鮎川 友紀 (アユカワ トモノリ)

AYUKAWA Tomonori

写真a

所属

大学院医学系研究科(医学専攻等)  医学専攻  病態制御医学系  細胞生物学講座

研究分野・キーワード

発生学,細胞生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京理科大学   基礎工学部   生物工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    東京理科大学  基礎工学研究科  生物工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科(医学専攻等)   医学専攻   病態制御医学系   助教  

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • NotchのO-フコシル化に必要な糖核酸輸送体に関する研究

    鮎川 友紀

      2010年03月  [査読有り]

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Dual roles of O-glucose glycans redundant with monosaccharide O-fucose on Notch in Notch trafficking

    Matsumoto K, Ayukawa T, Ishio A, Sasamura T, Yamakawa T, Matsuno K.

    J. Biol. Chem.   291 ( 26 ) 13743 - 13752   2016年06月  [査読有り]

    ISSN:00219258

    国内共著

    DOI

  • O-fucose monosaccharide of Drosophila Notch has a temperature-sensitive function and cooperates with O-glucose glycan in Notch transport and Notch signaling activation.

    Ishio A, Sasamura T, Ayukawa T, Kuroda J, Ishikawa HO., Aoyama N, Matsumoto K, Gushiken T, Okajima T, Yamakawa T, Matsuno K.

    J. Biol. Chem.   290 ( 1 ) 505 - 519   2015年01月  [査読有り]

    ISSN:00219258

    国内共著

    DOI

  • Dachsous-dependent asymmetric localization of spiny-legs determines planar cell polarity orientation in Drosophila.

    Ayukawa T, Akiyama M, Mummery-Widmer JL, Stoeger T, Sasaki J, Knoblich JA, Senoo H, Sasaki T, Yamazaki M.

    Cell Reports   8 ( 2 ) 610 - 621   2014年07月  [査読有り]

    ISSN:22111247

    国内共著

    DOI

  • Rescue of Notch signaling in cells incapable of GDP-L-fucose synthesis by gap junction transfer of GDP-L-fucose in Drosophila.

    Ayukawa T, Matsumoto K, Ishikawa HO, Ishio A, Yamakawa T, Aoyama N, Suzuki T, Matsuno K.

    Proc. Natl. Acad. Sci. U S A.   109 ( 38 ) 15318 - 15323   2012年09月  [査読有り]

    ISSN:00278424

    国内共著

    DOI

  • Roles of Drosophila deltex in Notch receptor endocytic trafficking and activation.

    Yamada K, Fuwa TJ, Ayukawa T, Tanaka T, Nakamura A, Wilkin MB, Baron M, Matsuno K.

    Genes Cells.   16 ( 3 ) 261 - 272   2011年03月  [査読有り]

    ISSN:13569597

    国内共著

    DOI

全件表示 >>

Book(書籍) 【 表示 / 非表示

  • Studies on Functions of Notch O-fucosylation in Drosophila

    Ayukawa T, Matsuno K (担当: 共著 )

    Springer Japan  2008年07月 ISBN: 978-4-431-77921-6

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • Dachsous依存的なSpiny-legsの非対称局在はショウジョウバエにおける平面内細胞極性の方向を決定する

    鮎川友紀

    秋田医学 ( 秋田医学会 )  42 ( 1 ) 9 - 17   2015年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • Metabolism and transportation pathways of GDP-fucose that are required for the O-fucosylation of notch

    Yamakawa T, Ayukawa T, Matsuno K

    Advances in Experimental Medicine and Biology ( Springer US )  727   37 - 46   2012年07月

    総説・解説(学術雑誌)   国内共著

    DOI

  • O-結合型糖鎖修飾によるNotch受容体の機能制御

    鮎川友紀, 松野健治

    蛋白質核酸酵素 ( 共立出版社 )  53 ( 12 ) 1641 - 1648   2008年09月

    総説・解説(商業誌)   国内共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会第65回東北・北海道連合支部学術集会・学会賞

    2019年09月07日   日本解剖学会東北・北海道連合支部学術集会   コアグループに依存しない PCP制御機構の解析

    受賞者:  鮎川 友紀

  • 平成29年度 花王科学奨励賞

    2017年06月16日   花王芸術・科学財団  

    受賞者:  鮎川友紀

  • 山下太郎顕彰育英会第26回学術研究奨励賞

    2015年06月05日   山下太郎顕彰育英会  

    受賞者:  鮎川友紀

  • 平成26年度秋田医学会学術奨励賞

    2015年02月12日   秋田医学会  

    受賞者:  鮎川友紀

  • JDRC10森脇大五郎賞(優秀賞)

    2012年10月14日   JDRC10  

    受賞者:  鮎川友紀

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • PCPの形成と維持をバランスする機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • 細胞外マトリックスを介した新たなPCP制御機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 新規PCP遺伝子の機能解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

  • 平面内細胞極性を制御する足場タンパク質の機能解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 上原記念生命科学財団 研究奨励金

     2019年03月

  • 花王科学奨励賞

     2017年06月

  • 加藤記念研究助成

     2017年03月