基本情報 【 表示 / 非表示

山口 留美子 (ヤマグチ ルミコ)

YAMAGUCHI Rumiko

写真a

所属

大学院理工学研究科  共同ライフサイクルデザイン工学専攻

職名

教授

研究分野・キーワード

光エレクトロニクス,液晶デバイス

Optoelecrtronics, Liquid crystal devices

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   電子工学科   1984年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   共同ライフサイクルデザイン工学専攻   教授  

    2019.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Cooperative Major in Life Cycle Design Engineering   Professor

  • 2005年12月
    2019年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科    准教授  

    2005.12
    -
    2019.03

    Akita University   Graduate School of Engineering Science,   Associate Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    継続中
     

    SID (the Society for Information DIsplay)  アメリカ合衆国

    2012.04
    -
     
     

    the Society for Information DIsplay  UNITED STATES

  • 2005年04月
    継続中
     

    日本画像学会  日本国

  • 2004年04月
    継続中
     

    電気学会  日本国

  • 1997年09月
    継続中
     

    日本液晶学会  日本国

  • 1984年04月
    継続中
     

    応用物理学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学 (Electronic materials/Electric materials)

  • 光工学・光量子科学 (Optical engineering, Photon science)

  • 電子デバイス・電子機器 (Electron device/Electronic equipment)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高分子・ネマティック液晶界面における配向現象とその応用に関する研究

     (日本語)

    山口留美子

    2002年04月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Thresholdless Electro-Optical Properties in Homogeneous and Homeotropic Liquid Crystal Cells

    R. Yamaguchi

    Proc. of IDW   25   154 - 155   2018年12月

  • Effect of Critical Anchoring in Undistorted Twisted and Hybrid Aligned Liquid Crystal Cells

    R. Yamaguchi

    9th Italian- Japanese Workshops on Liquid Crystals   2018年09月

  • Anchoring control by nematic liquid crystal mixture on rubbed Poly (4-vinylpyridine) surface

    R. Yamaguchi and K. Kudo

     27th International Liquid Crystal Conference (ILCC2018)   P4-C0-19   2018年07月

  • Hybrid Aligned Reverse Mode Cell Using Dual Frequency Liquid Crystal

    R. Ushizaki and R. Yamaguchi

    27th International Liquid Crystal Conference (ILCC2018)   P2-C1-27   2018年07月

  • Improvement of Light Scattering in Reverse mode Liquid Crystal Cell with Microlens Structure

     K. Sagawa and R. Yamaguchi

    27th International Liquid Crystal Conference (ILCC2018)   P2-C1-28    2018年07月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 高分子表面における液晶配向現象とその応用

    山口留美子

    日本表面真空学会東北・北海道支部 学術講演会  (東北大学) 

    2019年03月
     
     
     

  • 不均一UV照射リバースモード液晶素子の特性改善

    内堀卓也,佐々木 亮輔 山口留美子

    発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会  (鹿児島大学 ) 

    2019年01月
     
     
     

  • しきい電圧のないホモジニアスおよびホメオトロピック配向液晶素子

    山口留美子

    発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会  (鹿児島大学 ) 

    2019年01月
     
     
     

  • しきい値電圧を持たないホモジニアス及びホメオトロピック配向液晶素子

    山口 留美子

    日本液晶学会 討論会  (岐阜大学) 

    2018年09月
     
     
     

  • 液晶素子の非線形光学応答における光強度の低減化の検討

    山口 留美子、臼井 鴻志、赤松 範久、宍戸 厚、木下 基

    第65回応用物理学会春季学術講演会  (早稲田大学) 

    2018年03月
     
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 液晶表示装置

    特願 特願2017-159961 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規光散乱メカニズムによる高分子・液晶複合系リバースモード素子の低電圧駆動化

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    2021年03月
     

    本研究は,光散乱型液晶素子の低電圧駆動化を目指し,そのための新規な光散乱メカニズムの提案と,素子作製技術の創成を行うものである。液晶中に~10%程度の高分子を分散させた高分子・液晶複合素子は,透明状態から光散乱状態への電気的切り替えを可能とするリバースモード特性を提供する。しかし,通常の液晶ディスプレイと比較しその駆動電圧は20-40 Vと10倍程高い。そこで,申請課題では低電圧駆動(~6 V)を可能とするため,従来の高分子―液晶間の屈折率差による光散乱の他に,液晶ドメイン間での光散乱機構を新規に提案する。さらに,この光散乱機構発現のための高分子相分離構造を作製する技術を検討する。これにより,従来の液晶ディスプレイの駆動電源回路をリバースモード液晶素子に適用できるようになり,素子の応用範囲が格段に広がることが期待できる。

  • 高分子安定化技術のハイブリッド配向液晶素子への適用とスマートガラスの創製

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年04月
    2018年03月
     

    種々の液晶・高分子材料の組み合わせ,高分子の分散構造制御により,この非対称な光散乱特性とそのメカニズムを明らかにした。高分子材料には,重合前の低分子状態では液晶と同じ棒状分子で光学異方性を有するもの(反応性メソゲン)を用いた。P型液晶を用いた素子に電圧を印加した時,素子中央での光学軸の傾きと同じ方向からの斜め入射に対して透明,それと反対方向からは散乱状態となる。N型液晶を用いた場合は,角度依存性がp型液晶とは反転していることを明らかにし,さらには2周波駆動液晶によって周波数でブラインドの角度調整と同様な機能を発現できた

  • 液晶分子の配向方向とアンカリング力の制御:液晶材料からのアプローチ

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

    従来の液晶分子の配向技術は,高分子配向膜によって液晶を一方的に制御するものだが,申請課題は液晶分子の影響を積極的に取り入れた配向制御を目的とする。すなわち,Ⓐいまだ数例しか報告のない“高分子配向膜上での液晶配向方向が,液晶化学構造によって90異なる”配向現象の検証を増やす。次に,Ⓑ配向方向の異なる2種類の液晶を混合することによって,配向規制力(アンカリング力)を制御する。これにより,学術的にはⒸ従来の液晶配向メカニズムに対して,新たな配向要因を加えることができ,応用面ではⒹ弱アンカリング力を用いたメモリ効果や双安定効果による電子ペーパーの創製へ寄与することができる。

  • アンカリング力制御による光書き込み・消去型液晶電子ペーパーの創製

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

    本研究の最終的な目的は,光書き込み・光消去方式による液晶電子ペーパーの創製である。表示原理として,液晶分子配向膜のアンカリング力(配向規制力)を変え,バルク中の液晶配列状態を制御する手法を提案する。すなわち,無偏光照射による配向膜のアンカリング力可変を実現し,加えて液晶分子の配列状態と表示特性のシミュレーション解析によって,本表示方式における素子パラメータと表示性能の関係を明らかにする。

  • 液晶素子における分子配向の耐光性とそのリアルタイム評価技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2007年04月
    2009年03月
     

    レーザ光照射により、液晶素子に発生する劣化内容を明らかにする。すなわち、液晶分子の配向状態においては、面内・面外方への配向容易軸の変化、およびそれらの配向規制力(アンカリング力)変化に着目し測定を行う。さらに、液晶および配向膜材料の分解等による電気特性(抵抗値、静電容量)および物性値(相転移温度、誘電異方性、屈折率異方性、弾性定数)の変化に関する測定を行う。
     次に、劣化に伴う上記変化を、光照射を行いながらリアルタイムで観察・測定するためのシステムを構築する。また、多くの液晶・配向膜材料に関するデータを蓄積し、耐光性評価に有効な測定指標を見出す。以上の研究結果から、光照射下の液晶素子の配向現象に関する知見を得ると共に、高効率・高精度な耐光性評価技術を確立する。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 偏光発光フィルムを用いた表示装置の開発

    研究期間:

    2018年07月
    2019年07月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  応用数学II

    2016年04月
    継続中

     専任

  • 2019年度  電気回路学IV

    2005年04月
    継続中

     専任

  • 2019年度   基礎物理学実験

    2005年04月
    継続中

     兼担

  • 2019年度  電子ディスプレイ工学

    2005年04月
    継続中

     専任

  • 2019年度  光エレクトロニクス

    2005年04月
    継続中

     専任