基本情報 【 表示 / 非表示

高橋 護 (タカハシ マモル)

TAKAHASHI Mamoru

写真a

所属

大学院理工学研究科  共同ライフサイクルデザイン工学専攻

職名

准教授

研究室住所

秋田市手形学園町1-1

研究分野・キーワード

ダイヤモンド皮膜,界面はく離,界面応力

Diamond Film, Delamination, Interfacial Stress

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   機械工学科   1992年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  鉱山学研究科  機械工学専攻  修士課程  1994年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

  • 秋田大学 -  修士(工学)

  • 秋田大学 -  学士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    継続中

    秋田大学   准教授  

    2011.04
    -
     

    Akita University   Associate Professor

  • 2007年04月
    2011年03月

    秋田大学   講師  

    2007.04
    -
    2011.03

    Akita University   Lecturer

  • 1996年06月
    2007年03月

    秋田大学   助教  

    1996.06
    -
    2007.03

    Akita University   Assistant Professor

  • 1994年04月
    1996年06月

    秋田大学   工学資源学部   職員(技術系)  

    1994.04
    -
    1996.06

    Akita University   Faculty of Engineering and Resource Science   Technical Staff

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 燃焼炎法による3段階合成法を用いたダイヤモンド皮膜合成に及ぼすダイヤモンド種付け処理の影響

    高橋護,大竹可峻,神谷修

    スマートプロセス学会誌   7 ( 3 )   113 - 119   2018年05月

  • Development of Fixed Grain Micro-Saw Wire and Cutting Performance

    O. Kamiya, H. Mori, M. Ito, M. Takahashi, Y. Miyano and T. Pasang

    Procedia Manufacturing   13   161 - 168   2017年10月

  • Machining of Dental Alloys: Evaluating the Surface Finish of Laterally Milled CoCrMo Alloy

    T. Pasang, S. Lees, M. Takahashi, T. Fujita, P. Conor, K. Tanaka and O. Kamiya

    Procedia Manufacturing   13   5 - 12   2017年10月

  • Effect of Pretreatment of Substrate on Synthesized Diamond Films on Tungsten Carbide Substrate by Flame Combustion

    M. Takahashi, O. Kamiya and T.Pasang

    Procedia Manufacturing   13   21 - 28   2017年10月

  • 燃焼炎3段階合成法による合成ダイヤモンド皮膜の表面粗さに及ぼす影響因子について

    髙橋 護,瀬川 悟,神谷修

    スマートプロセス学会誌   6 ( 2 )   87 - 94   2017年03月

全件表示 >>