赤川 祐子 (アカガワ ユウコ)

AKAGAWA Yuko

写真a

所属

大学院医学系研究科(保健学専攻)  看護学講座 

研究分野・キーワード

がん看護

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    秋田大学   医学部   保健学科 看護学専攻 3年次編入学   卒業

  •  
    -
    2008年03月

    秋田県立衛生看護学院   看護学部   看護科3年課程   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    秋田大学  医学系研究科  保健学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  修士(看護学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(保健学専攻)   看護学講座   助教  

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   助教  

  • 2015年09月
    -
    2017年03月

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   保健学専攻   臨床看護学講座   特任助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年02月

      東京大学医学部附属病院   職員(医療系)

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

      国立がん研究センター中央病院   職員(医療系)

  • 2008年05月
    -
    2010年03月

      中通総合病院   職員(医療系)

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本看護科学学会

  • 2018年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本緩和医療学会

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本がん看護学会

  • 2016年10月
    -
    2019年03月
     

    日本国

     

    秋田県緩和ケア研究会

  • 2016年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本混合研究学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 看護師

  • 衛生管理者(第1種)

  • 養護教諭2種普通免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Health Promotion Awareness in Barbershops and Salons: An International Cross-Sectional Survey in Japan and Thailand

    Makabe S.

    Journal of Community Health ( Journal of Community Health )  45 ( 4 ) 768 - 774   2020年08月

    ISSN:00945145

    DOI

  • がん治療中の親が子どもとの関わりにおいて抱く困難と希望~親の語りに焦点を当てて~

    赤川祐子,眞壁幸子,伊藤登茂子,安藤秀明

    第50回日本看護協会論文集ヘルスプロモーション   50   147 - 150   2020年01月  [査読有り]

    国内共著

  • 秋田県におけるがんになった親をもつ子どもへの支援に対する看護師の現状

    赤川 祐子, 眞壁 幸子, 伊藤 登茂子, 今野 麻衣子, 三浦 京子, 白川 秀子, 安藤 秀明

    Palliative Care Research ( 日本緩和医療学会 )  15 ( 3 ) 221 - 226   2020年

    <p>【目的】がんになった親をもつ子どもへの支援に対する看護師の現状を明らかにする.【方法】平成28年12月~平成29年2月,秋田県内のがん看護に関わる看護師を対象に支援の認識や経験,学習背景等を質問紙調査した.属性は記述統計,支援経験と属性の関連はχ<sup>2</sup>検定,Fisherの正確確率検定等を用い(<i>p</i><0.05),自由記載は類似内容でカテゴリ分類をした.【結果】10施設141名(回収率:43.9%)のうち,支援が必要と思う者は135名(96%),支援経験者は28名(20%)であった.支援内容は[子どもへの直接的支援][親を介した支援][リソースへの連携調整による支援],支援上の困難は「子どもへの介入」が最多で,「子どもと会えない」も挙がった.【結論】子どもへの支援経験者は少数のため,具体的な支援方法を学び,他職種との情報共有をすることで支援の充実を図り,子どもに会えない場合には親を通した支援が必要である.</p>

    DOI CiNii

  • がんの親をもつ子どもへの支援~CLIMB®プログラムアシスタント養成講座の教育効果~

    赤川祐子、眞壁幸子、利緑、伊藤登茂子、安藤秀明

    第49回日本看護協会論文集ヘルスプロモーションー     95 - 98   2019年03月  [査読有り]

    ISSN:2188-6458

    国内共著

  • がんになった親(18歳未満の子どもをもつ)の困難と希望に関する文献検討

    阿部祐子.眞壁幸子.安藤秀明.伊藤登茂子

    秋田大学大学院医学系研究科 保健学専攻 紀要   25 ( 1 ) 61 - 69   2017年04月  [査読有り]

    ISSN:1884-0167

    国内共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • がんの親をもつ18歳未満の子どもへの支援 秋田県における学校-医療協働支援の開発

    若手研究

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月 

  • がんになった父親における希望と困難の現状把握と多職種共同支援の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Challenge and hope for parents who have cancer, final report

    Yuko Akagawa, Sachiko Makabe, Tomoko Ito, Hideaki Andoh

    The 40 th Annual Conference of Japan Academy of Nursing Schience  2020年12月  -  2020年12月    日本看護科学学会

  • The experience of elementary school staff’s and the effectiveness of an intervention to support children with parental cancer: A convergent separated mixed methods systematic review protocol

    Yuko Akagawa, Tomomi Suda, Tomoko Ito, Hideaki Andoh, Sachiko Makabe

    Japan Society for Mixed Methods Research 2020  2020年10月  -  2020年10月   

  • Effects of a support program for the parents with cancer diagnosis and their children ~CLIMB® program~

    Yuko Akagawa, Kaori Osawa, Sachiko Makabe, Tomoko Ito, Hideaki Andoh, Sue P. Heiney

    The 6th International Research Conference of World Academy of Nursing Science  (Osaka)  2020年02月  -  2020年02月   

  • “Challenge” in which parents having cancer tell their children about their cancer: literature review

    Yuko Akagawa, Airi Kataoka, Sachiko Makabe, Tomoko Ito, Hideaki Andoh

    23rd East Asian Forum of Nursing Scholars  (Thailand)  2020年01月  -  2020年01月   

  • The possibility of collaboration between barbers/hairdressers and health care service: International cross-sectional questionnaire survey in Japan and Thailand

    Sachiko Makabe, Yu Kume, Tomohiro Kamada, Hataichanok Apikomonkon, Jiranan Griffiths, Naruemol Singha-dong, Junko Takagai, Yuko Akagawa

    22th East Asian Forum of Nursing Scholars  (Singapore )  2019年01月  -  2019年01月   

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学医学部保健学科 教育賞

    2020年05月   秋田大学  

  • 秋田大学医学部保健学科 教育賞

    2019年07月   秋田大学  

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    2020年04月

    日本混合研究学会   広報企画委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • NPO法人Hope Tree 

    2021年01月
    -
    継続中

  • NPO法人NAOのたまご 理事

    2019年05月
    -
    継続中

  • 秋田CLIMB®プログラム代表 ファシリテーター

    2017年08月
    -
    継続中

    がんの親をもつ子どもへの支援であるCLIMB®プログラムを開催。

  • がんの親をもつ子どもへの支援に関する研修会

    2017年06月
    -
    継続中