基本情報 【 表示 / 非表示

石川 誠 (イシカワ マコト)

ISHIKAWA Makoto

写真a

所属

大学院医学系研究科  医学専攻  病態制御医学系

職名

講師

研究分野・キーワード

緑内障 神経保護

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学   医学部   医学科   1985年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学研究科  形態学(感覚器)  博士課程  1985年04月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 山形大学 -  医学博士

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    1992年03月

    南カリフォルニア大学医学部細胞生物学教室   文部省在外研究員

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月
    継続中

    秋田大学   附属病院   眼科   講師  

    2006.09
    -
     

    Akita University   Hospital   Ophthalmology   Lecturer

  • 2001年04月
    2002年08月

    秋田大学   附属病院   眼科   講師  

    2001.04
    -
    2002.08

    Akita University   Hospital   Ophthalmology   Lecturer

  • 1994年10月
    2001年03月

    秋田大学   附属病院   眼科   助教  

    1994.10
    -
    2001.03

    Akita University   Hospital   Ophthalmology   Assistant Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    1992年03月

      文部省   南カリフォルニア大学医学部   研究員

  • 1989年04月
    1992年12月

      山形大学   医学部   助教

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    継続中
     

    日本緑内障学会  日本国

  • 1993年04月
    継続中
     

    日本眼科学会  日本国

  • 1993年04月
    継続中
     

    日本眼科医会  日本国

  • 1993年04月
    継続中
     

    日本臨床眼科学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 眼科学 (Ophthalmology)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
     
     

    眼科PDT講習会

  • 2002年06月
     
     

    医学教育のためのワークショップ

  • 2000年12月
     
     

    医学教育のためのワークショップ

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Demonstration of rod and cone photoreceptors in the lamprey retina by freeze-replication and immunofluorescence.

     (英語)

    Ishikawa M, Takao M, Washioka H, Tokunaga F, Watanabe H, Tonosaki A.

    Cell Tissue Res.   249 ( 2 ) 241 - 246   1999年03月   共著

    眼科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Down regulation of glutamine synthetase via GLAST suppression induces retinal axonal swelling in a rat ex vivo hydrostatic pressure model. (共著)

    Ishikawa M, Yoshitomi T, Zorumski CF, Izumi Y.

    Invest Ophthalmol Vis Sci   52 ( 9 )   6604 - 6616   2011年08月

  • Optic nerve head morphology assessed by laser scanning tomography in normal Japanese subjects. (共著)

    Sawada Y, Ishikawa M, Sato N, Yoshitomi T.

    J Glaucoma   20 ( 7 )   445 - 451   2011年09月

  • Structural changes in the lacrimal sac epithelium and its lymphoid tissue during rabbit experimental dacryocystitis.

    Ishikawa M, Kubo M, Maeda S, Sawada Y, Yoshitomi T.

    Clinical Ophthalmol   5   1567 - 1574   2011年10月

  • Risk factors for primary open-angle glaucoma in Japanese subjects attending community health screenings.

    Ishikawa M, Sawada Y, Sato N, Yoshitomi T.

    Clinical Ophthalmol   5   1531 - 1537   2011年10月

  • Effects of acutely elevated hydrostatic pressure in the rat ex vivo retinal preparation. (共著)

    Ishikawa M, Yoshitomi T, Zorumski CF, Izumi Y.

    Invest Ophthalmol Vis Sci   51 ( 12 )   6414 - 6423   2010年12月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Intravitreal injection of peanut agglutinin results in specific labeling of long-wave-length- sensitive cone photoreceptors.

    Ishikawa M, Yoshitomi T.

    New York: Nova Science Publisher.   2012年07月

  • Cytochemical analysis of the primitive photoreceptive membrane.

    Ishikawa M, Sakuragi S, Hisatomi H, Tokunaga F, Tonosaki A.

    Research signpost  2001年05月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 読む為の基礎知識.d.瞳孔径.

    石川 誠、吉冨 健志

    「眼科プラクティス.16.視野」 ( 文光堂 )    64 - 66   2007年10月

  • 瞳孔検査

    石川 誠、吉冨 健志

    今日の眼疾患治療指針第2版 ( 医学書院 )    710 - 711   2007年10月

  • 滑車神経麻痺

    石川 誠、吉冨 健志 誠、吉冨 健志

    今日の眼疾患治療指針第2版 ( 医学書院 )    430 - 431   2007年10月

  • 動眼神経麻痺.

    石川 誠、吉冨 健志.

    今日の眼疾患治療指針第2版 ( 医学書院 )    428 - 429   2007年10月

  • 中高年に多い正常眼圧緑内障.

    石川 誠、吉冨 健志 誠、吉冨 健志

    秋田の病気あれこれ改訂版 ( 秋田魁新報社 )    264 - 265   2007年03月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Protective effects of tamoxifen against pressure-induced injury in a rat ex vivo hydrostatic pressure model.

    Ishikawa M, Yoshitomi T, Izumi Y.

    アジア太平洋緑内障会議  (Bali, Indonesia) 

    2012年12月
     
     
     

  • Detection of primary angle closure using scanning peripheral anterior chamber depth analyzer in Japanese community health screening.

    Watanabe S, Ishikawa M, Sato N, Sawada Y, Yoshitomi T.

    アジア太平洋緑内障会議太平洋緑内障会議  (Bali, Indonesia) 

    2012年12月
     
     
     

  • 人間ドック受診者を対象とした緑内障検診結果の解析(秋田スタディ)

    石川 誠、佐藤 徳子、澤田 有、吉冨 健志

    第62回日本臨床眼科学会  (東京都) 

    2012年10月
     
     
     

  • DNAマイクロアレイ法によるタモキシフェンの急性眼圧上昇時の神経保護効果の検討

    石川 誠、吉冨 健志、和泉 幸俊

    第23回日本緑内障学会  (金沢市) 

    2012年09月
     
     
     

  • Risk factors for primary open-angle glaucoma in Japanese subjects attending community health screenings

    Ishikawa M, Sawada Y, Sato, N, Sanae Abe, Yoshitomi T.

    世界緑内障会議  (Paris, France) 

    2012年06月
    2012年07月
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グルタミン酸輸送体を賦活化し網膜神経節細胞を加圧傷害から 防御する

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

    緑内障は、本邦に於ける主たる失明原因の一つである。緑内障の本態は網膜神経節細胞の傷害であり、眼圧上昇は緑内障の発症・悪化の最も重要な危険因子である。しかし、眼圧上昇による網膜神経節細胞傷害の機序は、未だ十分に解明されていない。我々は、加圧によってグルタミン酸輸送体が抑制された結果、興奮毒性が誘導されると考え、「グルタミン酸輸送体を賦活化すると、網膜神経節細胞を眼圧上昇による傷害から防御できる」との仮説をたてた。本研究では、正常ラット及び緑内障ラットから分離眼球標本を作成し、加圧を負荷することで誘導される網膜神経節細胞の傷害が、グルタミン酸輸送体を賦活化することによって防御できることを検証する。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • バルベルト緑内障インプラント使用成績調査

    提供機関: エイエムオー・ジャパン株式会社

    研究期間:

    2012年01月
    継続中
     

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 異なる受容体を備えるシナプス後膜活性領域の構造特異性

    提供機関: 山形大学医学部解剖学教室

    研究期間:

    1993年04月
    1995年03月
     

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年07月
    2012年03月

      眼科医局長

  • 2006年09月
    継続中

      病棟医長

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
    2013年09月

    日本緑内障学会   プログラム委員

  • 2010年07月
    2011年09月

    日本緑内障学会   プログラム委員会副委員長

  • 2009年10月
    継続中

    日本眼科学会   指導医

  • 2009年07月
    2010年09月

    日本緑内障学会   プログラム委員

  • 2009年04月
    継続中

    日本眼科医会   秋田県眼科医会理事

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 海外学術専門誌 査読

    2012年12月
     
     

  • 海外学術専門誌 査読

    2012年11月
     
     

  • 国内学術専門誌 査読

    2012年10月
     
     

  • 国内学術専門誌 査読

    2012年07月
     
     

  • 海外学術専門誌 査読

    2012年01月
     
     

全件表示 >>