基本情報 【 表示 / 非表示

栗山 正 (クリヤマ セイ)

Kuriyama sei

写真a

所属

大学院医学系研究科  医学専攻  腫瘍制御医学系

職名

准教授

研究分野・キーワード

発生生物学,がん生物学

Developmental Biology, Cancer Biology

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学   理学部   化学科   1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学  理学系研究科  化学専攻  博士課程  2001年03月  単位取得満期退学

  • 関西学院大学  理学系研究科  化学専攻  修士課程  1998年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学 -  理学博士

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    2009年07月

    ロンドン大学(UCL)   BBSRCポストドクトラルフェロー

  • 2005年10月
    2006年10月

    ロンドン大学   上原記念生命科学財団海外留学フェロー

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    継続中

    秋田大学   准教授  

    2009.08
    -
     

    Akita University   Associate Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    2005年09月

      熊本大学   医学薬学研究部   助手

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1996年05月
    継続中
     

    日本発生生物学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生物学 (Tumor biology)

  • 発生生物学 (Developmental biology)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • LPP inhibits collective cell migration during lung caner dissemination

    Sei Kuriyama et al.

    Oncogene   35 ( 8 )   952 - 964   2016年06月

  • In vivo collective cell migration requires an LPAR2-dependent increase in tissue fluidity.

    Sei Kuriyama

    Jornal Cell Biology   ( 206 )   113 - 127   2014年07月

  • The homeobox gene Gbx2 is a direct target of Wnt signalling during neural crest induction. Development

    Li B*, Kuriyama S*, Moreno M. and Mayor R

    Development   2009年01月

  • Moreno M, Dunn GA, Parsons M, Stern CD, Mayor R. (2009) Contact inhibition of locomotion in vivo controls neural crest directional migration

    Carmona-Fontaine C, Matthews HK, Kuriyama S, Moreno M, Dunn GA, Parsons M, Stern CD, Mayor R

    Nature   456 ( 7224 )   957 - 961   2009年01月

  • A role for Syndecan-4 in neural induction involving ERK- and PKC-dependent pathways

    Kuriyama S, Mayor R

    Development   136 ( 4 )   575 - 584   2009年01月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • がん遠隔転移における集団的細胞遊走の優位性の検証

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年04月
    2018年03月
     

  • 細胞接触センサーから直接伝わる細胞骨格編集シグナルの研究

    新学術領域研究

    研究期間:

    2013年04月
    2015年03月
     

    アフリカツメガエルの神経堤細胞を用いた細胞移動の研究において、我々は集団を維持するための細胞接着と移動を促進するための上皮間充織遷移(EMT)がどのようなバランスで行われているかについて調べた。

  • 細胞接着の安定化を用いたヒトがん細胞の直接浸潤抑制の研究

    若手研究(B)

    研究期間:

    2012年04月
    2014年03月