疋田 正喜 (ヒキダ マサキ)

HIKIDA Masaki

写真a

所属

理事・副学長 

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~hikida/

研究分野・キーワード

免疫学、細胞工学、細胞生理学、遺伝子工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    京都大学   工学部   工業化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    京都大学  工学研究科  修士課程  修了

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    2004年12月

    ハーバード大学医学部   客員研究員

  • 2003年07月
    -
    2003年10月

    ハーバード大学医学部   客員研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    秋田大学   理事・副学長   理事(学生担当)・副学長  

  • 2016年04月
    -
    2022年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   生命科学専攻   生命科学コース   教授  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2016年03月

      京都大学   医学研究科   特定教授

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

      京都大学   医学研究科   特定准教授

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

      独立行政法人理化学研究所   免疫アレルギー科学総合研究センター   上級研究員

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      関西医科大学   附属肝臓研究所   講師

  • 1998年10月
    -
    2002年03月

      岡山大学   工学部   講師

全件表示 >>

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本分子生物学会

  • 1990年12月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本免疫学会

  • 1988年10月
    -
    2008年03月
     

    日本国

     

    日本生化学会

  • 1988年10月
    -
    2003年03月
     

    日本国

     

    日本生物工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス

  • 免疫学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
     
     

    全学FD・SDワークショップ

  • 2016年06月
     
     

    平成28年度 新採用教員教員研修

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アレルギー根治療法開発のためのIgE産生調節機構の解明

    その他の研究制度  

    研究期間:

    2016年04月
    -
    継続中

    研究態様:個人研究

  • 記憶B細胞選択的シグナル分子の検索と機能解析

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2013年04月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

  • B細胞抗原受容体の発現調節機構の解明

    科学技術振興調整費  

    研究期間:

    2010年04月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

  • 胚中心選択的シグナル分子群の発現調節機構の解明

    科学技術振興調整費  

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月

    研究態様:国内共同研究

  • 記憶B細胞におけるPLCγ2の役割の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2008年03月

    研究態様:個人研究

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Studies on regulatory mechanism of IgE antibody response.

    Masaki Hikida

      1997年07月

    単著

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • Bim establishes the B cell repertoire from early to late in the immune response

    Akiko Sugimoto-Ishige, Michishige Harada, Miho Tanaka, Tommy Terooatea, Yu Adachi, Yoshimasa Takahashi, Takashi Tanaka, Peter D Burrows, Masaki Hikida, Toshitada Takemori

    International Immunology ( Oxford Press )  33 ( 2 ) 79 - 90   2021年02月  [査読有り]

    ISSN:1460-2377

    国際共著

    DOI

  • Glioma stem-like cells can be targeted in boron neutron capture therapy with boronophenylalanine

    Kondo N., Hikida M., Nakada M., Sakurai Y., Hirata E., Takeno S., and Suzuki M.

    Cancers ( Cancers )  12 ( 10 ) 1 - 13   2020年10月  [査読有り]

    ISSN:2072-6694

    国内共著

    DOI

  • Distinct roles of BCNP1 in B cell development and activation.

    Hong R, Lai N, Xiong E, Ouchida R, Sun J, Zhou Y, Tang Y, Hikida M, Tsubata T, Tagawa M, Wang Y, Wang JY

    International Immunology   32 ( 1 ) 17 - 26   2020年01月  [査読有り]

    ISSN:1460-2377

    国際共著

    DOI

  • Distinct roles of BCNP1 in B-cell development and activation

    Rongjian Hong, Nannan Lai, Ermeng Xiong, Rika Ouchida, Jiping Sun, Yang Zhou, Yue Tang, Masaki Hikida, Takeshi Tsubata, Masatoshi Tagawa, Yanqing Wang, Ji-Yang Wang

    International Immunology ( Oxford University Press (OUP) )  32 ( 1 ) 17 - 26   2019年08月

    <jats:title>Abstract</jats:title>
    <jats:p>B-cell novel protein 1 (BCNP1) has recently been identified as a new B-cell receptor (BCR) signaling molecule but its physiological function remains unknown. Here, we demonstrate that mice deficient in BCNP1 exhibit impaired B-cell maturation and a reduction of B-1a cells. BCNP1-deficient spleen B cells show enhanced survival, proliferation and Ca2+ influx in response to BCR cross-linking as compared with wild-type spleen B cells. Consistently, mutant B cells show elevated phosphorylation of SYK, B-cell linker protein (BLNK) and PLCγ2 upon BCR cross-linking. In vivo, BCNP1-deficient mice exhibit enhanced humoral immune responses to T-independent and T-dependent antigens. Moreover, aged mutant mice contain elevated levels of serum IgM and IgG3 antibodies and exhibit polyclonal and monoclonal B-cell expansion in lymphoid organs. These results reveal distinct roles for BCNP1 in B-cell development, activation and homeostasis.</jats:p>

    DOI CiNii Research

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • Molecular Biology of B cells

    Michael Reth, Lars Nitschke, Masaki Hikida, Tomohiro Kurosaki (担当: 共著 )

    Academic Press  2015年01月 ISBN: 0123979331

  • 生物学事典

    疋田正喜  (担当: 共著 )

    岩波書店  2013年02月 ISBN: 9784000803144

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 蛍光プローブ

    特許

    審査請求有無:なし

    特願 特願2009-269447  特開 特開2013-32291 

    出願日: 2009年11月27日

    公開日: 2013年02月14日

    松本健司,疋田正喜,成宮周

  • 記憶B細胞の培養方法

    特許

    審査請求有無:なし

    特願 特願2009-117242  特開 特開2010-263825 

    出願日: 2009年05月14日

    公開日: 2010年11月25日

    疋田正喜

  • 免疫抑制物質を生産する微生物

    特許

    審査請求有無:なし

    特願 特開平9−173056 

    出願日: 1995年12月26日

    矢澤一良,大森齊,高井俊行,来島正幸,疋田正喜

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • IgG陽性記憶B細胞の新規な選択機構と制御機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中 

  • IgG陽性記憶B細胞特異的に発現する新規シグナル分子によるB細胞選択の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  疋田正喜

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Roles of IgA cytoplasmic tail on cell surface expression

    Kei Sugawara, Kagefumi Todo, Masaki Hikida

    日本免疫学会学術集会  (アクトシティー浜松)  2019年12月  -  2019年12月    日本免疫学会

  • Distinct roles of B cell novel protein 1 in B cell development and activation

    Yue Tang, Nannan Lai, Ermeng Xiong, Rika Ouchida, Jiping Sun, Masaki Hikida, Takeshi Tsubata, Yanquing Wang, Ji-Yang Wang

    日本免疫学会学術集会  (アクトシティー浜松)  2019年12月  -  2019年12月    日本免疫学会

  • Bim regulates selection of germinal center B cells during the transition into memory cell precursors, but not during the interzonal cycles of division in the dark zone

    Akiko Sugimoto-Ishige, Miho Tanaka, Michishige Harada, Yu Adachi, Yoshimasa Takahashi, Toshitada Takemori, Masaki Hikida

    日本免疫学会学術集会  (福岡国際会議場)  2018年12月  -  2018年12月    日本免疫学会

  • Regulatory mechanism for intracellular sorting of Parm1 by phosphorylation of NPxY motif

    Mizuki Ishikawa, Kagefumi Todo, Masaki Hikida

    日本免疫学会学術集会  (福岡国際会議場)  2018年12月  -  2018年12月    日本免疫学会

  • Analysis of intracellular localization of Parm1 in B cells

    Honami Sugiyama, Kagefumi Todo, Masaki Hikida

    日本免疫学会学術集会  (福岡国際会議場)  2018年12月  -  2018年12月    日本免疫学会

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
     
     

    生物機能工学実験テキスト

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中
      高大接続センター長   (センター・施設長)

  • 2204年01月
    -
    継続中
      学生支援総合センター長   (センター・施設長)

  • 2021年04月
    -
    2022年03月
      理工学部入試委員会委員長   (所属部局内委員会)

  • 2020年04月
    -
    2022年03月
      研究科長補佐   (その他の主要活動)

  • 2020年01月
    -
    2021年03月
      高大接続センター 広報推進部門長   (全学委員会)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    継続中

    日本免疫学会   科学コミュニケーション委員 東北地区代表

  • 2013年06月
    -
    2013年12月

    日本免疫学会   学術集会プログラム委員

  • 2008年10月
    -
    継続中

    日本免疫学会   評議委員

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    日本生物工学会   評議委員,西日本支部庶務幹事,和文誌編集委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高大連携授業(大学コンソーシアムあきた)

    2017年05月
    -
    継続中

    「最新の遺伝子組換え技術への道 〜細胞や動物の遺伝子操作の基礎知識〜」

  • 岡山大学オープンキャンパス

    2001年08月