基本情報 【 表示 / 非表示

兒玉 英也 (コダマ ヒデヤ)

KODAMA Hideya

写真a

所属

大学院医学系研究科  保健学専攻  母子看護学講座

職名

教授

生年月日

1957年10月06日

研究室住所

秋田市本道1-1-1

1-1-1 Hondo, Akita-shi

研究分野・キーワード

産婦人科学, 母性看護学, 小児保健

Obstetrics and Gynecology

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-884-6513 / +81-(0)18-884-6500--13

研究室FAX

018-884-6500 / +81-()18-884-6500

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   医学部   1981年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  医学博士

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月
    1994年01月

    マッギール大学、泌尿器科研究室、カナダ   アシスタント・プロフェッサー

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    継続中

    秋田大学   教授  

    2009.04
    -
     

    Akita University   Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    継続中
     

    日本母性衛生学会  日本国

    2003.04
    -
     
     

    Japan society of Maternal health  JAPAN

  • 2003年04月
    継続中
     

    日本人類遺伝学会  日本国

    2003.04
    -
     
     

    Japan society of human genetics  JAPAN

  • 1982年04月
    継続中
     

    日本産婦人科学会  日本国

    1982.04
    -
     
     

    Japan society of Obstetrics and Gynecology  JAPAN

  • 0984年04月
    継続中
     

    日本生殖医学会  日本国

    0984.04
    -
     
     

    Japan society of reproductive medicine  JAPAN

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生涯発達看護学 (Lifelong developmental nursing)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 妊婦並びに産褥婦の心理的ストレスへの介入

    研究期間:

    2011年04月
    継続中

  • 乳児の概日リズムの発達にかかわる諸問題

    研究期間:

    2011年04月
    継続中

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Isolation and identification of embryo-derived platelet-activating factor in mice

     (英語)

    Kodama H, Muto H, Maki M

    Nihon Sanka Fujinka Gakkai Zasshi  41 ( 7 ) 899 - 906   1989年04月   共著

論文 【 表示 / 非表示

  • Factor affecting dance exercises performance among students at a special needs school.

    Ito Y, Hiramoto I, Kodama H

    Pediatr Int   2017年06月

  • Assessment of nocturnal sleep architecture by actigraphy and one channel electroencephalography in early infancy

    Yopshida M, Shinohara H, Kodama H

    Early Hum Dev   2015年06月

  • Impact of overnight oximetry findings on cardiac autonomic modulation in women during second trimester of umcomplicated pregnancy

    Watanabe M, Shinohara H, Kodama H

    J Obstet Gynecol Res   2015年05月

  • Dastal-proximal skin temperature gradient prior to sleep onset in infants for clinical use

    Abe N, Kodama H

    Pediatr Int   57 ( 2 )   227 - 233   2015年04月

  • Heart rate variability biofeedback intervention for reduction of phychological stress during the early postpartum period

    Kudo N, Shinohara H, Kodama H

    Appl Psycholphysiol Biofeedback   2014年12月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Assessment of nocturnal sleep architecture by actigraphy and one-channel electroencephalography in early infancy

    Kodama H

    小児看護と小児保健に関する国際学会(第5回)  (ドイツ(ケルン)) 

    2017年06月
     
     
     

  • Relationships between duration of crying/fussy behavior and sleep development in early infancy, from actigraphy to sleep EEG

    Kodama H, Shinohara H

    乳児の概日リズムに関する研究会  (英国(ダラム)) 

    2014年03月
     
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 産後の母親の早朝覚醒時唾液中メラトニン値による生体度系の評価とその臨床的意義

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    2019年03月
     

  • 妊娠末期の出産不安の自律神経機能に基づく客観的評価と介入メソッドの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2014年04月
    2017年03月
     

  • 妊娠末期の妊婦の自律神経機能の修復を目的とした看護介入方法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年04月
    2013年03月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度  保健医療倫理学

    2015年04月
    継続中

     専任

  • 2017年度  生殖医療論

    2007年04月
    継続中

     専任

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    継続中

      保健学専攻長