横田 早希 (ヨコタ サキ)

YOKOTA Saki

写真a

所属

大学院理工学研究科  物質科学専攻  応用化学コース 

研究分野・キーワード

生物工学 

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    山形大学   理学部   物質生命化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2019年09月

    秋田大学  工学資源学研究科  資源学専攻  博士後期課程  修了

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    山形大学  理学系研究科  物質生命化学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

  • 山形大学 -  修士(理学)

  • 山形大学 -  学士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   環境応用化学専攻   助教  

学会(学術団体)・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本農芸化学会

  • 2013年05月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本生物工学会

  • 2012年07月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    化学工学会

  • 2010年06月
    -
    継続中
     

    日本国

     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • イチジク由来 Rubber elongation factor および Small rubber particle protein のクローニングと機能解析

    横田 早希

      2019年09月

    単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation of highly selective sorbents composed of peptides and silica using novel molecular imprinting technology for target metal ions

    Stevens M.G., Yokota Saki, Gotoh Takeshi.

    Journal of Chemical Engineering of Japan ( Journal of Chemical Engineering of Japan )  53 ( 9 ) 485 - 493   2020年09月  [査読有り]

    ISSN:00219592

    国内共著

    <p>A novel molecular imprinting technology was developed to prepare highly selective sorbents, composed of adhesive peptides and microporous silica particles, for the adsorption of target metal ions from aqueous environments. Using solid-phase peptide-synthesis, tyrosine-, lysine-, and histidine-containing peptides were tailored to contain tyrosine-, lysine- and histidine-rich regions. The tyrosine residues of the peptide were converted to 3,4-dihydroxy-L-phenylalanine (DOPA) residues to give the peptides adhesive properties mimicking the adhesion of mussel-foot proteins to wet surfaces. The resulting DOPA-peptides were incubated with target metal ions Ni(II), Cu(II), Co(II), or Zn(II), and subsequently with microporous silica particles, at pH 8.0 and 25°C. Almost all the DOPA-peptides, with the metal ions, strongly attached to the particles within 24 h and were not detached from them upon washing with an aqueous solution of pH 1–12. However, the metal ions were easily released from the particles at a pH below 7.0, implying that imprinted cavities from the target metal ions, created on the peptide-immobilized silica particles, remained after the removal of the template metal ions. The metal adsorption characteristics of the resulting particles, which were termed metal-imprinted peptide–silica particles (metal-iPSPs), were investigated. The target metal ions were adsorbed to metal-iPSPs at a pH of 8.0. The adsorption kinetics fit a pseudo-second-order model well. The adsorption isotherm was well approximated using the Langmuir model, indicating that the metal-iPSP surface was homogeneous, adsorption sites were equivalent, and the coverage formed a monolayer. The metal-iPSPs exhibited a significant and high selectivity for the imprinted target metal ions in the presence of an equimolar quantity of competitive metal ions.</p>

    DOI CiNii

  • B38-CAP is a bacteria-derived ACE2-like enzyme that suppresses hypertension and cardiac dysfunction

    Takafumi Minato, Satoru Nirasawa, Teruki Sato, Tomokazu Yamaguchi, Midori Hoshizaki, Tadakatsu Inagaki, Kazuhiko Nakahara, Tadashi Yoshihashi, Ryo Ozawa , Saki Yokota, Miyuki Natsui, Souichi Koyota, Taku Yoshiya, Kumiko Yoshizawa-Kumagaye, Satoru Motoyama, Takeshi Gotoh, Yoshikazu Nakaoka, Josef M Penninger, Hiroyuki Watanabe, Yumiko Imai, Saori Takahashi, Keiji Kuba

    Nature Communications ( Nature Communications )  11 ( 1 )   2020年02月  [査読有り]

    国際共著

    DOI

  • Effects of rubber elongation factor and small rubber particle protein from rubber-producing plants on lipid metabolism in Saccharomyces cerevisiae

    Yokota Saki., Gotoh Takeshi.

    Journal of Bioscience and Bioengineering ( Journal of Bioscience and Bioengineering )  128 ( 5 ) 585 - 592   2019年11月  [査読有り]

    ISSN:13891723

    国内共著

    DOI

  • Aggregation properties as potential markers for classifying rubber particle proteins

    Yokota Saki, Gotoh Takeshi

    Atlas of Science     2019年01月  [招待有り]

    国内共著

  • Cloning and Aggregation Characterization of Rubber Elongation Factor and Small Rubber Particle Protein from Ficus carica

    Yokota Saki, Suzuki, Yurina, Saitoh Keisuke, Kitajima Sakihito, Ohya Norimasa, Gotoh, Takeshi

    Molecular Biotechnology   60 ( 2 ) 83 - 91   2018年02月  [査読有り]

    国内共著

全件表示 >>

MISC(査読の無い研究業績) 【 表示 / 非表示

  • 酵素反応及び分子シミュレーションを用いたプレニル基転移酵素の生体触媒設計

    横田早希,後藤猛,大谷典正,佐上博

    物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告     2015年03月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   国内共著

  • ビオチンリガーゼを利用したゴム合成酵素活性化タンパク質の解明

    後藤猛,横田早希,水村仁美,大谷典正,佐上博

    物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告     2015年03月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   国内共著

  • 大腸菌を用いたシス型プレニルトランスフェラーゼの大量生産

    後藤猛,佐上博,横田早希

    物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告     2014年03月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   国内共著

  • しょっつるのアンギオテンシン変換酵素阻害活性

    青柳智則, 横田早希, 後藤猛, 塚本研一, 髙橋砂織

    秋田県総合食品研究センター報告     2013年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   国内共著

  • Enzymatic mechanism of Prenyltransferase toward the invention of new medical lead chemical compound and utilization to the biocatalyst

    Ohya N., Yokota S., Sagami H.

    Network Joint Research Center for Materials and Devices Annual Research Report     2013年03月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   国内共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀発表賞

    2020年08月22日   生物工学会若手研究者の集い(若手会)   ゴム粒子タンパク質の発現による酵母脂質代謝への影響

    受賞者:  横田早希

  • ベストプレゼンテーション賞

    2019年09月29日   第63回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会   ゴム粒子タンパク質の発現による酵母脂質代謝への影響

    受賞者:  横田早希

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 天然分岐構造に由来する天然ゴム分子量制御メカニズムの解明

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月  代表者:  横田早希

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Sf9昆虫細胞由来ecto-ATPaseのクローニングと昆虫細胞/バキュロウイルス発現系による組換えタンパク質の調製

    提供機関:  秋田大学  令和2年度秋田大学女性教員研究支援事業

    研究期間: 2020年09月  -  2021年03月  代表者:  横田早希

    資金支給機関区分:その他

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 天然ゴムタンパク質のイソプレン重合能に関する研究

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間:

    2018年12月
    -
    2019年03月

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 天然ゴムタンパク質のイソプレン重合能に関する研究

    提供機関:    民間企業  国内共同研究

    研究期間:  2020年04月  -  2021年03月 

  • 天然ゴムタンパク質のイソプレン重合能に関する研究

    提供機関:    民間企業  国内共同研究

    研究期間:  2019年04月  -  2020年03月 

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 分子インプリント法による乳酸キラル分子認識ペプチド-シリカ担体の調製

    李奕,Stevens Morlu GF,横田早希,後藤猛

    秋田化学技術協会第55回研究技術発表会  2021年02月  -  2021年02月   

  • 接着性ペプチドを用いた分子インプリント法によるSe(IV)および Se(VI) 認識吸着担体の創製

    Stevens Morlu GF,横田早希,山崎正貴,後藤猛

    秋田応用生命科学研究会第33回講演会  2020年11月  -  2020年11月   

  • TurboID法を⽤いたバキュロウイルスレセプター候補タンパク質の探索

    佐藤凪紗,横⽥早希,後藤猛

    生物工学若手研究者の集い第三回オンラインセミナー  2020年11月  -  2020年11月   

  • 接着性ペプチドを用いた分⼦インプリント法による Pt(IV)に選択的な吸着担体の調製

    長山和寛,Stevens Morlu GF,横⽥早希,後藤猛

    生物工学若手研究者の集い第三回オンラインセミナー  2020年11月  -  2020年11月   

  • ゴム粒子結合タンパク質発現による酵母の中性脂質蓄積効果

    横田早希,後藤猛

    秋田応用生命科学研究会第33回講演会  2020年11月  -  2020年11月   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    日本生物工学会   生物工学会若手会実行委員

  • 2020年04月
    -
    継続中

    化学工学会   化学工学会代議員

  • 2017年06月
    -
    継続中

    日本生物工学会   日本生物工学会北日本支部委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高大連携授業

    2020年11月
     
     

    高大連携授業の講師(分担)