基本情報 【 表示 / 非表示

矢野 珠巨 (ヤノ タマミ)

YANO Tamami

写真a

所属

大学院医学系研究科  医学専攻  機能展開医学系

職名

講師

研究分野・キーワード

小児神経

pediatric neurology

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   医学部   1992年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  医学研究科  博士課程  1997年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科   医学専攻   機能展開医学系   小児科学講座   講師  

    2009.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Medicine   Doctorial Course in Medicine   Organ Function-Oriented Medicine   Lecturer

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    継続中
     

    日本てんかん学会  日本国

  • 2009年04月
    継続中
     

    日本人類遺伝学会  日本国

  • 1997年05月
    継続中
     

    日本小児神経学会  日本国

  • 1992年05月
    継続中
     

    日本小児科学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学 (Pediatrics)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Accumulation of GM2 Ganglioside in Niemann-Pick Disease Type C Fibroblasts

     (英語)

    Tamami YANO, Miyako TANIGUCHI, Shinjiro AKABOSHI, Marie T. VANIER, Tadashi TAI, Hitoshi SAKURABA, Kousaku OHNO

    Proceedings of the Japan Academy Series B: Physical and Biological Sciences  72 ( 10 ) 214 - 219   1995年11月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 秋田県におけるてんかん診療に関する多施設アンケート調査結果

    柴田憲一, 矢野珠巨, 大川聡, 竹島正浩, 清水宏明

    てんかん研究   37 ( 3 )   779 - 787   2020年01月

  • A novel ZC4H2 gene mutation, K209N, in Japanese siblings with arthrogryposis multiplex congenita and intellectual disability: characterization of the K209N mutation and clinical findings.

    Kondo D, Noguchi A, Takahashi I, Kubota H, Yano T, Sato Y, Toyono M, Sawaishi Y, Takahashi T.

    Brain Dev.   40 ( 9 )   760 - 767   2018年10月

  • Elevated Urinary Levels of 8-Hydroxy-2'-deoxyguanosine in a Japanese Child of Xeroderma Pigmentosum/Cockayne Syndrome Complex with Infantile Onset of Nephrotic Syndrome.

    Kondo D, Noguchi A, Tamura H, Tsuchida S, Takahashi I, Kubota H, Yano T, Oyama C, Sawaishi Y, Moriwaki S, Takahashi T.

    Tohoku J Exp Med.   239 ( 3 )   280 - 284   2016年07月

  • Loss-of-function mutations of STXBP1 in patients with epileptic encephalopathy.

    Yamamoto T, Shimojima K, Yano T, Ueda Y, Takayama R, Ikeda H, Imai K.

    Brain Dev.   38 ( 3 )   280 - 284   2016年05月

  • Alexander disease with mild dorsal brainstem atrophy and infantile spasms.

    Torisu H, Yoshikawa Y, Yamaguchi-Takada Y, Yano T, Sanefuji M, Ishizaki Y, Sawaishi Y, Hara T.

    Brain Dev.   35 ( 5 )   441 - 444   2013年05月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Lafora病

    矢野珠巨

    別冊日本臨床 新領域別症候群No.31 神経症候群(第2版) ( 株式会社 日本臨床 )    2014年12月

  • リソソーム膜輸送異常症ーシスチノーシスとシアル酸蓄積症(Salla病, ISSD)ー

    矢野珠巨, 大野耕策

    日本臨床 ( 株式会社 日本臨床社 )  53 ( 12 ) 3068 - 3071   1995年12月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 急性脳症後発作が著減しミオクローヌス発作のみになった Dravet 症候群の女児

    矢野 珠巨、久保田 弘樹、高橋勉

    第53回日本てんかん学会学術集会  (神戸市) 

    2019年10月
    2019年11月
     

  • 横紋筋融解を繰り返したPRKAG2遺伝子変異例

    矢野珠巨、久保田弘樹、高橋勉

    第61回日本小児神経学会学術集会  (名古屋市) 

    2019年05月
    2019年06月
     

  • 複数の合併症を有し West 症候群の治療に苦慮した Down 症候群の男児

    矢野 珠巨、久保田 弘樹、高橋勉

    第52回日本てんかん学会学術集会  (川崎市) 

    2018年10月
     
     
     

  • 秋田県における在宅医療に関する現状把握のためのアンケート調査

    矢野珠巨,豊野美幸,高橋 勉

    第60回日本小児神経学会学術集会  (千葉市) 

    2018年05月
    2018年06月
     

  • VPA による Fanconi 症候群からくる病を来した重度心身障害児の一例

    矢野 珠巨、久保田 弘樹、高橋 郁子、野口 篤子、高橋勉

    第51回日本てんかん学会学術集会  (京都市) 

    2017年11月
     
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  小児科学

    2019年12月
    2020年01月

     専任

  • 2018年度  小児科学

    2018年12月
    2019年01月

     専任

  • 2017年度  小児科学

    2017年12月
    2018年01月

     専任

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度秋田県医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修

    2019年11月
     
     

  • てんかん勉強会

    2019年07月
     
     

  • 平成30年度秋田県医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修

    2018年10月
     
     

  • 第3回子どもの在宅医療ケアインテンシブコース

    2017年10月
    2018年07月