伏見 雅人 (フシミ マサヒト)

FUSHIMI Masahito

写真a

所属

保健管理センター 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Mental Health

  • Industrial Health

  • Occupational Health

  • Psychiatry

  • Psychological distress

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    秋田大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   非常勤講師  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    秋田大学   保健管理センター   教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    秋田大学   保健管理センター   所長  

  • 2000年04月
    -
    2003年02月

    秋田大学   医学部   精神科   助手  

  • 1996年10月
    -
    1998年03月

    秋田大学   医学部   精神科   助手  

全件表示 >>

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月
    -
    2016年03月

      秋田県立リハビリテーション・精神医療センター   職員(医療系)

  • 2003年03月
    -
    2016年03月

      秋田県精神保健福祉センター   所長

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      厚生連 山本組合総合病院   精神科   職員(医療系)

  • 1995年04月
    -
    1996年09月

      久幸会 今村病院   精神科   職員(医療系)

  • 1992年01月
    -
    1995年04月

      厚生連 由利組合総合病院   精神神経科   職員(医療系)

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    全国大学保健管理協会

  • 2016年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    全国大学メンタルヘルス学会

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    国立大学保健管理施設協議会

  • 2013年11月
    -
    継続中
     

    ドイツ連邦共和国

     

    The World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) Task Force on Men's Mental Health

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本医師会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本精神神経学会 認知症診療医

  • 精神保健指定医

  • 日本医師会認定産業医

  • 日本臨床神経生理学会専門医・指導医

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年06月
     
     

    2022年度 精神科薬物療法研修会(日本精神神経学会)

  • 2022年03月
     
     

    2021年度 精神科薬物療法研修会(日本精神神経学会)

  • 2021年03月
     
     

    2020年度 精神科薬物療法研修会(日本精神神経学会)

  • 2020年04月
     
     

    2019年度 精神科薬物療法研修会(日本精神神経学会)

  • 2019年03月
     
     

    2018年度 精神科薬物療法研修会(日本精神神経学会)

全件表示 >>

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 軽度痴呆患者における神経生理学的評価と形態学的評価との相関:定量的脳波分析とMRIとの比較

    伏見 雅人

      1997年09月

    単著

    DOI

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Factors associated with depressive symptoms among workers employed in Japanese eldercare institutions: a cross-sectional study based on the Job Demand–Control–Support Model

    Masahito Fushimi

    Current Psychology     2022年11月

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • Precarious Employment Is Not Associated with Increased Depressive Symptoms: A Cross-Sectional Study in Care Service Workers of Japan

    Tanaka O, Maeda E, Fushimi M, Iwata T, Shimizu T, Saito S, Murata K.

    Tohoku Journal of Experimental Medicine   243 ( 1 ) 19 - 26   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

  • Prevalence of Depressive Symptoms and Related Factors in Japanese Employees: A Comparative Study between Surveys from 2007 and 2010

    Fushimi M.

    Psychiatry Journal   2015 ( 537073 )   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    DOI

  • うつと自殺の地域比較―東北と南九州との比較―秋田県における自殺の実態と予防対策

    伏見雅人.

    日本社会精神医学会雑誌   22 ( 3 ) 315 - 321   2013年08月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Prevalence of depressive symptoms and related factors in Japanese employees as measured by the Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (CES-D)

    Fushimi M, Saito S, Shimizu T.

    Community Mental Health Journal   49 ( 2 ) 236 - 242   2013年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)  

    DOI

  • 全件表示 >>

    ◆総説・解説【 表示 / 非表示

  • うつ病診療におけるかかりつけ医と精神科医の連携 秋田県医師会における「うつ病・自殺予防協力医及びうつ病治療登録医制度」の取り組み

    稲村 茂,斉藤征司,高橋正樹,菅原純哉,伏見雅人,加藤倫紀,善本正樹,内藤信吾,清水徹男.

    DEPRESSION JOURNAL ( メディカルレビュー社 )  3 ( 3 )   2015年12月

    総説・解説(商業誌)   国内共著

  • Sex differences in suicide rates from the perspective of psychiatric care tailored to men

    Masahito Fushimi

    In: Leo Sher, Timothy R. Rice (eds.), Neurobiology of Men's Mental Health ( Nova Science Publishers, Inc. )    119 - 130   2015年09月

    総説・解説(その他)   単著

  • Relationships among the Kessler 10 Psychological Distress Scale, Socio-Demographic Status, Employment-Related Variables, and Internality-Externality in Japanese Employees

    Masahito Fushimi

    In: Nancy E. Wodarth, Alexis P. Ferguson (eds.), Psychology Research Summaries Volume 2 ( Nova Science Publishers, Inc. )    375 - 376   2015年09月

    総説・解説(その他)   単著

  • Effects of job satisfaction and locus of control on psychological distress in Japanese employees

    Masahito Fushimi

    In: iConcept Press Ltd. (ed.), Mental Disorder ( iConcept Press Ltd. )    2014年12月

    総説・解説(その他)   単著

  • 秋田県医師会における「うつ病・自殺予防協力医及びうつ病治療登録医制度」の取り組み

    稲村 茂,斉藤征司,菅原純哉,高橋正樹,伏見雅人,加藤倫紀,善本正樹,内藤信吾,清水徹男.

    精神科 ( 科学評論社 )  25 ( 1 )   2014年07月

    総説・解説(その他)   国内共著

  • 全件表示 >>

    ◆⼤学,研究機関紀要【 表示 / 非表示

  • ヒトにおけるREM睡眠時に特徴的な大脳皮質活動の先行的な出現.

    新山喜嗣, 関根篤, 伏見雅人, 清水徹男.

    秋田大学医短紀要   9 ( 1 ) 103 - 112   2001年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • ◆その他【 表示 / 非表示

  • Impact of COVID-19 on the Mental Health of Students in Japan: A Literature Review

    Masahito Fushimi

    Recent Updates in Disease and Health Research Vol. 1 ( B P International )    57 - 81   2024年01月

    単著

    DOI

  • The mental health of students during the COVID-19 pandemic in Japan

    Masahito Fushimi

    Advances in Health and Disease   78   1 - 33   2023年12月

    単著

    This chapter provides an overview of stress and mental health problems, such as depression, anxiety, and suicidality, among students in Japan during the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic by searching databases and reviewing studies conducted on this topic. The COVID-19 pandemic has substantially impacted students' mental health worldwide, disrupted routine education, and caused psychological distress, leading to an increase in the number of suicides. In addition to the fear of infection, the lack of awareness related to COVID-19 preventive measures and the limited communication with others caused by selfisolation and restrictions on movement and activities have negatively affected students' mental health. The COVID-19 pandemic has led to the emergence of reports of its negative impact on mental health worldwide. These repercussions are predicted to be high among students, as this population is vulnerable to emotional stress because of the psychological challenges associated with the transition to adulthood. However, sufficient data regarding the effects of the COVID-19 pandemic on the mental health of students have not been obtained. This chapter provides insights into the stress developed among students during the COVID-19 pandemic, and the findings of this study can be used to effectively identify and support students who may struggle during pandemics and future crises. In particular, educators may use the findings of this study to prevent negative effects on mental health and promote the future academic achievements, general well-being, efficacy, and empowerment of students in this new normal post-COVID-19 pandemic era.

  • Has the coronavirus disease 2019 pandemic suppressed the increase in suicide rates in population outflow areas?

    Fushimi M.

    Asian Journal of Psychiatry ( Asian Journal of Psychiatry )  85   103620 - 103620   2023年07月

    DOI PubMed

  • Changes in Suicide Trends during the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Pandemic: an Increase in the Incidence of High-Lethality Suicide Attempts

    Masahito Fushimi

    New Advances in Medicine and Medical Science Vol. 9 ( B P International (a part of {SCIENCEDOMAIN} International) )    96 - 105   2023年07月

    DOI

  • 全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • The mental health of students during the COVID-19 pandemic in Japan

    Fushimi M. ( 担当: その他 )

    Advances in Health and Disease  2023年12月 ISBN: 9798891133822

  • The Impact of the Corona Crisis on Suicidal Behavior: Research Insights based on Situational Analysis of Suicides in Japan

    Masahito Fushimi ( 担当: 単著 )

    ElivaPress  2023年07月 ISBN: 978-99949-8-859-4

    Chapter 1. Suicides in Japan before the COVID-19 pandemic: Report on suicide-prone areas in Japan
    Chapter 2. Completed and attempted suicides in Japan before the COVID-19 pandemic: Report on suicide-prone areas in Japan
    Chapter 3. Suicides in Japan during the COVID-19 pandemic from the perspective of gender differences: COVID-19 pandemic may be a factor in the rising suicide numbers among women
    Chapter 4. Impact of the COVID-19 pandemic on suicide in youngsters: COVID-19 pandemic may be a factor in the increasing suicide numbers among female students
    Chapter 5. Concerns over the psychological burden on young individuals experiencing an era in which suicides have increased: the long-term effects of the COVID-19 pandemic on suicide in young individuals
    Chapter 6. The possibility that the COVID-19 pandemic was a factor that encouraged suicide attempters to complete suicide: Examination of suicides in Japan during the COVID-19 pandemic by gender and age
    Chapter 7. Influence of the COVID-19 pandemic on the suicide methods taken by suicide attempts: Possibility that the COVID-19 pandemic has increased the lethal methods of suicides in Japan
    Chapter 8. Impact of the COVID-19 pandemic on suicide related to population migration: Comparison of overpopulated and depopulated areas in Japan
    Chapter 9. The possibility that suicides in population outflow areas were suppressed due to the COVID-19 pandemic: Comparison of population migration and suicide rates in Japan during the COVID-19 pandemic
    Chapter 10. Conclusion

    AmazonURL

  • Relationships Among the Kessler 10 Psychological Distress Scale, Socio-Demographic Status, Employment-Related Variables, And Internality-Externality In Japanese Employees

    Masahito Fushimi ( 担当: 単著 )

    Nova Science Publishers, Inc.   2013年01月 ISBN: 978-1-62257-985-3

    Among developed nations, Japan has one of the world’s highest suicide rates. Mental health problems such as anxiety or depressive disorders are considered major public health issues, given that the likelihood of suicide is linked to these disorders. The aim of this study was to examine the prevalence of and factors related to psychological distress among employees in Japan. (Imprint: Nova)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大学生の発達障害における自殺関連行動

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月  代表者:  渡辺 慶一郎, 苗村 育郎, 水田 一郎, 布施 泰子, 金子 稔, 丸田 伯子, 佐藤 武, 田中 生雅, 岡本 百合, 伏見 雅人

  • 精神分裂病者の顔貌および表情認知に関する視覚誘発脳電位・脳磁場を用いた研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2003年02月 

  • レム睡眠時の急速眼球運動と夢の視覚性心象との対応に関する事象関連電位による検討

    奨励研究(A)

    研究期間:  1997年04月  -  1998年03月 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 令和 4 年度の本学学生における健康・生活実態調査結果の検討

    佐野 正明、安保 智秋、荻原 佐智代、藤原 友紀子、伏見 雅人

    第60回全国大学保健管理研究集会東北地方研究集会  2023年07月  -  2023年07月   

  • 本学学生における健康・生活実態調査結果の新型コロナウイルス 感染症発生前後での比較

    佐野 正明、安保 智秋、藤原 友紀子、荻原 佐智代、伏見 雅人

    第59回全国大学保健管理研究集会東北地方研究集会   2022年07月  -  2022年07月   

  • 学生健診で発見された胸部異常陰影の一例

    佐野 正明、安保 智秋、藤原 友紀子、荻原 佐智代、伏見 雅人

    第58回全国大学保健管理研究集会東北地方研究集会   2021年07月  -  2021年07月   

  • COVID-19感染拡大に伴う自粛中の大学生における抑うつ症状, 自殺関連念慮に関連する因子の検討

    野村 恭子, 南園 佐知子, 前田 恵理, キム ロザリン, 岩田 豊人, 平山 純子, 尾野 恭一, 伏見 雅人, 後藤 猛, 三島 和夫, 山本 文雄

    第62回日本心身医学会総会ならびに学術講演会  2021年07月  -  2021年07月    日本心身医学会

  • 学校における自殺予防教育 ~秋田県内での取り組みについて~

    伏見雅人

    令和元年度秋田県学校保健・学校医研究会並びに学校精神保健研修会  2019年12月  -  2019年12月    秋田県医師会

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 全国大学メンタルヘルス学会

    2022年12月
    -
    継続中

    理事

  • 全国大学保健管理協会

    2021年06月
    -
    継続中

    理事

  • 東北精神神経学会

    2021年04月
    -
    継続中

    生涯教育研修委員

  • 全国大学保健管理協会

    2016年12月
    -
    継続中

    評議員

  • 秋田県医師会

    2016年06月
    -
    継続中

    学校保健委員会委員

全件表示 >>

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

全件表示 >>