基本情報 【 表示 / 非表示

村上 賢治 (ムラカミ ケンジ)

MURAKAMI Kenji

写真a

所属

大学院理工学研究科  物質科学専攻  応用化学コース

職名

教授

研究分野・キーワード

界面化学

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~physchem/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   工学部   化学工学科   1991年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学系研究科  化学工学専攻  博士課程  1995年03月  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

  • 東北大学 -  修士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    継続中

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   環境応用化学専攻   教授  

    2013.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Materials-process Engineering and Applied Chemistry Environ   Faculty of Engineering and Resource Science   Professor

  • 2010年04月
    2013年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   環境応用化学専攻   准教授  

    2010.04
    -
    2013.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Materials-process Engineering and Applied Chemistry Environ   Faculty of Engineering and Resource Science   Associate Professor

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 褐炭のイオン交換特性とその応用に関する研究

     (日本語)

    村上賢治

    1997年12月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Fe2O3 on steam gasification of sub-bituminous coal /woody biomass mixture

    L. Shen, A. Nakamura and K. Murakami

    Energy Science & Engineering   6 ( 4 )   281 - 288   2018年08月

  • メソポーラスマグネタイトの合成と染料吸着性能の評価

    安野恵理,菅原諒祐,中村彩乃,村上賢治

    化学工学論文集   44 ( 4 )   271 - 277   2018年07月

  • The aggregation of bentonite using poly(N-isopropylacrylamide) as a flocculant

    A. Nakamura and K. Murakami

    Journal of Materials Science and Chemical Engineering   6 ( 4 )   94 - 108   2018年04月

  • Adsorption of Cs ions using a temperature-responsive polymer/magnetite/zeolite composite adsorbent and separation of the adsorbent from water using high-graident magnetic separation

    Ayano Nakamura, Kohei Sugawara, Syunsuke Nakajima, Kenji Murakami

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   527   63 - 69   2017年08月

  • The effect of mesoporous silica-alumina and iron loading on catalytic cracking of bio-oil

    Takahiro Oga, Ayano Nakamura, Kenji Murakami

    Global Journal of Engineering Science and Research Management   4 ( 2 )   13 - 25   2017年02月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Hydrogenation of solvent-extracted rice straw by zeolite catalyst

    ○Kenji Murakami, Shin Kumagai, Ayano Nakamura, Katsuyasu Sugawara

    7th International Conference on Sustainable Energy and Environment (SEE2018)  (Bangkok, Thailand) 

    2018年11月
     
     
     

  • バイオオイルモデル化合物の過酸化水素による酸化分解

    ○木村聡孝,雄鹿高広,中村彩乃,村上賢治

    第55回石炭科学会議  (北九州) 

    2018年10月
     
     
     

  • コークスおよびバイオマス炭の燃焼速度に及ぼす酸素濃度の影響

    ○村上賢治,松橋えみり,渡邊凌,中村彩乃

    日本鉄鋼協会第176回秋季講演大会  (仙台) 

    2018年09月
     
     
     

  • ポリ(2-(ジメチルアミノ)エチルメタクリレート)を用いたベントナイト懸濁液のろ過速度の検討

    ○中村彩乃,佐藤啓,佐藤友祐,村上賢治

    化学工学会第50回秋季大会  (鹿児島) 

    2018年09月
     
     
     

  • 感温性高分子を用いたベントナイト懸濁液の凝集と凝集物の評価

    ○中村彩乃,佐藤友祐,村上賢治

    化学工学会第50回秋季大会  (鹿児島) 

    2018年09月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 感温性磁性吸着剤の開発-温度による細孔入口径及び分散凝集状態の制御-

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年04月
    2018年03月
     

  • 新規温度応答性分離膜の開発-膜透過可能な分子サイズの温度による制御-

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

  • 細孔入口径可変型吸着剤の開発とその温度応答性分離システムへの応用

    萌芽研究

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

  • ナノチャンネルを有する有機無機複合材料の合成及びイオン交換特性

    若手研究(B)

    研究期間:

    2005年04月
    2008年03月
     

  • 褐炭を用いたイオン選択性・認識性材料の創製

    奨励研究(A)

    研究期間:

    2001年04月
    2003年03月
     

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会(秋田)優秀ポスター賞

    2018年09月   日本化学会東北支部  

    受賞者: 菅原諒祐

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会(秋田)優秀ポスター賞

    2018年09月   日本化学会東北支部  

    受賞者: 安野恵理

  • 平成29年度 化学系学協会東北大会(盛岡)優秀ポスター賞

    2017年09月   日本化学会東北支部  

    受賞者: 安野恵理

  • Poster Presentation Awards (Researcher)

    2017年08月   The 5th International Symposium & Exhibition on Aqua Science and Water Resources  

    受賞者: 中村彩乃

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会(いわき)優秀ポスター賞

    2016年09月   日本化学会東北支部  

    受賞者: 安野恵理