星出 隆志 (ホシデ タカシ)

HOSHIDE Takashi

写真a

所属

大学院国際資源学研究科  資源地球科学専攻 

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~earth-resource/petrology/index_j.html

研究分野・キーワード

火成岩岩石学、層状貫入岩体、斑れい岩、マグマ溜まりプロセス、中央海嶺、火山噴火

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学   理学部   地球惑星科学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    秋田大学   国際資源学部   国際資源学科   資源地球科学コース   助教  

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    秋田大学   新学部創設準備担当   助教  

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年08月

      東北大学   特任助教

  • 2010年09月
    -
    2012年03月

      九州大学   学術研究員

  • 2010年04月
    -
    2010年08月

      京都大学   教務補佐員

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      京都大学   日本学術振興会特別研究員

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2012年01月
    -
    継続中
     

    その他(ヨーロッパ地域)

     

    ヨーロッパ地球科学連合

  • 2010年09月
    -
    継続中
     

    アメリカ合衆国

     

    米国地球物理学連合

  • 2009年01月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本火山学会

  • 2006年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本鉱物科学会

  • 2004年09月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本地質学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 火成岩岩石学

  • 地質学

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年08月
     
     

    2014年度秋田大学全学FDワークショップ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 統合国際深海掘削計画(IODP)Exp. 345 で採取された層状斑れい岩の岩石学的研究

    深海調査研究開発  

    研究期間:

    2012年12月
    -
    継続中

    研究態様:国際共同研究

  • 地球物理観測データと地質・岩石学的情報を基にした、地殻から上部マントルまでの岩相・流体分布図の作成

    新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業  

    研究期間:

    2012年04月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

  • 新燃岳2011年噴火噴出物の岩石学的研究

    新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業  

    研究期間:

    2010年09月
    -
    継続中

    研究態様:国内共同研究

  • 貫入岩体の観察に基づくマグマ溜まりプロセスの研究-室戸岬斑れい岩体の岩石学的研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

    2007年04月
    -
    継続中

    研究態様:個人研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Origin of igneous layering and related structures in the Murotomisaki Gabbroic Intrusion—Remelting of crystal mush by fluid migration within the crystallizing boundary layer

    Takashi Hoshide

      2010年03月

    単著

    層状貫入岩体に見られる層状構造の形成モデルとして、マグマ溜まりの固液境界層内での流体相の移動により一度作られたクリスタルマッシュが再溶融を起こし、局所的にメルトフラクションが増加した部分で固液分離が促進されて層状構造が発達するというモデルを提唱した。つまり層状貫入岩体に発達するある種の層状構造は、マグマ溜まりが結晶化していく際のfluid pathwayであることを主張した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Genesis of magmatic ilmenite ores associated with the Mazua ultramafic intrusion, NE Mozambique

    David A. B. Unganai, Akira Imai, Ryohei Takahashi, Daud L. Jamal, Andrea Agangi, Takashi Hoshide, Hinako Sato

    Ore Geology Reviews ( Elsevier )    2022年02月  [査読有り]

    ISSN:0169-1368

    国際共著

    DOI

  • Cooling processes of a dolerite sill inferred from the variations in plagioclase aspect ratio, Atsumi District, north-eastern Japan

    Kentaro Kondo, Takashi Hoshide

    Geosciences Journal ( Springer Nature )    2021年12月  [査読有り]

    ISSN:1598-7477

    国内共著

    The upper Kayaoka sheet in the Atsumi area, Northeast Japan, has an alkaline-basaltic composition. The modal olivine and Ni enrichment in the lower part of the sheet indicates the accumulation of early formed olivine crystals. Overall, the average aspect ratio of plagioclase increases from the central part of the sheet toward both the top and bottom margins. The average aspect ratios of plagioclase and calculated crystallisation times at each height of the sheet, except for the lowermost margin, are roughly plotted near the regression line drawn based on those from many sills in previous research. However, we observed that the average aspect ratios of plagioclase in some horizons of the central part of the sheet exhibit an offset from the regression line. The olivine analcite dolerite in the central part of the sheet is rich in zeolite amygdules and glassy mesostasis with a quench texture. These observations suggest that the cooling rate in the central part of the sheet was faster compared with assuming conductive cooling only. A plausible mechanism for the rapid cooling at the centre of the sheet is heat transport by the convection of seawater that has infiltrated the columnar joint.

    DOI

  • Simultaneous Analysis of Seismic Velocity and Electrical Conductivity in the Crust and the Uppermost Mantle: A Forward Model and Inversion Test Based on Grid Search

    Hikaru Iwamori, Kenta Ueki, Takashi Hoshide, Hiroshi Sakuma, Masahiro Ichiki, Tohru Watanabe, Michihiko Nakamura, Hitomi Nakamura, Tatsuji Nishizawa, Atsushi Nakao, Yasuo Ogawa, Tatsu Kuwatani, Kenji Nagata, Tomomi Okada, Eiichi Takahashi

    Journal of Geophysical Research: Solid Earth ( American Geophysical Union )  126 ( 9 )   2021年09月  [査読有り]

    ISSN:2169-9356

    国際共著

    DOI

  • Deep crustal crystallization of tholeiitic melt: Insights from Manguao Basalt, Palawan, Philippines

    James Cesar, Avisado REFRAN, Tsukasa OHBA, Carlo Abundo ARCILLA, Takashi HOSHIDE, Maria Ines Rosana, D. BALANGUE–TARRIELA

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences ( Japan Association of Mineralogical Sciences )  115 ( 6 ) 440 - 456   2020年12月  [査読有り]

    国際共著

  • Temporal Variations of Petrological Characteristics of Tangkil and Rajabasa Volcanic Rocks, Indonesia

    Reza Firmansyah Hasibuan, Tsukasa Ohba, Mirzam Abdurrachman, Takashi Hoshide

    Indonesian Journal on Geoscience ( Geological AgencyMinistry of Energy and Mineral Resources )  7 ( 2 ) 135 - 159   2020年08月  [査読有り]

    国際共著

    DOI

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • IUGG2011総会参加報告

    横尾亮彦ほか13名

    火山 ( 日本火山学会 )    2011年12月

    総説・解説(その他)   国内共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本鉱物科学会論文賞

    2008年09月   日本鉱物科学会  

    受賞者:  星出 隆志・小畑 正明

  • 日本地質学会優秀講演賞

    2005年09月   日本地質学会  

    受賞者:  星出 隆志

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 海洋下部地殻斑れい岩のメルト包有物解析が拓く中央海嶺玄武岩マグマ成因論

    基盤研究(C)

    研究期間:  2022年04月  -  継続中  代表者:  星出隆志

  • 超塩基性深成岩体に胚胎される熱水性白金鉱床の生成モデル構築(分担)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  越後拓也

  • 層状貫入分化岩体の研究に基づく、マグマ溜り境界層分化メカニズムの解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • IODP乗船後研究「Exp. 345 高速拡大軸における深部海洋地殻のマグマ過程および熱水・変質作用」

    提供機関:  北海道大学、岡山大学、産業技術総合研究所、東北大学、金沢大学、JAMSTEC  その他  国内共同研究

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 岩手県雫石町玄武洞溶岩の内部構造と岩石組織から推定されるエンタブラチャーの形成過程

    星出 隆志, 石橋 直, 岩橋 慶亮

    日本地質学会第128年学術大会  2021年09月  -  2021年09月    日本地質学会

    厚い溶岩や溶結凝灰岩に発達する柱状節理には,colonnadeとentablatureと呼ばれる2つの構造が認められることがある。colonnadeでは,節理がつくる柱の幅が大きく直線的であるのに対し,entablatureでは柱の幅が小さく曲がっている。柱状節理の発達する岩体にこうした2つの構造が生じる原因については長年議論されているが,colonnade-entablature間の急激な構造転位の要因など,未だ明らかでないことが多い。そこで我々は,colonnadeとentablatureの両構造を有する岩体である岩手火山の玄武洞溶岩流(葛根田の大岩屋)を対象に,溶岩の内部構造観察,節理の形態観察,岩石組織観察を行い,entablatureの成因を考察した。 岩手火山の南西部に分布する玄武洞溶岩流は,新期網張火山群(中川,1987)の噴出物に属する玄武岩質安山岩溶岩である。岩手県雫石町の葛根田川沿いの「葛根田の大岩屋」には同溶岩流の末端が露出し,下位の火山礫凝灰岩との境界から溶岩流の上面までの厚さは約40-50 mである。溶岩流の下部10 mはcolonnade,中部25 mはentablature,凹凸のある最上部(5-10 m)からなる。colonnadeの柱の幅は50-70 cm程度である。柱の側面をつくるフラクチャーには,フラクチャーの段階的な伸展を示すchisel-mark(stria)が柱にほぼ垂直な方向に生じている。 entablatureに発達するフラクチャーがつくる構造は,見る方向によっては柱のように見えるが,複数の方向から観察すると厚さが5-10 cm程度の板状であることがわかる。この板状構造は2方向のフラクチャーによって形成されている。1つは広範囲にわたってほぼ平行に発達し表面が滑らかなメインフラクチャー,もう1つはメインフラクチャーにほぼ垂直に発達し凹凸の著しい表面をもつサブフラクチャーである。このサブフラクチャーの近傍は他の部分に比べて黒色緻密であり,サブフラクチャーの面にほぼ垂直に間隔2-3 cm,長さ5 cm程度の細かいミニフラクチャーが生じている。 溶岩流最上部には,溶岩本体から上方へ伸びる径1-5 m程度の突起状構造が発達し,突起と突起の間には同質の火砕岩が堆積している。突起状構造の表面に垂直な方向に多数のフラクチャーが発達する。突起状構造に隣接して同質の岩片からなるpyroclastic brecciaが周囲を取り囲み,さらにその外側にtuff brecciaが分布する。これらpyroclastic rockに含まれる岩片にはジグソーフィット構造が認められることがある。また,突起と突起の間にpsuedo-pillowstructureをもつ球状の溶岩が認められた。 玄武洞溶岩の岩石組織を偏光顕微鏡とSEM-EDSを用いて観察した。Colonnadeや,Entablatureのサブフラクチャーから離れた部分の試料では,石基の結晶度が高く,斜長石や普通輝石のほかに磁鉄鉱や石英が生じ,ほぼ完晶質であった。それに対し,Entablatureのサブフラクチャー近傍の試料では,石基の結晶度が低く,火山ガラスが残存し,磁鉄鉱や石英はほとんど生じていなかった。また石基の普通輝石マイクロライトには,粒径数10 μmの半自形結晶と,粒径10 μm程度の樹枝状結晶の2種類が認められた。また,このEntablatureのサブフラクチャー近傍には,幅10 μm以下のpalagonite脈が網目状に分布し,palagonite脈に面した火山ガラスとの間には球状の気泡が生じていた。これらの観察から,玄武洞溶岩流のEntablatureに発達するサブフラクチャー近傍では,マグマが未固結の時期に,サブフラクチャーやそこから派生した薄いフラクチャーに沿って水が浸入し,そのことにより急冷が起きたと考えられる。溶岩流最上部の突起状構造や同質火砕岩は,溶岩流の上面に生じた鉛直方向のフラクチャーに沿って水が浸入し,水冷破砕が発生したことでできたと考えられる。

  • モンゴル,ハンガイ山地第四紀ハルグイット火山における溶岩流の定置過程

    大場 司・星出隆志・近藤恵太・ナツァグドルジ ムンフエルデネ・井村 匠

    日本鉱物科学会年会(オンライン)  2020年09月  -  2020年09月   

  • Deep crystallization of tholeiite melt: insights from Mangao Basalt, Palawan, Philippines

    James Cesar Avisado Refran, Tsukasa Ohba, Carlo Arcilla, Takashi Hoshide, Ma, Ines Prsana Balangue-Tarriela

    JpGU-AGU meeting  2020年07月  -  2020年07月   

  • Melt-rock interaction processes inferred from spinel-bearing layered gabbros in the Hess deep rift, East Pacific Rise

    近藤 恵太、星出 隆志

    JpGU-AGU meeting  2020年07月  -  2020年07月   

  • The relationship between the morphology of entablature and the magma cooling process in the Genbudo lava, Iwate Prefecture

    星出 隆志、石橋 直

    JpGU-AGU meeting  2020年07月  -  2020年07月   

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    2020年03月
      国際資源学部情報システム管理委員   (所属部局内委員会)

  • 2014年04月
    -
    2020年03月
      入試データ処理専門委員会委員   (全学委員会)

  • 2016年05月
    -
    2016年06月
      秋田大学情報基盤システム調達技術審査職員   (その他の主要活動)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月
      秋田大学ハラスメント相談員   (その他の主要活動)

  • 2015年04月
    -
    2015年09月
      秋田大学情報統括センター主任   (センター・施設長)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    継続中

    日本鉱物科学会   「岩石鉱物科学」編集委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本地質学会   代議員(東北支部区)

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 地球46億年の歴史を探る

    秋田大学 

    2021年08月
     
     

  • 地層・岩石・火山を観察し、秋田の大地の成り立ちと資源について考える

    秋田大学 

    2017年09月
     
     

  • 秋田大学理工学部通信教育講座「岩石学」学習指導担当

    2017年04月
    -
    継続中

  • 第27回秋田県理数科合同研修会 班別研修(地学) 「岩石に記録された地球の営み」

    2014年11月
     
     

    秋田県内の理数科の高校生を対象とした研修会で、岩石学に関する講義を実施した。

  • 第26回秋田県理数科合同研修会 班別研修(地学)

    2013年11月
     
     

    秋田県内の理数科の高校生を対象とした研修会で、岩石学に関する講義を実施した。