ISSN:1349-2543

    単著

    DOI

  • Synchronized excitation of magnetization dynamics via spin waves in Bi-YIG thin film by slot line waveguide

    Tetsunori Koda, Sho Muroga, Yasushi Endo

    Applied Physics Letters   116 ( 102403 )   2020年03月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

  • Effect of Complex Permeability on Circuit Parameters of CPW with Magnetic Noise Suppression Sheet

    MUROGA Sho, TANAKA Motoshi, YOSHIKAWA Takefumi, ENDO Yasushi

    IEICE Transactions on Communications ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )  103 ( 9 ) 899 - 902   2020年

    ISSN:0916-8516

    <p>An effect of complex permeability of noise suppression sheets (NSS) on circuit parameters was investigated by a magnetic circuit analysis using cross-sectional size and material parameters. The series resistance and inductance of the coplanar waveguide (CPW) with a NSS considering the effect of the complex permeability of the NSS were quantitatively estimated. The result indicated that the imaginary and real part of the effective permeability affected the resistance and inductance, respectively. Furthermore, this analysis was applied to an 8-μm-wide CPW with a 0.5-μm-thick Co<sub>85</sub>Zr<sub>3</sub>Nb<sub>12</sub> film for quantitative estimation of the resistance, the inductance and the characteristic impedance. The estimated parameters were almost similar to the measured values. These results showed that the frequency characteristics of the circuit parameters could be controlled by changing size and material parameters.</p>

    DOI CiNii

  • 有機EL照明の色を変えたときの脳波に関する一検討

    神林 美帆, 遠間 隆広, 田中 元志, 室賀 翔, 齋藤 勝俊, 新山 喜嗣

    生体医工学 ( 公益社団法人 日本生体医工学会 )  58 ( 0 ) 326 - 326   2020年

    ISSN:1347-443X

    <p>快適な照明空間と脳波情報を用いたその評価方法の構築を目的に,有機ELを用いたカラー照明を試作し,色が異なる空間の居心地の良さについて主観評価と脳波測定から検討してきた。指標としてα波やβ波成分のパワーを求めたが,主観評価との対応が見られない場合があった。赤は興奮を促す,緑や黄茶は緊張を和らげる,などが知られている。本研究では,それらの色の空間で脳波測定を行い,主観評価との対応から検討を加える。実験室で,被験者の前方と両脇を高さ1.8 mの白板で囲い,正面の壁中央(距離約2.8 m)高さ1 mにカラー照明(有機ELパネル8×8枚)を配置した。照明の色を緑⇒赤⇒紫,黄茶色⇒水色⇒黄など(各90 s)と変えたときの脳波を標本化周波数1 kHzで取り込んだ。スペクトル解析を行い,色の切替え前後の各脳波成分(α波,β波,θ波など)のパワー比を求めた。探査電極をFz,Cz,Pz,Ozとした。被験者は健康な成人13名(21~23歳)であり,同意書を得て実験を行った。緑⇒赤のとき,fast α波成分が増加し,居心地の平均評価値(MOS)は低下,気分は向上していた。赤⇒紫のときはfast α波成分の減少に対して,居心地のMOSは増加,気分は低下し,対応が見られた(Cz)。色の変化によっては主観評価と対応が見られない場合があったが,脳波成分の変化が確認された。本結果から,快適性評価への脳波情報の利用の可能性が示唆される。</p>

    DOI CiNii

  • Crosstalk suppression of magnetic films covered by two parallel microstrip lines

    Sho Muroga, Jingyan Ma, Yasushi Endo, Shuichiro Hashi, Masayuki Naoe, Motoshi Tanaka, Hiroo Yokoyama and Kazushi Ishiyama

    Japanese Journal of Applied Physics   58 ( 8 ) 1 - 5   2019年07月  [査読有り]

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 磁性体を用いた平面型電磁ノイズ抑制体のメカニズムと設計

    室賀 翔,遠藤 恭,田中 元志

    エレクトロニクス実装学会誌 ( エレクトロニクス実装学会 )  21 ( 7 ) 635 - 639   2018年11月

    総説・解説(その他)   国内共著

    平面型の電磁ノイズ抑制体について,次世代技術の1つとして提案されている磁性膜を,伝送線路上に配置した場合を例に,その伝導・誘導ノイズ抑制メカニズムおよび設計手法を紹介した。

    DOI

  • 多世代参加型都市農山村交流を取り入れた地域教育の立ち上げ

    田中 健作, 大森 有希子, 室賀 翔, 佐藤 雄哉

    豊田工業高等専門学校研究紀要 ( 豊田工業高等専門学校 )  49   143 - 152   2017年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

  • 農山村振興を題材とした分野横断型研究教育の高専教職員による評価

    室賀 翔, 佐藤 雄哉, 田中 健作, 大森 有希子

    豊田工業高等専門学校研究紀要 ( 豊田工業高等専門学校 )  49   13 - 16   2017年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

  • 地域住民からみた多世代参加型都市農山村交流の評価と課題

    佐藤 雄哉, 田中 健作, 大森 有希子, 室賀 翔

    豊田工業高等専門学校研究紀要 ( 豊田工業高等専門学校 )  49   17 - 22   2017年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

  • 多世代参加型都市農山村交流における都市部の児童・保護者の変化と活動課題

    大森 有希子, 室賀 翔, 佐藤 雄哉, 田中 健作

    豊田工業高等専門学校研究紀要 ( 豊田工業高等専門学校 )  49   98 - 103   2017年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • ノイズ抑制部材

    特許

    審査請求有無:あり

    特願 特願2012-063174  特開 特開2013-197328  特許 特許第6044021号

    出願日: 2012年03月21日

    公開日: 2013年09月30日

    登録日: 2016年11月25日

    山口 正洋,室賀 翔

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2015 APEMC Best Symposium Paper Award

    2015年05月28日   IEEE  

    受賞者:  Masahiro Yamaguchi, Satoshi Tanaka, Yasushi Endo, Sho Muroga, Makoto Nagata

  • 平成23年度日本磁気学会 桜井講演賞

    2011年09月29日   日本磁気学会  

    受賞者:  室賀翔

  • 平成23年電気学会 基礎・材料・共通部門大会優秀論文発表賞

    2011年09月08日   電気学会  

    受賞者:  室賀翔

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 深層学習及び脳型コンピューティングに向けた超近接有線通信に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 新規高周波磁化計測技術による磁性超薄膜の磁化ダイナミクスの解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 磁性膜を用いた誘導磁界に対する帯域通過フィルターに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

  • 磁性膜を用いたオンチップ電源供給配線のインピーダンス制御法の開発

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 磁性膜を用いた電磁ノイズ抑制体のイントラデカップリング機構の明確化に関する研究

    提供機関:  民間財団等  内藤科学技術振興財団 研究助成金

    研究期間: 2016年08月  -  2017年07月 

    資金支給機関区分:民間財団等

  • 電波送信・受信に挑戦しよう!

    提供機関:  文部科学省  科研費 研究成果の社会還元・普及事業

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    資金支給機関区分:文部科学省

  • チップ・パッケージレベルのノイズ抑制を目的とした磁性膜応用に関する研究

    提供機関:  文部科学省  日本学術振興会特別研究員奨励費(DC2)

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

    資金支給機関区分:文部科学省

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Co-Zr-Nb膜を配置した平行2線MSL間の相互インダクタンスの推定

    室賀 翔・真壁政希・田中元志

    電子情報通信学会環境電磁工学研究会(EMCJ)4月期研究会  2020年04月  -  2020年04月   

    EMCJ2020-1

  • 非磁性金属を被覆した不織布を配置したMSLの高周波伝導ノイズ抑制効果

    室賀 翔・竹谷洋平・田中元志・岡村知恵・日下部純一・加藤一史

    2020年電子情報通信学会総合大会  2020年03月  -  2020年03月   

  • 平行 2 導体MSL上に配置したCo-Zr-Nb膜で生じるFMR損失の推定

    三上貴大・室賀 翔・田中元志

    2020年電子情報通信学会総合大会  2020年03月  -  2020年03月   

  • 金属被覆した不織布の平面電磁波吸収機構に関する検討

    佐野 巧・室賀 翔・田中元志・倉林 徹・淀川信一・岡村知恵・日下部純一・加藤一史

    2019年度環境電磁工学研究会12月期研究会  2019年12月  -  2019年12月   

  • 磁性膜を用いた電磁ノイズ抑制体の伝導/誘導ノイズ抑制効果

    室賀 翔,田中 元志,遠藤恭

    2019 Microwave Workshops & Exhibition (MWE 2019)  2019年11月  -  2019年11月   

    MES2019

全件表示 >>

 

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    エレクトロニクス実装学会 電磁特性技術委員会   委員

  • 2017年07月
    -
    継続中

    日本磁気学会 編集委員会 編集委員   委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    電気学会 マグネティックス研究会 NMS調査専門委員会委員   委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 電気で遊ぼう! 電池とモーターの楽しい工作

    2017年08月
     
     

    小学校高学年の児童に対し、ものづくりの楽しさを体験する講座として、手作り電池とコンデンサを使用した充電式模型電気自動車の製作
    竹下隆晴(大学院工学研究科 教授)、青木睦((大学院工学研究科 准教授)、北川亘(大学院工学研究科 准教授)、雪田和人(愛知工業大学)、室賀翔(豊田工業高等専門学校)、電池工業会

  • 豊田工業高等専門学校 電波送信・受信に挑戦しよう!(とよた高専おもしろ科学教室)

    2016年11月
     
     

  • 豊田工業高等専門学校ドミタウン(実行委員として)

    2015年08月
    -
    2017年10月

    学寮(ドミトリー)システムを取り入れた多世代交流活動を展開し,豊田市笹戸町において,空き旅館を活動拠点に置き,地域住民,NPOとよた都市農山村交流ネットワーク,おいでん・さんそんセンターと連携して,セカンドスクールの開催,休耕地を利用した農作業,地元秋祭りの参加等を行った。