基本情報 【 表示 / 非表示

佐藤 時幸 (サトウ トキユキ)

SATO Tokiyuki

写真a

所属

大学院国際資源学研究科  資源地球科学専攻

職名

教授

研究分野・キーワード

微古生物学,石油地質学,古海洋学

micropaleontology, petroleum geology, paleoceanography

ホームページ

http://www.gipc.akita-u.ac.jp/~paleo/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   鉱山地質学科   1977年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  理学博士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    継続中

    秋田大学   国際資源学部   学部長  

    2014.04
    -
     

    Akita University   Faculty of International Resource Sciences   Manager(Dean)

  • 2014年04月
    継続中

    秋田大学   国際資源学部   鉱業博物館   館長  

    2014.04
    -
     

    Akita University   Faculty of International Resource Sciences   Mineral Industry Museum   Director

  • 2007年03月
    継続中

    秋田大学   教授  

    2007.03
    -
     

    Akita University   Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    継続中

      JOGMEC   石油天然ガス技術評価部会委員長

  • 2010年05月
    継続中

      日本学術会議   ICS小委員会委員

  • 2009年09月
    2010年03月

      国際深海掘削計画IODP   科学立案評価パネルSSEP委員

  • 2004年04月
    継続中

      経済産業省資源エネルギー庁国内基礎調査実施検討委員会   委員

  • 2008年02月
    継続中

      世界石油会議   技術委員会委員

全件表示 >>

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1994年01月
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合  その他(北米地域)

    1994.01
    -
     
     

    American Geophysical Union  Others (North America region)

  • 1982年01月
    継続中
     

    アメリカ石油地質家協会  その他(北米地域)

    1982.01
    -
     
     

    American Association of Petroleum Geologists  Others (North America region)

  • 1979年04月
    継続中
     

    国際ナンノ化石学会  その他

    1979.04
    -
     
     

    International Nannoplankton Association  Others

  • 1979年03月
    継続中
     

    日本古生物学会  日本国

  • 1977年05月
    継続中
     

    日本地質学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 層位・古生物学 (Stratigraphy/Paleontology)

  • 地質学 (Geology)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Possible mechanism of mud volcanism at the prism-backstop contact I the western Meditteranean Ridge Accretionary Complex

    Kioka, A., Ashi, J., Sakaguchi, A., Sato, T., et al.

    Marine Geology   363   52 - 64   2015年01月

  • Evidence for eutrophication in the northwestern Pacific and eastern Indian oceans during the Miocene to Pleistocene based on the nannofossil accumulation rate, Discoaster abundance, and coccolith size distribution of Reticulofenestra

    Imai, R., Farida, M., Sato, T., and Iryu, Y.

    Marine Micropaleontology   116   15 - 27   2015年01月

  • Mercury content as a new indicator of ocean stratification and primary productivity in Quaternary sediments off Bahama Bank in the Caribbean Sea

    Kita, I., Kojima, M., Hasegawa, H., Chiyonobu, S., and Sato, T.

    Quaternary Research   80   606 - 613   2013年01月

  • Early Aptian paleoenvironmental evolution of the Bab Basin at the southern Neo-Tethys margin: Response to global carbon-cycle perturbations across Ocean Anoxic Event 1a

    4. Iryu, Y., Yamamoto, K., Ishibashi, M., Takayanagi, H., Asahara, Y., Sato, T., and Nishi, H.

    Geochemistry, Geophysics, Geosystems   14   1104 - 1130   2013年01月

  • 微化石研究の現状と石油地質学への応用—古海洋環境変化とは何かー

    佐藤時幸

    石油技術協会誌   77 ( 4 )   241 - 249   2012年01月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新版微化石研究マニュアル

    尾田太良・佐藤時幸

    朝倉書店  2013年08月

  • North Atlantic climate: ice sheet–ocean atmosphere interactions on millennial timescales during the late Neogene–Quaternary using a paleointensity-assisted chronology for the North Atlantic

    Channell, J.E.T., Sato, T., and Shipboard Scientific Party

    IODP  2005年01月

  • 秋田に油田はなぜあるか

    佐藤時幸

    無明舎出版  2005年01月