基本情報 【 表示 / 非表示

佐々木 和貴 (ササキ カズキ)

SASAKI Kazuki

写真a

所属

教育文化学部  学校教育課程  英語・理数教育講座  英語教育コース

職名

教授

研究分野・キーワード

シェイクスピア

Shakespeare

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学   文学部   英文科   1978年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  文学研究科  英文学専攻  博士課程  1981年09月  中退

  • 北海道大学  文学研究科  英文学専攻  修士課程  1980年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  文学修士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    継続中

    秋田大学   教授  

    2005.04
    -
     

    Akita University   Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月
    継続中
     

    東北ロマン主義文学・文化研究会  日本国

    2012.12
    -
     
     

    Tohoku Association for Romantic Studies  JAPAN

  • 2003年04月
    継続中
     

    日本ジョンソン協会  日本国

  • 2002年04月
    継続中
     

    十七世紀英文学会  日本国

  • 1981年04月
    継続中
     

    日本英文学会  日本国

    1981.04
    -
     
     

    The English Literary Society of Japan  JAPAN

  • 1981年04月
    継続中
     

    日本シェイクスピア協会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 英米・英語圏文学 (Literature in English)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • On the Festivity of Plays of William Shakespeare

     (英語)

    Kazuki SASAKI

    修士 学位論文 北海道大へ提出    1980年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • エリザベス・インチボールドの Remarks for The British Theatre で読むシェイクスピア

    佐々木 和貴

    『東北英文学研究 』   VIII   1 - 9   2018年01月

  • 舞台を駆ける馬ーヒッポドラマ盛衰記

    佐々木和貴

    東北ロマン主義研究   2   33 - 45   2015年12月

  • Shakespeare Made Fit:テイト版 『リア王』 をめぐる一考察

    佐々木和貴

    英文学研究 支部統合号   II   7 - 20   2009年12月

  • <オリエンタリズム>以前のオリエンタリズム : 王政復古期演劇におけるオスマン・トルコ表象について

    佐々木和貴

    日本英文学会 第81回大会Proceedings   164 - 166   2009年09月

  • ネイハム・テイト版 『リア王』を めぐって

    佐々木 和貴

    日本ジョンソン協会 年報   ( 33 )   11 - 14   2009年05月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 文化現象としての近代:吉村伸夫遺稿集(編集および共訳)

    吉村伸夫, 佐々木和貴

    金星堂  2015年05月

  • 『名誉革命とイギリス文学― 新しい言説空間の誕生』(共著)

    富樫剛, 佐々木和貴 他5名

    春風社  2014年08月

  • 十七世紀英文学における終わりとはじまり:十七世紀英文学会(編)(共著)

    佐々木和貴, 生田省吾, 吉村伸夫 他

    東京:金星堂  2013年05月

  • 十七世紀英文学と科学:十七世紀英文学会(編)(共著)

    佐々木和貴 他

    金星堂(東京)  2010年05月

  • イギリス王政復古演劇案内(編著)

    佐々木和貴 他

    東京:松柏社  2009年09月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 書評 Felicity Nussbaum, _Rival Queens: Actresses, Performance, and the Eighteenth-Century British Theater_ (University of Pennsylvania Press,2010)

    SASAKI Kazuki

    Studies in English Literature (English Number) ( The English Literay Society of Japan )  54   65 - 70   2013年03月

  • 書評 Julie Sanders, ed., _Ben Jonson in Context_ (Cambridge UP, 2010)

    佐々木 和貴

    Shakespeare News ( 日本シェイクス ピア協会 )  52 ( 1 ) 40 - 45   2012年09月

  • 書評 浜名恵美著『ジェンダーの驚き シェイクスピアとジェンダー』(日本図書センター, 2004年)

    佐々木 和貴

    英語青年(東京:研究社) ( 東京:研究社 )  151 ( 1 ) 52 - 53   2005年04月

  • 書評 Kevin Sharpe, _ Sir Robert Cotton 1586 - 1631: History and Politics in Early Modern England_ ( OUP, 1979)

    佐々木和貴

    Shakespeare News ( 日本シェイクスピア協会 )  ( 45.1 ) 26 - 29   2005年02月

  • CALL(Computer Assisted Language Learning)に関して

    佐々木和貴

    秋田大学教養基礎教育研究年報 ( 秋田大学教養基礎教育調査・研究委員会 )  ( 6 ) 51 - 58   2004年03月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Hippodrama, Mazeppa and Adah Menken

    佐々木和貴

    科研研究会「アングロファイルとアメリカナイゼーション」  (学習院大学) 

    2017年12月
     
     
     

  • シェイクスピアと音楽:ヘンリー・パーセルを中心に

    佐々木和貴

    17世紀英文学会 東北支部  (東北学院大学 ) 

    2017年03月
     
     
     

  • 先人たちはシェイクスピアをどう読んできたのか(セミナー オーガナイザー兼講師)

    佐々木和貴他

    第55回 日本シェイクスピア学会  (慶應大学) 

    2016年10月
     
     
     

  • シェイクスピア、ポプラチェンバロと出会う:王政復古期のシェイクスピアとその⾳楽(招待講師)

    佐々木和貴, 小出あつき(ソプラノ),森洋子(チェンバロ)

    北⼤総合博物館&⽇本英⽂学会北海道⽀部  (北海道大学総合博物館) 

    2016年07月
     
     
     

  • 18世紀演劇の面白さ:70年代以降を中心に(シンポジアム司会兼講師)

    佐々木和貴, 南隆太, 岩田美喜

    日本ジョンソン協会第49回大会  (専修大学) 

    2016年07月
     
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    2018年03月

      副学部長/評議員

  • 2012年04月
    2015年03月

      教育文化学部附属中学校 校長

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    2021年03月

    日本シェイクスピア協会   協会委員(Journal 編集担当)

  • 2017年04月
    2019年03月

    日本英文学会   東北支部 副支部長

  • 2015年06月
    2017年09月

    十七世紀英文学会   学会論集編集長

  • 2014年04月
    2017年03月

    日本英文学会   全国学会誌 編集委員

  • 2014年04月
    2017年03月

    日本シェイクスピア協会   Shakespeare Journal 査読委員

全件表示 >>