基本情報 【 表示 / 非表示

佐藤 猛 (サトウ タケシ)

SATO Takeshi

写真a

所属

教育文化学部  地域文化学科  国際文化講座  国際文化コース

職名

准教授

生年月日

1975年04月25日

研究室住所

秋田市手形学園町1番1号

研究分野・キーワード

中世フランス史、百年戦争

Medieval France, The Hundred Years Wars

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-2666

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学   文学部   史学科・西洋史学専攻   1998年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  文学研究科  歴史地域文化学専攻  博士課程  2005年03月  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  文学博士

  • 北海道大学 -  文学修士

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
    2015年09月

    アンジェ大学   客員研究員

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

    秋田大学   教育文化学部   地域文化学科   国際文化講座   国際文化コース   准教授  

    2018.04
    -
     

    Akita University   Faculty of Education and Human Studies   Department of Regional Studies and Humanities       Associate Professor

  • 2014年04月
    2018年03月

    秋田大学   教育文化学部   地域文化学科   人間文化講座   人間文化コース   准教授  

    2014.04
    -
    2018.03

    Akita University   Faculty of Education and Human Studies   Department of Regional Studies and Humanities   Division of Humanities   Program in Humanities   Associate Professor

  • 2008年04月
    2012年09月

    秋田大学   講師  

    2008.04
    -
    2012.09

    Akita University   Lecturer

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    継続中
     

    西洋中世学会  日本国

  • 2008年10月
    継続中
     

    東北史学会  日本国

  • 2008年10月
    継続中
     

    秋田大学史学会  日本国

  • 2006年10月
    継続中
     

    西洋史研究会  日本国

  • 2005年05月
    継続中
     

    史学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史・アメリカ史 (History of Europe and America)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • フランス・アンジュー地方から見た百年戦争終結についての研究

    研究期間:

    2019年04月
    2023年03月

  • 中世末期アンジュー地方における巡回裁判集会の組織と機能

    研究期間:

    2016年04月
    2020年03月

  • 15・16世紀フランス王権による慣習法書編纂と王国地方統治

    研究期間:

    2011年04月
    2015年03月

  • 紛争解決制度化の比較史-前近代における「裁判」と「裁判外」-

    研究期間:

    2011年04月
    2014年03月

  • 紛争解決類型の比較史―前近代における社会的調整のありかた―

    研究期間:

    2008年04月
    2011年03月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 中世末期フランスにおける王権と諸侯権―王国の統合プロセスに関する一考察―

     (日本語)

    佐藤猛

    2005年06月   単著

    ヨーロッパ史・アメリカ史

論文 【 表示 / 非表示

  • 中世後期アンジュー公国におけるルン・ダンジューの奉仕者集団(2)

    佐藤猛

    秋田大学教育文化学部研究紀要人文・社会科学第75集別冊   75   39 - 49   2020年03月

  • 中世後期アンジュー公国におけるルン・ダンジューの奉仕者集団(1)

    佐藤猛

    秋田大学教育文化学部研究紀要人文・社会科学第74集別冊   74   45 - 54   2019年03月

  • 一五世紀中葉におけるルネ・ダンジューの慣習法改正命令

    佐藤猛

    秋大史学   64   1 - 27   2018年03月

  • 1477年ブルゴーニュ高等法院の設立

    佐藤猛

    秋田大学教育文化学部研究紀要 人文科学・社会科学部門   66   45 - 55   2012年03月

  • 一五・一六世紀フランスにおけるいくつもの高等法院―「地方高等法院体制」をめぐる予備的考察―

    佐藤 猛

    秋大史学   ( 56 )   1 - 29   2010年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 百年戦争―中世ヨーロッパ最後の戦い―

    佐藤 猛

    中央公論新社  2020年03月

  • 百年戦争期フランス国制史研究―王権・諸侯国・高等法院―

    佐藤 猛

    北海道大学出版会  2012年10月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 書評:朝治啓三「シモン・ド・モンフォール研究の現在ーアンジュー帝国の視点から」

    佐藤猛

    法制史研究 ( 株式会社 成文堂 )  69   277 - 279   2020年03月

  • 新刊紹介:堀越孝一訳・校注『パリの住人の日記』I~III、八坂書房、2013~2019年

    佐藤猛

    史学雑誌 ( 公益財団法人 史学会 )  128 ( 6 ) 97 - 98   2019年06月

  • フランスの国立及び県立文書館

    佐藤猛

    秋大史学 ( 秋田大学史学会 )  65   97 - 98   2019年03月

  • 朝治啓三・渡辺節夫・加藤玄『<帝国>で読み解く中世ヨーロッパー英独仏関係史から考えるー』

    佐藤猛

    史学雑誌 ( 史学会 )  127 ( 4 ) 79 - 88   2018年04月

  • 上田耕造著『ブルボン公とフランス国王―中世後期フランスにおける諸侯と王権―』晃洋書房、2014年3月刊

    佐藤 猛

    史学雑誌 ( 史学会 )  124 ( 2 ) 123 - 124   2015年02月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 14世紀フランスにおける訴訟と嘆願~百年戦争開戦時のノワイヨン城壁をめぐる紛争から~

    佐藤猛

    第3回中世フランス国家史研究会  (秋田県仙北市) 

    2020年02月
     
     
     

  • フランスの国立及び県立文書館:Archivesの体系的管理

    佐藤 猛

    秋田大学史学会近世近代史部会  (秋田大学) 

    2018年12月
     
     
     

  • アンジュー地方から見た百年戦争の終結過程

    佐藤 猛

    第2回中世フランス国家史研究会  (秋田大学) 

    2018年11月
     
     
     

  • アンジュー通常裁判官関連史料~メーヌ=エ=ロワール県文書館の調査から~

    佐藤 猛

    第2回中世フランス国家史研究会  (秋田大学) 

    2018年11月
     
     
     

  • 15世紀中葉フランス王国アンジュー公領における慣習法改正命令

    佐藤猛

    秋田大学史学会大会  (秋田大学) 

    2017年09月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フランス・アンジュー地方から見た百年戦争終結についての研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    2023年04月
     

     英仏の歴史に多大な影響を及ぼした百年戦争(1337~1453)は、なぜこれほど長期化したのか。この問題は従来、英の大陸所領の存在や仏王位継承など、戦争の原因解明を通じて考察されてきた。これに対し、戦争終盤において、なぜ平和条約の締結に至らず戦争状態のみが長引いたのかは問われることなく、終戦のプロセスについては未解明な点が多い。
     本研究では、戦場となったフランス諸地方を治めた諸侯達が、平和交渉を含む戦争の展開にどのような利害を持ち、いかに関わったかの検討を通じて、終戦のメカニズムを解明することを目的とする。こうして、百年戦争の終息を英仏王家の二項対立ではなく、フランス諸侯層を加えた多面的な対立構造の観点から捉えることができれば、前半戦と後半戦を別次元の紛争と捉える従来の研究に対して、その再統合を迫るものとなる。

  • 中世末期アンジュー地方における巡回裁判集会の組織と機能

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年04月
    2020年03月
     

    中世末期(14世紀~16世紀初頭)フランス王国の多元的構造の一翼を担った諸侯国(principautés)の中から、アンジュー地方における巡回裁判集会(assises)の組織と機能を1)国王裁判権との接合、2)実際の訴訟業務、3)裁判集会の担い手の視点から検討することにより、近代国家的統合の始動局面において、王国-諸侯国-地元社会という伝統的な地域編成が司法面においてどのように変容したかを明らかにすることである。その目的は、諸侯裁判権の機能を王権と地元社会の接点として考察し直すことにより、近年の近代国家生成論が捨象している諸侯層の位置づけを解明し、国家的統合の始動に関する歴史像を中央集権化の過程としてではなく、多様な地方的権力体が果す役割の再編成過程として再検討していくことである。

  • 15・16世紀フランス王権による慣習法書編纂と王国地方統治

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年04月
    2015年03月
     

    15・16世紀における王国地方統治の実態解明という目的のもと、王権と諸地域は慣習法書の編纂をめぐってどのような交渉を行い、そこでいかに衝突、妥協したのかを明らかにする。
    慣習法書編纂にいたる王権と諸地域の対話の様相を明らかにするには、王権側と地方側の双方に目を配り、次のような問題を検討する必要がある。
    1:王権による慣習法成文化の目的(国王裁判所改革の動向、慣習法に関わる諸王令の内容)
    2:慣習法書編纂会議の具体相(会議の手続、議事、王権側代表と地方諸身分の利害対立)
    3:編纂後の王国地方統治の実態(諸国王裁判所での訴訟、慣習法書改定、慣習法学の発展)
    研究期間と史料上の制約ならびに申請者のこれまでの研究成果との関連から、主に1と2に限定して、王権は王国統治上のいかなる目的から地方法慣行の成文化を進め、これに対して、各地の地方権力はどのように反応し、両者の利害のせめぎ合いのなか、慣習法書はいかなる経緯をへて編纂にいたったかという点までを明らかにする。

  • 紛争解決類型の比較史―前近代における社会的調整のありかた―

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2008年04月
    2010年03月
     

    近年、法学においては、とくに現行法の領域において、「裁判外紛争解決(ADR)」が注目されている。本研究は、この問題に関連して、前近代の社会では、「裁判による紛争解決」と「裁判でない紛争解決」とはどのような関係にあったのかを焦点として、日本・イングランド・フランス・ドイツに関して、おもに”中世後期”(14・15世紀)を中心とした比較研究であり、フランスを担当した。これに関して、各年計3回の研究合宿を行い、各年とも研究報告を行った。

  • 15・16世紀フランスにおける地方高等法院の設立―多極的王国統合の特質解明―

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:

    2008年04月
    2010年03月
     

     本研究は、15・16世紀フランス王国において、いくつもの高等法院(王国の最高裁判所)が設立された過程を検討することを通じ、当時の国王支配の特質を明らかにするものである。時々の王権はパリからの距離、王領編入時における当該地域と王権との関係、そして裁判組織に関する在地諸身分の要望などを考慮して、地方高等法院導入の是非を決定した。こうして王は、各地で長い伝統をもつ裁判慣行を維持、調整しながら、統一的な裁判体系の確立を目指したことを明らかにした

全件表示 >>

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示