基本情報 【 表示 / 非表示

林 正彦 (ハヤシ マサヒコ)

HAYASHI Masahiko

写真a

所属

教育文化学部  学校教育課程  英語・理数教育講座  理数教育コース

職名

教授

研究分野・キーワード

物性理論

Theoretical Condensed-Matter Physics

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~hayashim

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   理学部   物理学科   1989年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  1994年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(理学)

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年05月
    1997年08月

    デルフト工科大学   博士研究員

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    継続中

    秋田大学   教育文化学部   学校教育課程   英語・理数教育講座   理数教育コース   教授  

    2015.04
    -
     

    Akita University   Faculty of Education and Human Studies   Department of School Education   Combined Courses for English,Mathematics and Science Teachers   Course for Science and Mathematics Teachers   Professor

  • 2007年04月
    2015年03月

    秋田大学   ■廃止組織■   自然環境講座   准教授  

    2007.04
    -
    2015.03

    Akita University   Abolished organization   Program in Environmental and Mathematical Science   Associate Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    2007年03月

      東北大学   情報科学研究科   助教授

  • 2000年05月
    2003年03月

      東北大学   情報科学研究科   講師

  • 1997年09月
    2000年04月

      東北大学   情報科学研究科   助手

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1991年08月
    継続中
     

    日本物理学会  日本国

  • 1996年04月
    継続中
     

    アメリカ物理学会  アメリカ合衆国

    1996.04
    -
     
     

    American Physical Society  UNITED STATES

  • 2013年04月
    継続中
     

    日本物理教育学会  日本国

  • 2007年10月
    継続中
     

    低温工学・超電導学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅰ (Condensed matter physics I)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Vector sensor for scanning SQUID microscopy

    Vu The Dang, Masaki Toji, Ho Thanh Huy, Shigeyuki Miyajima, Hiroaki Shishido, Mutsuo Hidaka, Masahiko Hayashi, Takekazu Ishida

    Journal of Physics: Conf. Series   871   012075   2017年07月

  • Time-Dependent Ginzburg–Landau Equation and Boltzmann Transport Equation for Charge-Density-Wave Conductors

    Yoshitake Takane, Masahiko Hayashi, Hiromichi Ebisawa

    Journal of the Physical Society of Japan   85   084709   2016年07月

  • Time-dependent Ginzburg–Landau equation of charge-density-waves and numerical simulation of the slidingOriginal Research Article

    Masahiko Hayashi, Yositake Takane, Hiromichi Ebisawa

    Physica B   460   6 - 10   2015年03月

  • Supercurrent through Graphene: Effects of Vanishing Density of States

    M. Hayashi, H. Yoshioka, A. Kanda

    J. Phys.: Conf. Ser.   400   022024   2012年12月

  • Numerical Study of Collective Transport in Charge Density Wave Conductors

    M. Hayashi, Y. Takane, H. Ebisawa

    J. Phys.: Conf. Ser.   400   012015   2012年12月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 超伝導体中のボーテックス・ダイナミクスにおけるスペクトラル・フローとベリー位相

    田中秋広, 林正彦

    固体物理 ( アグネ技術センター )  35 ( 1 ) 50 - 60   2000年01月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • t-Jモデルの超伝導および反強磁性秩序に対するゆらぎの効果

    林正彦

    日本物理学会2017年秋季大会  (岩手大学(上田キャンパス)) 

    2017年09月
     
     
     

  • SQUID顕微鏡の画像解析のアルゴリズムについて

    林正彦

    ワークショップ「ナノ構造超伝導体における渦糸物理」  (大阪府立大学) 

    2017年01月
     
     
     

  • 走査型SQUID顕微鏡-断層撮影(CT)に向けて

    林正彦

    第24回渦糸物理国内会議  (温泉ゆぽぽ(仙北市)) 

    2016年11月
     
     
     

  • Effects of Fluctuations in the Phase Diagram of high-Tc Cuprate Superconductors

    Masahiko Hayashi, Kazuhiro Kuboki, Yasunari Tanuma

    第11回超伝導国際会議  (CICG, Geneva, Switzerland) 

    2015年08月
     
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造伝導体のリアル・スケール・シミュレーション手法の開拓と新機能の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年04月
    2017年03月
     

  • 量子位相欠陥による粒子ーホール対称性の破れに関する理論的研究

    特定領域研究

    研究期間:

    2008年04月
    2010年03月
     

    超伝導体や電荷密度波などの低温電子秩序相における量子位相欠陥の中心に出来る準粒子のエネルギーレベルに着目し、その秩序相のダイナミクスとの関係について理論的研究を行う。特に粒子ーホール対称性の破れに着目する。

  • ナノ構造における電子系量子凝縮相の微視的理論に基づく研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2006年04月
    2009年03月
     

    ナノメートルのスケールの構造体中における電子の凝縮体(超伝導や電荷密度波)の示す物性について、理論的な解析
    を行う。

  • メゾスコピック超伝導体における新しい渦糸状態の研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2006年04月
    2008年03月
     

    メゾスコピック超伝導体において出現する巨大渦糸状態などの新規な渦糸状態に関して、実験的研究(筑波大学・神田)および数値計算による研究(秋田大学・林)をおこない、その整合性を検証する。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • メゾスケール超伝導体の結晶構造・内部構造及び幾何学配置による新奇特性の基礎理論構築

    提供機関: 独立行政法人科学技術振興機構

    研究期間:

    2007年04月
    継続中