関 信輔 (セキ シンスケ)

SEKI Shinsuke

写真a

所属

バイオサイエンス教育・研究サポートセンター 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 低温生物学

  • 実験動物学

  • 凍結保存

  • 生殖工学

  • 動物生殖工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    高知大学   生物資源学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    愛媛大学  連合農学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学 -  博士(農学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    秋田大学   バイオサイエンス教育・研究サポートセンター   准教授  

  • 2015年11月
    -
    2021年03月

    秋田大学   バイオサイエンス教育・研究センター   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

      秋田大学   バイオサイエンス教育・研究サポートセンター   准教授

  • 2018年12月
    -
    2019年09月

      スタンフォード大学, アメリカ合衆国   Visiting scholar (併任)

  • 2015年11月
    -
    2021年03月

      秋田大学   バイオサイエンス教育・研究サポートセンター   助教

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    低温生物工学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本実験動物学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    国際低温生物学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本繁殖生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験動物学

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • 環境・農学 / 生物資源保全学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Studies on the cryopreservation of zebrafish oocytes

    Shinsuke Seki

      2007年03月

    単著

研究等業績 【 表示 / 非表示

    ◆原著論文【 表示 / 非表示

  • Cryopreservation of rat embryos at all developmental stages by small-volume vitrification procedure and rapid warming in cryotubes

    Seki S.

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  13 ( 1 ) 20903 - 20903   2023年12月

    研究論文(学術雑誌)  

    Intracellular ice formation during cryopreservation is lethal to the cell, including during warming. Here, we examined the effect of sample volume and warming rate on the cryopreservation success of 1-cell rat embryos based on successful development into blastocysts in vitro and to term in vivo following embryo transfer. Embryos were equilibrated in 5% propylene glycol solution for 10 min, held for 40 s at 0 °C in cryopreservation solution (5%PG + PEPeS), and cooled by immersion in liquid nitrogen. When 1-cell embryos were cryopreserved in a volume of 30-100 μL at a cooling rate of 5830-7160 °C/min and warmed at 35,480-49,400 °C/min by adding 1 mL of 0.3 M sucrose solution at 50 °C, 17.3-28.8% developed into blastocysts, compared with 57.0% of untreated embryos. However, when 1-cell embryos were cryopreserved in a smaller volume of 15 μl at 7950 °C/min and warmed at 68,850 °C/min, 58.8 ± 10.6% developed into blastocysts and 50.0 ± 7.4% developed to term, comparable to that of non-treated embryos (57.0 ± 5.4% and 51.4 ± 3.1%, respectively). Cryopreserved embryos at other developmental stages also showed high in vitro culture potential similar to that of the control. Using a conventional cryotube and a small-volume vitrification procedure with rapid warming, we achieved high levels of subsequent rat embryonic development at all developmental stages.

    DOI PubMed

  • TIGIT mediates activation-induced cell death of ILC2sduring chronic airway allergy

    Yamada T.

    Journal of Experimental Medicine ( Journal of Experimental Medicine )  220 ( 7 )   2023年07月

    研究論文(学術雑誌)  

    While group-2 innate lymphoid cells (ILC2s) are highly proliferative in allergic inflammation, the removal of overactivated ILC2s in allergic diseases has not been investigated. We previously showed that chronic airway allergy induces "exhausted-like" dysfunctional ILC2s expressing T cell immunoreceptor with Ig and ITIM domains (TIGIT). However, the physiological relevance of these cells in chronic allergy remains elusive. To precisely identify and monitor TIGIT+ ILC2s, we generated TIGIT lineage tracer mice. Chronic allergy stably induced TIGIT+ ILC2s, which were highly activated, apoptotic, and were quickly removed from sites of chronic allergy. Transcripts from coding genes were globally suppressed in the cells, possibly due to reduced chromatin accessibility. Cell death in TIGIT+ ILC2s was enhanced by interactions with CD155 expressed on macrophages, whereas genetic ablation of Tigit or blockade by anti-TIGIT antagonistic antibodies promoted ILC2 survival, thereby deteriorating chronic allergic inflammation. Our work demonstrates that TIGIT shifts the fate of ILC2s toward activation-induced cell death, which could present a new therapeutic target for chronic allergies.

    DOI PubMed

  • Streamlined and quantitative detection of chimerism using digital PCR

    Sachy FP, Nishimura T, Seki S, Wilkinson AC, Higuchi M, Hsu I, Zhang J, Bhadury J, Nakauchi, H

    Scientific Reports ( Scientific Reports )  12 ( 1 )   2022年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国際共著

    DOI

  • Small-volume vitrification and rapid warming yield high survivals of one-cell rat embryos in cryotubes

    Fukuda Y, Higashiya M, Obata T, Basaki K, Yano M, Matsumura K, Ono K, Ohba T, Okamoto Y, Nishijima K, Seki S

    Biology of Reproduction ( Biology of Reproduction )  105 ( 1 ) 258 - 266   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI PubMed

  • Characteristic features of newly established specific pathogen-free albino large rabbit (JW-AKT): Comparison with Japanese white and new Zealand white rabbits

    Matsuda Y, Shibata Y, Basaki K, Fukuda Y, Takaki N, Maeda T, Hirao M, Yano M, Higashiya M, Obata T, Seki S, Nishijima K

    Journal of Veterinary Medical Science ( Journal of Veterinary Medical Science )  81 ( 5 ) 739 - 743   2019年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   国内共著

    DOI PubMed CiNii Research

  • 全件表示 >>

    ◆総説・解説【 表示 / 非表示

  • マウス卵子・初期胚の凍結保存における急速融解の重要性

    関 信輔

    日本臨床エンブリオロジスト学会誌 ( 日本臨床エンブリオロジスト学会 )    2015年12月

    総説・解説(その他)   単著

  • 育種の効率化に向けた代理親魚技術の利用

    吉崎 悟朗, 森田哲朗, 島森 翔太郎, 林 誠, Lee Seungki, 岩崎 佳子, 関 信輔

    養殖ビジネス ( 緑書房 )  51   47 - 49   2014年04月

    総説・解説(商業誌)   国内共著

  • ◆その他【 表示 / 非表示

  • 科学 絶滅危惧種メダカの保全 : 超低温保存した細胞からメダカの復元に成功

    関 信輔

    青淵 ( 渋沢栄一記念財団 )  ( 826 ) 8 - 10   2018年01月

  • 細胞内氷晶形成メカニズムの解明と 細胞内氷晶形成回避における融解速度の重要性

    関 信輔

    低温生物工学会誌 ( 低温生物工学会 )  63 ( 2 ) 77 - 84   2017年

    DOI

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols

    Naruse K, Kezuka F, Seki S, Lee S, Yoshizaki G ( 担当: 共著 )

    WILEY Blackwell  2019年

    その他

  • Importance of cooling vs. warming rates using vitrification

    Seki S ( 担当: 共著 )

    Taylor & Francis Books Ltd  2015年08月

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 哺乳動物初期胚の凍結保存方法

    特許

    特願 特願2019-133275  特開 特開2021-016336 

    出願日: 2019年07月19日

    公開日: 2021年02月15日

    関 信輔, 福田 康義, 西島 和俊, 場▲崎▼ 恵太, 矢野 愛美, 小畑 孝弘, 東谷 美沙子, 尾野 恭一

    J-GLOBAL

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インユーテロ幹細胞移植による動物体内を利用したヒト血液・臓器作出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  関 信輔, 西島 和俊

  • インユーテロ幹細胞移植による動物体内を利用したヒト血液・臓器作出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  関 信輔, 西島 和俊

  • マウス胎児への臓器幹細胞移植による臓器作出

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  関 信輔

  • マウス胎児への臓器幹細胞移植による臓器作出

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  関 信輔

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 急速融解に着目した細胞の超低温保存法の開発

    関 信輔  [招待有り]

    日本伝熱学会東北支部 秋季セミナー  2021年10月  -  2021年10月   

  • 生殖幹細胞の凍結保存と代理親への移植による絶滅危惧種の復元

    関 信輔  [招待有り]

    令和2年度秋田産学官ネットワーク運営会議  2020年  -  2020年   

  • 実験動物メダカの生殖幹細胞移植による遺伝資源保全

    関 信輔  [招待有り]

    第30回 東北動物実験研究会  2019年  -  2019年   

  • 細胞内氷晶形成メカニズムの解明と細胞内氷晶形成回避における融解速度の重要性

    関 信輔  [招待有り]

    第62回 低温生物工学会セミナー及び年会  2017年  -  2017年   

  • 凍結保存技術における急速融解の重要性と絶滅危惧種の保全

    関 信輔

    第20回 日本臨床エンブリオロジスト学会  2017年  -  2017年   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 低温生物工学会

    2019年06月
    -
    継続中

    編集委員

  • 低温生物工学会

    2019年03月
    -
    継続中

    理事

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • わか杉科学技術奨励賞 秋大・関さん、松本さん受賞

    2019年11月27日

    わか杉科学技術奨励賞 秋大・関さん、松本さん受賞

  • 絶滅の恐れがある魚を別の種類の「代理親」を使って誕生させる研究を、秋田大や東京海洋大などのチームが進めている

    2018年01月17日

    絶滅の恐れがある魚を別の種類の「代理親」を使って誕生させる研究を、秋田大や東京海洋大などのチームが進めている

  • 魚の細胞、別種類に移植 代理親で元の種誕生 クニマスへの応用期待

    2018年01月12日

    魚の細胞、別種類に移植 代理親で元の種誕生 クニマスへの応用期待

  • 魚の絶滅防止 代理親 クニマスも

    2018年01月10日

    魚の絶滅防止 代理親 クニマスも

  • 魚の絶滅防止へ 代理親 クニマスも、絶滅危惧種に応用

    2018年01月05日

    共同通信

全件表示 >>